スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お好みやきパーティー

2009.10.11.13:15

久しぶりに普通の日記。

9月に入ったあたりからルームシェアをして大学のそばに住むことになった。
今まで通学に2時間以上、使う電車は計4本という今考えればありえない環境だったので、10分あれば教室までたどり着ける今の環境は本当に素晴らしいなと思う。(最近電車が嫌いになってきた)

んで。
僕と一緒に住んでいる方は今年の春までバークレーに留学をしていた人で、その影響もあるのか家に大勢人を招くのが好きらしい。
一昨日も僕らを含めて合計14人、様々な人種を招きみんなでお好み焼きパーティーをした。
ちなみに最初から知っている人はそのうちの半分くらいだった。

091009_194136.jpg

集まった人が割と皆日本語がうまい人が多かったので会話は主に日本語で行われたが、普段接しないような経験を持った人とお話できたり、アメリカの大学の事情を聞けたりと知的刺激も多い。
まあそれ以上に「化物語おもしれー^^」と中国系アメリカ人とオタクな会話になったりなんやらでカオスがうごめいている時間のほうが多かったのだけども(笑)

外国人が帰宅した後は日本人4人(丁度1年、2年、3年、4年で一人ずつ)で朝5時まで語り合い。
留学先はどこにしようかとか、サークル活動の集団性がだるいとか、北京大学からアメリカに来てる学生のレベルの高さ半端ない、っていうか発展途上国は全体的にやる気ありすぎとか、各自の専攻のテーマとそれに対する突っ込みや新しい着想の提示など、いかにも大学生みたいなものが多くてとても楽しい時間を過ごした。

今まで自宅に10人以上なんて招いたこともなかったが、こういうアットホームパーティ的な文化はなかなか良いものだと感じた。
これからの自分の生活にもこういう習慣は是非取り入れていきたい。
スポンサーサイト

おうちに帰ってきたよー

2009.09.01.22:15

皆様お久しぶりです。
ということで帰宅いたしました。

ここ最近更新がまるっきりなかったのは前回の記事でも宣言したようにウェンガーの3週間トレーニングをしに筑波に篭っていたからなのだが、このたび晴れて地元に戻ってきたわけである。いや、「晴れて」って何か用法が違うけども。

三週間といっても、実際のところは色々とお世話していただいた山口さん@MITという方に誘われ仙台の研究報告会に連れていってもらったり、所用で数日家に帰らなくてはならなくなったり、予定より早く家に帰ることになったりで結局2週間ちょいくらいしかトレーニングはしていないわけだけど、それでも個人的にはかなりの効果を実感することが出来たように思う。

あとは三週間の残りの分をやること(家に帰ってきたからまったくやっていないという体たらくである)、効果をアウトプットの形で出すこと、そしてトレーニング中腕をひねったせいであまり出来なかったうんていと、近くにプールがなかったせいであまりできなかった水泳を今度びしばしやっていきたいと思う。

トレーニングの効果などについてはまた別記事にて。
では、皆様9月もよろしくお願いいたします。

ここ最近やったこと

2009.07.15.02:26

最近どのようなことをしたのかまったくこのブログに書いておらず、もはやただの読書メモサイトになっているので、僕がここ3週間2週間(修正)くらいどのようなことに時間を使ったのかについてもこれからちょこちょこ書いていきたいと思う。

とりあえずリスト的に書き出すと、

●人に会うプロジェクト
今のところ10人くらいの方と1対1でお話する機会を得ることが出来た。
大体は同年代くらいの方々で、普段そこまで話さない人がターゲットである。
それは同じサークルの後輩だったり、普段なかなか話す機会のなかった(でも話したかった)同年代の輩であり、他大学の面白そうな人だったり、面白い人生のルートを通ってきた先輩だったりした。

誰と話しても思うのだが、やはり1対1で話すというのは集団で話すのとは違う面白さがある。時間とお金が許す限り、これからもこのような機会をどんどん設けていきたいと思う。

●セミナーに参加
そろそろ就活生用のセミナーが真っ盛り!ということで、αleadersというSNSサイトのハイレベル就活生向けのセミナーに恐れ多くも参加したり、LIVE REVOLUTIONという会社のセミナーにいってご丁寧に本を2冊×2セットいただいたり、就職活動予備校みたいなところのセミナーでパートナーの大切さについて教唆してもらったり、グループディスカッション改善用のセミナーに参加して自分のディスカッション時にやっていたミスに気づいたり、「21世紀の能力開発」をテーマにしたセミナーに参加して能力開発のトレンドについて学んだりしてきた。

それぞれ色々と思うところあったのだが、それはこれからの更新で書いたり書かなかったりしていきたいと思う。とりあえず、こういうセミナーの場の正しい使い方としてはそこでなるべく面白そうだなと思う人を見つけ、その人たちと親交を持つことなのかなということを最近感じている(それは就職予備校のセミナーでも言われたことだけど)。

●KGCの柴田さんについに会う
友達と一緒に、KGCの柴田さんと遂にお話する機会を得ることも出来た。柴田さんにはHashさんのブログで紹介されているのを見てから個人的にお話がしたいなと前から思っていたのだが、今回当初思っていなかった形で相談に乗っていただくことが出来た。しかも2回。
想像以上に凄い人だったのでよく2回も会ってくれたなと思うが、多分今度はもう男だけで遊びに行っても会ってくれないに違いないだろう。

ともかく、柴田さんとの出会いは僕にとって強烈なもので、今年に入っての僕の2大事件は今のところ藤沢烈さんと柴田さんに会ったことと言っても過言ではまったくない。それだけ僕の価値観はむちゃくちゃに壊されたというか、烈さんとの出会いは僕の価値観を広げてくれたとも言えるが柴田さんは確実に僕の価値観を壊してくれた(多分良い意味で)。それは最初に会ったときは終わった直後からもう眠くて、情報を早く寝て処理したい欲求に駆られるほどで、後日柴田さんと会ったK嬢も柴田さんと会ったあとに同じような反応を示していたのを見て「柴田さんすげえ」と心ながら思ったものである。柴田さんとの出会いは世の中僕の想像を軽く超える人間がいっぱいいるのだろうなと感じさせてくれた。

●3日間のイメスト合宿
ブログの更新をしていなかったときはこんなことも行っていた。メンバー6人で3日ほど篭ってイメスト(特にモデル思考)をやり続けるというイベントを開いたのである。
我ながら頭の弱い企画を立てたと後から思ったが、意外にもイメストを普段やらない方々からも参加希望のメールをいただき、結局経験者3人未経験者3人でやることになった。

僕の計画力がまったくなかったせいで(僕の行動サイクルにPLANとCHECKはほぼ存在しない。今までもっぱら外注に頼ってきたのが原因のようだ)、結構1日の行動はぐだぐだのところが多かったのだが、単純に課外活動として皆と話せたのが面白かったし、なんだかんだ集団の強制力を用いることでイメスト、特にモデル思考を試すことが出来たのは大きい。

このことの副産物として終了後は今までよりもさらに鮮明に景色が見えるようになり、しかも持続力(あるいは変化率)が高い。また、モデル思考でとりあえずジャグリングのカスケード(3つの玉投げ)が出来るようになった気がする。別にカスケード自体はそれほど難しい技術じゃないそうなのでモデル思考のおかげと思わなくても出来たような気がするのがアレなところだが、イメージしてやったら直後に出来るようになったのでモデル思考で効果を得ることが出来たと思いたい。

●渋谷から代々木公園・皇居まで歩いてまた歩いて帰ってくる
これは今日友人と行ったこと。久しぶりにこんなに歩いたが、体感覚として以前ちょこちょこ感じていた体の中の冷流みたいなのをちょっと感じたのと、緑があるところで転寝したり読書をすることの素晴らしさを感じることが出来た。将来は緑ある公園の傍に住みたいなと強く思った。

●オープンキャンパスのバイトに参加
結構久しぶりにICUのオープンキャンパスにスタッフとして参加し、見学者の生徒やその父兄の方々とお話する機会を得ることが出来た。母校が好きならばこれほど楽しいバイトはないと思う。たまに明らかにモンスターペアレントな方を見かけて、そういう時はなんともいえない気持ちにはなるけども。

7月18日のオープンキャンパスにも参加する予定なので、お弁当箱管理担当とかになって教室で引きこもっていない限り、来ていただければお会いすることが出来ると思う。この時期に、しかも僕なんかに会うために誰かが来てくれるなどということはほぼありえないと思うが、一応お知らせ。

●寝込んでだらだらする
とまあ、自分の中では割と精力的に動けたかなという日々が続いたのだが、自分のペースを崩すような生活をしていたため(また、後半は肥田式などをさぼっていたため)最後の最後に風邪を引く。それを引きずってだらだら生活してしまっているのが今。さっさと元の良い状態に戻していきたい。

●今後の予定
京都で10日間のヴィパッサナーに参加した後、3週間のウェンガー合宿を遂に行う予定。3週間のウェンガー合宿についてはレポートとしてこのブログで更新していきたいと思うので、そちらのほうに興味がある方は見てやってください。

まるで僕の人生がリア充みたいになっている

2009.07.05.00:55

また更新の間隔が空いてきているが、僕は相変わらず元気にしています。
最近ちょっと生活のリズムが崩れがちなのが気になるところです。


ここ最近の動向としては、「人に会う」プロジェクトが順調に進み、順調に10人以上の方とタイマンでお話する機会を得ることが出来た。
また、セミナーやらなにやらにもここ数日で3つほど参加、そして今日はついに以前からお会いしたかったKGCの柴田さんにも会うなど、今までのザ・引きこもりみたいな生活からはいっぺん、まるでリア充みたいに活動が活性化している。
我ながらびっくりである。
とても中・高と夜3時までパソコンしていた人間の行動とは思えなくて、思わず自分の解離性人格障害を疑ってしまう。
まあリア充といっても特に合コンで女の子とはっちゃけている体育会系の青春のノリとかそういう系のイベントはまったくないんだけども。

今後の予定としてはまず3日ほど合宿でモデル思考を実践し続ける会をやるのでそれのレポも落ち着いたらしていこうかと思う。
その後は、10日ほどヴィパッサナー瞑想を行き、3週間ウェンガーのトレを合宿としてやる予定。
なんて酷い夏休み。

1日の読書量

2009.06.21.01:54

最近読書メモをごりごり更新しているのだが(読書メモ系はあんまりもうやらないと言ったにも関わらず)、先日ペーパーの提出が近いということもあり本気を出したところ、通学時間内でも4~5冊を読むことが出来ることが発覚。
僕のその日の通学時間中、席について本を読んでいたのは行きで50分、帰りで70分くらいで計2時間。
今までの読書メモも大体30分くらいで読むものが多かったのでそれほど驚くことでもないのかもしれないが、今までは往復なんだかんだで2冊くらいしか読んでいなかったので、個人的にはなかなか達成感を味わうことが出来た。

勿論、どんな本でもそれが可能というわけではない。
この日読んだのは
「ユングと東洋思想」
「左利きは天才?」
「左対右きき手大研究」
「心霊現象の心理と病理」
「河合隼雄著作集(2) ユング心理学の展開」
の五冊で、テーマ的にも僕になじんだものだし、同一テーマの本を立て続けに読んでいるという特徴がある(あと左利きに関する本は今年の冬くらいに1回読んでいたというのもある)。
多分まったく別々の、しかもよくわからないジャンルのものではこう上手くはいかないだろう。

ただ、こうやって同一テーマの本を立て続けに読むことは結構良い効果もあって、理解が立体的になったような気分になる。
一つの本だと、どうしてもその筆者のバイアスそのままで受け取ってしまって平面的な感じがするのだけど、それを二つ三つ重ねることで多面的な存在に僕の中でなるような気がするのだ。

これは感覚の問題で、特にソースとかはないのだけど、K女史の言うように今日一日のテーマをとりあえず決めて、それについての本を立て続けに読むとかしてみると良さげな感じなのかもしれない。
twitter
プロフィール

×÷

Author:×÷
はらわたに秩序。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。