スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲシュタルト作画

2009.05.04.12:40

090504_122709.jpg

以前ちょろっと書いたゲシュタルト作画を用いて今のところ一日一つずつくらい書いている。

適当に線を描いてそこから何か対象を見出すっていうゲシュタルト作画は、昨日のイメストオフで指摘があったように、ダヴィンチが壁の染みから図柄を着想したという例のストーリーときわめて似ている(僕は意識したつもりはなかったのだが)。
何かをきれいに書くのではなく、発想するため作画っていうのは僕みたいな完全ど素人でもやっている身としてはなかなか楽しい。もし良かったらやってみだください。



090504_122731.jpg


しかし今のところの図柄は多分僕の絵を書く力によるものなんだろうなあ。
本格的に練習しはじめたらゲシュタルト作画で書く(発想する)絵柄も変わるのかもしれない。


090504_122719.jpg

今書いているやつはみんな低予算で作られたRPGか何かの敵キャラでいそうだ。

090504_122653.jpg

まあのんびり継続していくという方針で。




スポンサーサイト

memoについて

2009.03.20.23:07

僕は結構なメモ魔なんだけど、使うメモに関しては多少悩んでいて、現在使っているやつも良い点もあるけど微妙な点もあり、模索中というところ。

ちなみに今使っているのはフォトリーダー交流会ですすめられたRODHIA。
読書メモ代わりに電車で使うということも考えて、サイズはA5の無地を使っている。
マインドマップでメモを取っているので出来ればもっと大きいものがいいんだけど、混雑する車内ではこれがマックス限度かなあと。無地を使っている理由はマインドマップによる。

欠点としてはロディアの無地はあまり売っていないということと、やはり内容がちょっとでも濃い本だと1枚に落としきることが難しいことか。

また、ロディアは書いた内容を切って、それをパソコンに落とすというように用いているのだけど、紙1枚だとバラけてなんとなく精神衛生上落ち着かない。1元化しようという目的で、色々な用途に使えるこのサイズにしてみたけれども、メモ用とちゃんと書くようで分けたほうがいいのだろうかどうなのだろうか。

7232413.jpg

お風呂でマスキング

2009.02.08.20:23

最近お風呂で潜水を始めることにした。
ウェンガーによると潜水のほうがマスキングよりも効果が高いそうなので、是非これを継続してやっていきたい。ただしお風呂場で溺れ死ぬなどした場合目も当てられないので、そこのところは最大限の注意を持って行わなければならないと思うけども。
ちなみに今日は1分を2回ほどやったが、今前頭葉がすーすーしている感じがする。と意識した瞬間さらに効果が上がり、右側の前頭葉と左脳に帯を描くような反応、全体にじわーとするような反応が。
少しやっただけでこれだから先が楽しみである。

ちなみにマスキングというのは誰でも出来るお手軽CO2トレーニングで、基本的にはビニール袋とかですーはーすーはーを30秒くらい続けるというだけ。
脳内のCO2量が増えることで、色々あった末に頭がよくなるというシンプルながら画期的なアイディアである。
一見薬中の行動のようにしか見えないので社会的には非常に危険なのだが、そこはこそこそ見えないところでやれば大丈夫なはず。

そしてこんな記事を上げてしまう僕もおそらく今後特に家族間の会話で非常にピンチな立場に立たされることが予想されるが、もう僕はこういう路線でやっていくことに決めたので(普通の人間路線は捨てた)、なんとかそこのところうまいこと折り合いをつけていきたい。

theme : 自己啓発・能力開発
genre : 学校・教育

一日一つのスペシャルを

2009.02.01.12:35

これから1日1つ、何かその日を特徴づけるスペシャルを作っていこうと思う。
多分同じようなことをしている人はいっぱいいるとは思うけど、多分これって重要なことなのだと思う。

一日というのは本当に意識していないとあっという間に終わってしまうように感じられる。
そしてその過ぎ去る日々……の中で、一体自分がどれほどの成果を収めたのか?
そこら辺を明確にすることを忘れてしまっていると、自分がどの程度成長したのかもわかりにくいし、その日一日を活気よく生きるための原動力を手に入れづらいと思うわけである。

また、そうやってスペシャルをつくろうと意識することで、行動に転じるようにさせることが出来る。
これからは日記にも今日どんなスペシャルをしたのか、記載していきたいと思う。

質問サンドイッチおよびイメージ思考について

2009.01.18.01:26

最近僕個人これをやることをストップしてしまっているのだけど、手軽に出来て自分の中の「イメージ言語」に対する直観力を鋭くさせてくれるお勧めの方法。

やり方は簡単で、
①封筒を6枚用意
②それぞれに質問を書いたカードを入れる
③シャッフルして寝る
④朝起きたらランダムで封筒を1つ選ぶ
⑤中身を見ないで3つ頭の中にイメージを思い浮かべる
⑥そのイメージから共通するイメージを考える=それが答えになる
⑦中身を見て、そのイメージがどういうことなのか判断する

これだけなので、特にイメストとか知らない人にも楽しんで出来るのではないかと。
注意点はイメージを解釈する際にどうとでもとれる(街の占い師が言うような)一般論ではだめということで、ある程度個別性を持っている解釈が好ましいという点くらい。


僕もこの記事をかいていたらまたやりたくなったので、そろそろ再開させようと思う。
あといまさらながら、これって慣れてくれば実生活の中にも応用できるよねってことを今日気付いた(というか思い出したというか認知したというか)。

つまり何か質問があったときに文字で思考するのではなく、イメージで答えを出すということ。
ちょっとここ2日くらいたまにそういうやり方で答えを出そうとしてみたのだけど、かなり良い精度でいい答えが返ってくることに気付いたのでこれからもそういう風に思考していこうと思う。

theme : 自己啓発・能力開発
genre : 学校・教育

twitter
プロフィール

×÷

Author:×÷
はらわたに秩序。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。