スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここ最近のイメスト状況およびイメストにおけるアハ体験について

2010.01.24.12:32

 読書以外のことを書くのは結構久しぶりになってしまったが。

 昨日、イメストボックスと僕が勝手に読んでいるイメストオフ会に参加してきた。イメストってよくわからないという場合は言葉を喋るタイプの瞑想のようなもの、とおもってくれていればとりあえずは大丈夫。先週も2人でカラオケボックスに篭ってやったので、久しぶりに2週間連続でこのようなイベントをしたことになる。

 家でのイメスト状況は特に引っ越してから悲惨で、多分ほとんどやっていない。加えて、ここ最近は年末年始をはさんだり僕が新しい冬学期のペースをなかなかつかめていなかったりしたことで、イメストオフ会自体もそんなに開いてはいなかった。
 そんなわけで、今回こんな風にスパルタにやるのは自分にとってかなり久しぶりのことだったのだ。

 イメストというのはまさに脳内のジョギングである。毎日やっていれば負担はそれほどでもなくなっていくのだけど、ひとたびさぼってからやるとその疲れ具合は半端ない。イメストをする前は想像もつかなかったが、人間しゃべりながらでも充分寝ることが出来るのだ。昨日僕が喋っている最中に寝る回数は半端なく、自分が喋っているときでそれなのだから他の人が喋っているときなんかは前半ほとんど寝てしまっていたように思う。

 とはいえ後半になるとだいぶイメストをすることに頭が慣れ始め、しばらくするとまた再び(むしろ前以上に)イメージで遊んだり、そこから深い意味を見出したりすることが出来るようになった。やはりイメストは楽しいものなのだなあということを実感。

 イメストに関しては書きたいことも結構あるのだけど、ここ最近気付いたことで一つ重要なことを挙げろといわれたら僕は迷わずにこれを書く。
つまり「イメストで出てくるイメージの理解とは解釈するものではなく、体感的に感じ取るもの」ということである。

 僕は結構長い間、結構休んだりしながらもイメストを続けてきているのだけど、このイメストから意味を導き出すということが今一以前からわかっていなかった。
 出てくるイメージを必死に解釈しようとしてもなんだかこじつけのような気がしてしまうし、第一まったくアハ体験のようなものも訪れない。
 ウェンガーの書き込みを見ると最低1日1回はアハ体験がでるようになるようなことが書いてあったので、自分のやっているやり方になんらかの問題があるのではないかと思ったりしたことも最近まではよくあった。

 しかし多分その解釈をする、という前提が間違えていたのだと思う。解釈とは(使い古された誤解を招き易い表現であるが)左脳的な働きであり、つまりそれは理性を表している。理性の中にいるだけでは自分の枠外からでるのは難しいものだ。そうではなく、イメストにおいてのイメージ理解というのはむしろ体感的な、なんとなくそのイメージの中にいることで感じ取れるものであることが多いのではないだろうか?そう思ったとき、僕にとってのイメストの価値というのはまた数段上がったように思う。
 
 別に言語化がアハ体験を阻害するものであるとは思わない。僕にとって、イメージに浸っているときにアハ体験をするのと同じっくらい、イメスト終了後に自分の見たものを書き取っているときにそこに隠された意味に気付くということはあるものだ。しかしそれは頭の中で理屈や屁理屈、言葉遊びをしたときに生まれるものではなく、やはり直観的な動きなのである。

 
イメストというのはやっているとどうしても飽きがくる、というか頭に無理がくるものなのだけど、僕のようにオフ会を開いてみるとか、あるいはイメージの中でどんどん質問をしていって自分の好奇心を途絶えさせないようにするということで、積極的に関わっていくことが可能になっていくと思う。僕も変化をどんどんと取り入れていって、1ヶ月間毎日1時間イメストをしてみる、とかその辺のレベルにまで自分を持っていきたいと切に思う。まあ今までそう思って出来てこなかったことのほうが多いのだから、もうちょっと気軽な気持ちで望んだほうがいいのかもしれないけども。
スポンサーサイト

夏休みの能力開発合宿 まとめ

2009.10.10.12:16

以前このブログにちらっと書いたと思うが、8月につくばにて能力開発合宿を行った。
9月中に書くとかいいつついつの間にか10月中旬に入ってしまった……

元々のコンセプトとしては1人ではやりづらすぎるウェンガーの3週間トレーニングを集団でやることによって達成させるというもの。
結局僕はもろもろの事情により2週間程度しか出来なかったのだけど、それでも十分な効果をあげることが出来たということが出来ると思う。

ちなみにこの合宿は様々な方の協力によって行うことが出来た。
この場を借りて感謝。


行ったトレーニングは主に
①イメージストリーミング:頭の中のイメージを五感を用いて口にだし他人に説明する
②ハイハイ:両手をついてハイハイをする
③腹ばい:腕と足をなるべく使わず這って動く
④マスキング:ビニール袋を口に当て鼻で呼吸することにより脳内の二酸化炭素量を増やし血管を拡張させる
⑤うんてい:アンダースローで行う
⑥同時聴き:二人の声を同時に聞く
⑦ヴィパッサナー瞑想:体性感覚に注意を払う
⑧ジョギング:普通のジョギング
⑨モデル思考:イメージストリーミングの亜流。天才モデルにイメージの中で入ることで技能を修得する
⑩夢日記:夢を日記に書く

という感じ。
このうち、途中でやめてしまったものや(ヴィパッサナー瞑想)、事情により断念したものもあるけども(うんてい、同時聴き)、基本的にはこれらを生活のメインに日々を過ごした。

具体的に効果があった!と言えることとしては

I. イメージ力が上がった:
途中イメージ力が上がりすぎて包丁などもリアルに感じられてしまい、イメージにブレーキがかかったこともあったけど、全体的には向上。何かを暗記・学習するときに以前より楽にそれが出来るようになった気がする

II. 脳の血液量が増えた:
これは一度コーヒーを飲んだときに体感。それまでは特に影響を受けなかったコーヒーのカフェインにものすごい効果を感じ、その後脳が麻痺もしくは活性化している感じが続いた。おそらく何かを摂取したときに以前よりも(良くも悪くも)反応が出易くなったのだと思われる。

III.ものすごい高揚感を得た:
継続的にではなく、またトレーニングがある程度進まないと感じられないが、今までの人生で最大レベルの高揚感を感じ、万能感に包まれるとともに多少それが恐ろしく感じられた。これは8月25日、8月28日に特に感じられた。

IV.共感覚のようなものを得た?:
イメージを見ていて意識が下がってくると、まったく映像と関係のない音がはっきりとしたかたちで聞こえてくる。以前もそのようなことがあったが、音がバラエティ豊かになった。自分でコントロールは出来ず、また日常生活では特に顕現することは今のところない。

V.脳内の反応のバリエーション、大きさが増えた:
自分にしか観測は出来ないが、以前よりも脳内の反応のバリエーションが増え、また一部それが大きくなった。

VI.ジャグリングが突然うまくなった:
モデル思考という、イメージの中で天才モデルに入って物事を習得するというスキルを使った際、それまでまったく出来なかった技があっさりと出来るようになった。おそらく他のことを身につけるときも転用できると思われるが、精神力の消費はかなり大きい。


3週間やっていないということが影響しているのか根本的に何か生活的な問題があったのか、掲示板で見るような高揚感がずっと続く感じみたいなのは感じられなかった。ただ、後半のハイハイでは気分が非常に良くなることが多かったので、あのまま継続していればそれに近い状態になったことは推測される。

ということでウェンガーの3週間トレーニングをしたい人は友達を誘って集団で隔絶された空間でやると良いと思うよ!

久しぶりのイメスト

2009.09.29.22:30

かなり久しぶりにイメージストリーミングをやってみた。
久しぶりだからどうなるかな、と思ってやってみたところ、最高潮の時ほどのイメージは出てこなかったものの、時々奇妙なものが突然飛び込んできたり、それなりの三次元性をもった映像を出すことが出来るということに気付いた。

8月の3週間合宿のこともいまだにブログには書いていないので9月までには書きたい次第。って気付いたら明日で9月が終わりだった!

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

モデル思考合宿の効果について

2009.09.08.22:34

明日ついに学校の近くへ引越し(ルームシェア)をすることになった。
もう学年も3年なのに今更感溢れまくりなのだけど、新しい環境の中で色々と励んでいきたいところ。

せっかく帰ってきた更新をしたのにそのまま放置してしまったこのサイトだけど、
今週の日曜日にTOEFLのテストがあるのでそこまではあまり更新はされないと思われる。
ちなみに帰ってきてからはほとんどトレーニングをしませんでした。環境って本当に大事!

ただ、そのことだけ書いて記事にしても本当にどうしようもないのでここ最近僕がやったトレーニングの成果みたいなのを一応簡単に書きたいと思う。

まず最初は7月の頭にやったモデル思考合宿から。
その後にやった3週間合宿についてはもう少し落ち着いたらまとめたいと思う。

モデル思考合宿は3日間の合宿という形式でオリンピックセンターを借りて行った。
ちなみにモデル思考というのはイメージストリーミングのテクニックのひとつで、ウェンガー曰く最も効果が高いそうだ(うろ覚え)。
よくわからない人は多分このブログをあまり見ていないが、イメージとしては誰かその道の達人みたいなのをイメージして、その人の中にはいって何を感じるのか、どのようにやっているのかを実況するというものである。

実際終えてみて、まず感じたのが身体を伴った動作のほうがすぐに効果が感じられるということ。
僕がそのときやったのはジャグリング、英語、記憶法が主だったのだけど、この順番はそのまま効果が感じられた順でもある。

ジャグリングのモデル思考はその後の3週間合宿でもやったのだけど、これは本当に顕著な効果が出た。
具体的にはさっきまで出来なかったことがモデル思考あとだとすんなり出来たりするようになる。
僕はそこまでジャグリング(ボール)が出来るわけではないが、というかまったく出来ない状態から始めたが、モデル思考のあとだとついさっきまでまるで出来なかったシャワーという技がある程度出来るようになったりした。

また、英語に関しても、そのときは気付かなかったけど効果が出たと見てもいいかもしれない。
具体的にはいつの間にか英語がすらすら喋れるようになっていたということがあげられる。これはびっくり。
僕の英語は割とつっかえつっかえだったのだけど、この合宿が終わってからいつの間にかすらすら喋っている自分に気付いた。
まあすらすら喋っているといってもあくまで比較問題であって、特にTOEFLのようなテストでスラスラ喋れたわけではなかった。
ただ、以前は相手の言っていることをかなりの部分推測して適当に返していたのに対し、最近は相手が合わせてくれているということを含めても、以前より聞けて喋れるようになった。

この点に関しては、春学期の間6単位分英語の授業を取っていた(特に発言はせず、ひたすら聴いていた)ということも影響しているのかもしれないけど、
今までより明らかに変わったので、僕としてはあの時のモデル思考がある程度影響していると思いたい。

一番わかりづらかったのが最後の記憶法に関してである。
というかわかりづらいというよりも、いまだ効果が生活面で実感できていないというのが正しい。
日ごろあまり記憶をするようなことをしていないということもあるけども、ここまで抽象度が上がると、多少難易度が上がるのかもしれない。

ヴィパッサナー瞑想に参加してみて

2009.08.09.13:48

数日前に書く書くいっておきながらかなりの間放置してしまって申し訳ない。
今回はヴィパッサナー瞑想を受けて、僕にどのような変化が生じたのか、そしてヴィパッサナー瞑想とは何かについて、僕なりの(現時点での)解釈を書いてみたいと思う。

●ヴィパッサナー瞑想とは何か
数日体験した程度の僕がヴィパッサナー瞑想について説明を加えるというのはおこがましいというか、詳細については日本ヴィパッサナー協会に書いてあるのでそちらを参照して欲しい。

合宿中どんなことをするのかについて簡単に説明させてもらうと、僕が参加してきたのは日本ヴィパッサナー協会の主催する10日間コースというやつで、行きと帰りの日も含めて12日間ほど京都の山奥で瞑想をしてきた。

期間中は最終日を除いて基本的に会話禁止(講師やマネージャーへの質問などは可能)、目を合わせるの禁止、本を読むのも禁止、メモを取るのも禁止という感じで、本当に瞑想と寝るくらいしかやることがない。
僕は日常生活でよく喋るほうなのでどうなることかと思ったが、10日間程度であれば喋らないというのはなかなか面白い経験であった。とはいえあれを30日間やったり60日間やったりするコース(日本以外では存在しているらしい)にはなかなか参加することが躊躇されそうだけども。
喋れないからか、なかには寝言を結構くっきり言う人もいてそれも興味深い現象だった。なかには結構笑ってしまうような寝言もあったりと、喋らないからこそもれ出てくる台詞みたいなものも聞くことが出来た。

ヴィパッサナー瞑想では特に偶像をイメージしたりすることはない。何をするのかといえば、ひたすら自分自身の体を「観察」するだけである。
最初の3日間はアーナカーマ瞑想というものをひたすらやり続ける。これは鼻の辺りの感覚をずっと観察し続けるというもので、これが退屈で嫌になってしまう人が多いということを聞いた。
僕は最初の3日で逃げたくなる人が多いということを事前に参加した友人から聞いていたのでそこ等辺の覚悟は最初からあったが、後で参加者と話をしてみるとやはり最初の3日間でかえりたくなった人が多かったようだ。
そこで観察する場所は最初鼻をすっぽりと覆うような感じなのだが、少しなれてきたら鼻と口の間の箇所だけに意識をしぼる。鼻の部分を観察するのはそこに息が通っているからで、集中して観察しやすいということがあるのだそうだ。

その後、その意識の観察を全身に移すことになる。これを一般的に「ヴィパッサナー瞑想」と呼ぶらしい。最初は頭から足まで、皮膚を観察する。やりやすい部分、やりにくい部分がでると思うが、観察を続けていくうちになんとなく全身の反応みたいなものを観察することが出来るようになっていく。
というか、観察しづらい場所(反応がない、反応が荒々しくて大雑把)があるということはある意味内的な問題を水面下に浮かびあがらせているということを指しているらしいので、スムーズに全身の反応を感じられることに固執したりするのは良くないとのこと。

また、ある程度ヴィパッサナー瞑想をしたあとに、最初は体表を中心にしていた観察を今度は体内のほうにも回していく。
個人的にこれがなかなか効果があったというか、ダイレクトに「流れ」みたいなのを感じることが出来たし、また同時に流れづらい場所というのも感じることが出来た。
最終日にはヴィパッサナーとはまた違う「祈り」に主眼を置いた一般的に想像される瞑想のほうもやるのだけど、こちらについては僕はよくわからなかったので保留。

●どのような効果があったのか
やっているときはそれがそれと気づかなかったのだが、今思い返してみればちょこちょこと色々な変化があったように思う。

ヴィパッサナー瞑想は魂の浄化という言葉を売り文句(?)にしている。これは、瞑想をしているときに身体の変化やらなにやらと嫌なことが起きてきて、それが起きるということは今まで自分の中で沈殿していたものが浮かび上がってきたということを指しているらしい。特にその浮かび上がったものにたいして何か反応するのではなく(盲目的に反応することはこの合宿中かなり口すっぱく禁じられている)、ただひたすらに観察する、そうすることで魂の浄化が促進されるのだという。

僕は魂の浄化とやらがどのような形で発生するのか最初は勘違いしていたのだが、よく考えてみれば最初の3日間は今までのトラウマ的記憶ばかりよみがえってきて、もしかしたら頭の中で整理が行われていたのかなと思った。

また、僕が最近抱えていた、個人的にいらいらしたことも終わる頃には別にいっかと思えるようになった。これは結構思い返すたびにはらわたが煮えくりかえりまくっていたので(他人に話すと本当にくだらないことだといわれるのだが……)とても嬉しい変化だった。

その他、最初はあまり感じなかった観察のしづらさ=問題の発露みたいなのが最終日らへんにちょこちょこ出てきて、このままやっていけばさらに効果がでるのかなとも感じたりした。

●ヴィパッサナー瞑想は何故効果がでるのか?
ヴィパッサナー瞑想の合宿中に行われた講話の中で個人的に一番印象に残っているのが心身二元論の否定である。
デカルト以降(というように言われている)、しきりにこころと身体は切り離されたものとして考えられてきた。
しかしヴィパッサナー瞑想では心身二元論の考えはとられない。心と身体は繋がっているという一元論の考え方を基本的に取っている。

この考えに基づいて、身体を観察することによって心の状態を観察することが出来るということをヴィパッサナーでは説いている。これは個人的に、なかなか合理的な考え方だなあと思う。
何故身体の観察をすることで精神の浄化に繋がるかといえば、それは何か人は強い感情を抱いたりするときに身体にも必ず変化がでるということで説明がつくのではないか。
つまり、緊張したりすると身体が硬直したり、あるいは渇望したりするとなんらかの身体反応がでる。それを観察することで自分を一部切り離したところから見つめることが出来るようになり、対象をメタ化することによって冷静な対処、理性的な対処が出来るようになる。
これが僕が合宿中に考えてしまった一つのヴィパッサナーの解釈である。

もうひとつには、身体の観察を通すことで身体にたいしてリラックス効果が働いているのではないかという仮説がある。
これは身体の流れがわかりづらいところ(=つまり血行のめぐりなどが悪そうなところ)を意識することによって、それを正常な状態に戻す。そうすることによって回復された身体がそのまま精神に影響を及ぼすのではないかという説だ。

実際問題、たとえば緊張だとかは身体を訓練することによって克服することが出来てしまう。このことは肥田春充のことを取り扱った著書にも書かれていたし、おそらく探せばそのような例は豊富に見つかるに違いない。それと同じように、身体を観察することによってそれを問題化→解消に向かうのではないか?

尤も、考察はこの場合さして重要なものでもない。自分自身が効果があると思えばそれはそれでいいし、ヴィパッサナーは別にどのような宗教の人でも受けることが出来るので別にそこまで害はないと思う。ただ、講話の中で他の宗教を否定する気はないとしながらも、割と内容的にはディスっているところが多かったような気がしたが。

●どのような人が来ているのか?
男女で区画されているので女性人のほうはよくわからないが、人数的には女性のほうが多かったように思う。一緒に参加していた僕の女友達の話によると女性にはヨガとかそこ等辺から入っている人が割と散見されたらしい。

一方男性人のほうはというと、僕らの時は比較的外国人が多く、三分の一は外国人であった。
来ていたのはアメリカ人とかイギリス人で、やはりこのようなところに来る人はもともと日本に滞在している年数が長い人が多いからなのか、結構日本語が上手い人が多かった。

最終日は色々と話すことが出来るような人が多かったのだけど、結構皆さん色々なバックグラウンドをもっていらっしゃって、話しているだけで楽しかった。
たとえば来ている人の中にはレーサーの方だとか社長、今現在何もしていない人、アーティスト、学生などがいて、普段接さない業界の方とお話することもできた。

また、皆さん割と共通していたのはアジアに興味があるということ。
僕の大学なんかは比較的欧米に興味がある人が多いんだけど、ここではインドだとかネパールだとかが話題の中心になっていたように思う。僕も近い将来そこ等辺の国に行ってみたくなったが、インドに行ったという人は全員一度は病院に入るそうなので、それに対する恐怖が適当に収められてから行きたいなと思う。

●その他
1時間30分の講話は毎日聞くことになるので、話せないとはいっても結構受け取る情報量は多かった。ただ、講話を聞く際には日本語で聞くより英語で聞くほうが良いと思う(英語で聞く人は食堂に行って聞くことになる)。ゴエンカ氏の英語はインド英語なのでかなり聞き取りにくかったが、英語で聞くとゴエンカ氏のユーモアだとかも直に感じることが出来たそうだし、映像を見ることが出来るということもよさそう(日本語だとテープをひたすら聞くだけ)。また、英語のほうは1時間程度で終わるので集中力が続きそうだが、日本語だと1時間半に間延びするので僕は結構くたびれてしまったことが多かった。そういう意味でも、英語で聞いたほうが良いかなと思う。

あと、場所は山の中ということでやるなら初夏とかが良いかなと思う。冬だとかなり寒いのでは、という気がする。夏だとそれはそれでゴキブリに出会うなどのハプニングが起きてりするので考えものなのだけど。そういえば、初日にいのししの赤ちゃんを目撃した。かわいかった。ぷりてぃー。
twitter
プロフィール

×÷

Author:×÷
はらわたに秩序。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。