スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対話266永田 豊志 『頭がよくなる「図解思考」の技術』

2009.11.27.13:29




<お気に入り>
個人的読みやすさ:A
読書時間:20分


 また、図解通訳を行うための最初のステップは、基本パターンを見につけることです基本パターンは四角形と矢印を中心にしたとても単純なものばかりです。基本パターンだけでも、図解通訳を行うことはできますので、その効果を体感することができます。(p.38)



 ソフトバンククリエイティブさまからいただいた本。
実家にはたまにしか最近帰っていないこともあり、いただいてから結構な日にちがたってしまった。

 テーマは最近僕自身も関心のあるビジュアルシンキングについて。
少し前に触れたマインドマップなどもここに入るのだけど、この本ではマインドマップに限らず、もっとジェネラルに様々なツールを紹介している。

 マインドマップについて思うことは、確かに使えるのだけど全てのケースにおいてこれにのっとらなくても良いかなということ。
だから他のもっと簡便な方法だとか、場所を選ばずに書く方法を指し示してくれているこの本はそれだけでも僕にとって価値が
あった。

 図解思考をすることの本当の意義の一つに、この技術を修練する過程を通して実際の思考形態も変わるということが言えるだろう。一昔前に流行った(今も流行っている?)論理思考は話を聞く分にはわかりやすいのだけど、実際それを自分の中で自動するのは結構大変なことだ。慣れていないうちは時間もかかるだろうし。

 図解思考は論理的思考能力を築き上げる上で非常に大きな役割を果たすだろうし、それだけではなく様々なアイディアを生み出す元にもなると思う。個人的に、この図解思考とメタフォリカルシンキング(比喩能力)があれば様々な場面でかなりの活躍をすることが出来るようになると感じる。
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

対話265 岡部 隆志 他 『シャーマニズムの文化学―日本文化の隠れた水脈』

2009.11.27.13:21




<お気に入り>
個人的読みやすさ:C
読書時間:50分


 われわれはシャーマニズムをたんなる古層の信仰ではなく、ある選ばれた個人に訪れる、身体と意識の変容をもたらすスピリチュアルな体験としてみていく必要がある。(p.129)


 これは良い入門書。シャーマンって何から現代のシャーマニズムまで、かなり多方面にわたって色々なことが紹介されている。

 本書でも指摘されてるけど、シャーマンというのは元々その社会においてものすごい権力を持つ人だった。それはそもそもシャーマンが社会的認知を必要として力を発揮するという特性があるわけでまさしくコインn表裏みたいなものなのだけど、そう考えてみると週末のワークショップで行われるシャーマン講座みたいなのは社会的コンセンサスを形成しない分”ホンモノ”のシャーマンには劣る。

 というより、本物のシャーマンと週末シャーマンの違いはその社会的コンセンサスがあるかないかにかかってくるのだろう。

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

対話264 佐々木 宏幹, 鎌田 東二 『憑霊の人間学―根源的な宗教体験としてのシャーマニズム』

2009.11.27.13:12




<お気に入り>
個人的読みやすさ:C
読書時間:1時間


忘れることは大脳と生体が必要とする生体維持システムの一機能なのである。切実に、人間の生体にとって、忘れることは必要不可欠なのである、忘却なくしてリラックスもありえないのだから。(p.193)


 やはりこういうことを研究対象にする人は、何か裏側に神秘体験を抱え持っている人が多いのではないか。この本の特に最終章を読むとそう思わずにはいられない。レポートの参考資料のために手に取ったけれども、筆者の体験には半ば圧倒されてしまった。

 ということで僕的に最も印象強かったのは筆者の体験そのものなのだけど、それ以外の部分もシャーマニズムを中心に、これからの日本の宗教がどのように変化していくのか、”魔法”の世界がどのように変わっていくのか、あるいは今どのようになっているのかを示唆してくれる内容に富んでいて興味深い。あと、この本では触れられていないが、日本にはキリスト教的な影響もなんだかんだ強いと思う。そこ等辺を鑑みて、これからどんどんと考察を進めていきたい。

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

対話263 H.バイロン エアハート 『日本宗教の世界―一つの聖なる道』

2009.11.27.13:04




個人的読みやすさ:B
読書時間:30分


 我々は、これまで日本宗教の七つの主要な領域を見てきた。神道、仏教、道教、儒教、キリスト教、民族宗教、新宗教である。ところが、日本宗教をそれぞれに区別しただけでは、日本宗教を理解したことにはならない。(p.44)


 大学の期末試験で日本の宗教について書く機会があって、その参考資料として手に取った本。

 読んでいて本当に伝わってきたのは、日本という土壌が持つ群像性だ。僕には日本が一つの大きな芋虫のように映ってくる。内側に様々なものを内包させてそれが別の方向に動いたりしてもぞもぞとしているのに、でも見た目には一つの虫にしか見えない。この点、宗教の帰属をはっきりさせる他国とは大きな、大きすぎる違いがある。その口で飲み込めるものはなんでも飲み込んでさなぎになったあと、日本は一体何になるというのだろうか?この先の宗教観がどう変化していくのか楽しみでならない。

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

対話262 上田 渉 『脳が良くなる耳勉強法』

2009.11.27.12:56




個人的読みやすさ:A
読書時間:20分


<岩井克人さんおすすめのポッドキャスト>
◎Brain Science Podcast--脳科学の最先端のないようが紹介されています。
◎International Herald Tribune Podcast--opinionでコラムニストの書いたものを聴けるのが大変面白いです。
◎National Public Radio Fresh Air--偉い人から偉くない人までインタビューを行う番組。大変面白いです。(p.172)


 速読に一時期凝っていたこともあり、僕が情報を得る大体の媒体は書籍である。けれどもどうやら耳から取り入れる情報にも素晴らしい価値があるようではないか。この本はその価値観がどのようなものなのかをもう一度確認するため、そして次に僕が何を聞くべきなのかを調べるために読んだ。

 本書で一番参考になったのは上記の引用。どれも面白そうなので今から聴いてみようと思う。あと、tipsとしてはiTuneにしおり機能があることがわかったのが有用だった。


theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

対話261 橋爪 大三郎 『はじめての構造主義』

2009.11.27.12:48




<お気に入り>
個人的読みやすさ:B (この手の本の中ではピカ一では)
読書時間:50分


理論とは、こむずかしい理屈をならべることではない。ややこしい問題に取り組む場合に、思考の手助けとなってくれるものだ。ファミコンでいえば裏ワザみたいに、教えてもらえばこりゃ便利、誰でも嬉しくなるのが当たり前である。(p.75)


 冬学期に脱構造主義を学ぶことにしたのだが、そもそも構造主義って何さ?ということが今更ながらよくわかっていなかったため、後輩から拝借して読んだ本。とりあえず読んでみて、一番影響を受けたのが数学への魅力であった。

 あと、構造主義で顕著だと思うけれど、この本を読んである一つの分野の事柄に別の事柄を適応してみることの意義を再確認。構造主義であれば言語学の手法を人類学にも適応したように、アイディアというのは一つのものを別のフィールドに移したときに容易に発生するものなのだと思う。学部時代で一つのことを突き進めるのもよいけど、幅広く学ぶことによってそういった着想が手に入ることを祈る。そしてそれが多分、僕が教養学部に入った意味にも繋がってくるのだろう。

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

対話260 ロジャー・N. ウォルシュ 『「シャーマニズムの精神人類学」―癒しと超越のテクノロジー』

2009.11.20.13:06



<殿堂入り>
個人的読みやすさ:B
読書時間:2時間


スタニスラフ・グロフは「死んで生まれ変わるという強烈な体験の連続は、かつてあらゆる心理療法に抵抗してきたようなさまざまな情動的、心身症的、対人的問題を劇的に緩和することができる」(69)と述べている。(p.95)


これまた素晴らしい一冊。新しい境地を僕に少し見せてくれた本だ。

 プラセボ効果など、人が信じる力のことを考えたりするとどうしてもシャーマニズムなどに行き着いてしまうと最近感じている。
 たとえば僕が高校生の時はシャーマニズムだとか呪術なんて気が触れているとしか思わなかった気がするけど、最近の僕には全然おかしいものでもなんでもないものと映ってしまう。2年もあれば体内の構成要素はほとんど変わってしまうという記事を以前読んだが、精神においても2年という歳月はすっかり変えてしまうのには充分なのだろう。尤も、肉体と同じくその変化は徐々に進行する病のようなものなので、2年前の自分とすっかり変わってしまうことになど日常でそこまで意識出来ることでもないけども。

 さて、この本の内容であるが、信じることで体を治すことが出来たり破壊したりすることが出来る、というプラセボ的観点以外にも、面白い記述はいくつもあってそれが僕的には栄養満点だったりした。
 引用にも入れたが、たとえば「死んで再生すること」の意義。
現代科学的に考えて、人の肉体は死んで生まれ変わったりしない。でも、精神上ならそれが全て許される。そして一度精神が死んだあとに訪れるのは再生だ。再生。圧倒的に死ねば圧倒的に蘇る。悲観的に死ねば悲観的に人生がリスタートする。シャーマンたちはこの摂理を体感的に知ることが出来ていて、僕はそれが少しうらやましいと思う。

 また、シャーマンはいかにトランスするか、の技術を良くわきまえている。ドラミング、儀式、社会的コンセンサス。非合理だと思っていた太古の世界はなんて合理的な世界だったのか!魔法が使えるための世界というのはある意味閉じた世界なのであって、それを外部から侵食されないために人は布教津堂を、手を変え品を変え行ってきたのかもしれない。社会的コンセンサスを破壊するということは、その魔法体系を破壊してしまうということと同義なのだから。

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

対話259 パトリック ルモワンヌ 『偽薬のミステリー』

2009.11.20.12:44



<お気に入り>
個人的読みやすさ:B
読書時間:50分


天才的やぶ医者だったノック先生が、村人たちに親しげにされることを嫌い、どんな場合にも「先生」と呼ぶように求めたのは虚栄心からではなく、尊敬されることで信頼が増し、結果として治療効果を高めることになることをよく心得ていたためである。(p.68)


最近プラセボ効果関連の本ばっかり読んでいるような気がするが、この本もそのうちの一つ。

 プラセボ効果というのは調べれば調べるほど非常に魅力的な心理的効果であり、ある意味ジョーカー的な位置づけにあると僕は思っている。
 上記の引用例も、完全なるパラダイムの転換である。優秀な医者だから尊敬されるのではなく、尊敬されるから優秀な医者なのである、というのは言葉遊びや皮肉なのでは勿論なく、正当なる真実をついているにほかならないのだと思う。

大多数の宗教や文化は罪悪感を持ち続けてきた。そうであったからこそ、マーケッティングという単純な観点から見れば、司祭兼医師、魔術師兼医師、腸ト師その他の魔術師が顧客の心をより確実に引きつけることができたのである。自分と罰を下す神とのあいだにあって唯一の仲裁者を名乗る人物、すなわち治癒を望む者のために尽くす義務をもった人物、そのような人を敬わない人間などいようか?(p.124)


 人間は、他人に対してある一定の役割を期待しているし、その役割を相手に押し付けている。
そしてその役割を真っ当してもらうためなら、正当なる効果を発揮させるために、時には尊敬したり、崇拝したりすることもいとわないのだろう。
 尊敬や崇拝も、無意識レベル(あるいは意識レベルなのかもしれないが)では手段の一つなのだから。

♯本書のプラセボとしてホメオパシーが挙げられているのが印象に残った。ホメオパシーとは少しずつ毒を摂取すればやがてそれに対する抗体が出来るよ!みたいなものと僕は理解しているのだけど、まさに現代において論議の中心の一つになっているものであって、この魔法がどのような結末を辿るのか、科学に否定されて雲散霧消するのか、現代を生きる奇跡として生き残るのか、興味深いところである。

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

【レビュー】 COURRiER Japon(クーリエ・ジャポン) 2009年12月号

2009.11.20.12:35


278163.jpg

僕的レビュー第2弾。
 大特集として銘打たれているのは「世界が見た日本」であり、海外の反応が気になってしょうがないしがない一市民である僕としてはこの本は読まずにはいられなかった。

 普段雑誌をあんまり読まない僕にとって、クーリエジャポンなる雑誌を読むのは勿論今回が最初のことであるので普段どんな感じになっているのかはわからないけど、毎回こんなボリュームで出てくるなら定期的に読んでも全然良いと思えるレベル、というのがシンプルな感想。今回は10周年ということもあっておそらく普段よりも気合の入った内容だったとは想像するけども。

 記事の内容では、僕の中ではやはり日本のサブカルが世界でどう扱われているのかが気になるもの。
ネットにもそういう類の記事は最近ものすごい勢いで落ちていて、ちょっと前までmoonlight fantasiaくらいしかなかったことが想像も出来ないほどなのだけど、さすが雑誌というべきか、
多方面から日本の色々なところに焦点をおいて、日本を取り上げている外国雑誌の記事を紹介している。

 確かに、日本のことを紹介している日本の雑誌の記事はよく見るけども、海外の雑誌の記事はそれほどお目にかからない。僕は一応英語が読めるのだけどちょっとめんどくさいと思ってしまうし、そんな「英語はよみたくないけど海外の雑誌の内容でどんなことが書かれているのか知りたい」という層にはぴったりなのだなと感じた。

 あと、ネット媒体と雑誌媒体の違いで思ったことなのだけど、やはり書籍だと内容全てを読むのにある程度の強制力がかかる。ネット媒体の良いところでも悪いところでもあるのが自分の興味がありそうな記事しか読まない、ということ。雑誌媒体だと長年の習性もあり、どうしても結構色々な記事に目を通してしまうわけで、そうすると普段あまり興味のないような分野の知識が増えて相対的に興味深くなっている。これは時間の損失とも捉えられるけど、全体への知への繋がりは残しておきたいもの。
テレビという媒体がそれほど信頼が置けなくなってしまっている現在、そこを担うのはある程度広範囲に情報をザッピングした雑誌だとか書籍という媒体になるのかなと思う。

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

再始動

2009.11.17.19:05

また2週間以上放置してしまいましたが、学校でのごたごた(主に期末)が終わりましたのでぼちぼち再開させる予定です。この間の読書メモが大変めんどくさい感じになっておりますが、気長にポストしていこうかと思います。

それにしてもツイッターをやっているとそっちで満足してしまってブログの更新が減りますねー。
まあ僕の場合は減るっていうか止まってたといったほうが正しいのですけども。

対話258 梶村 尚史 『「朝がつらい」がなくなる本―ぐっすり眠る、すっきり起きる習慣術。』

2009.11.08.14:10




個人的読みやすさ:A (知識の確認に)
読書時間:20分


そうならないためにも、すっきりと起きられない状態が続いているようなら、あえて何かを「捨てる」ことです。(p.83)


 最近どんどん寒くなり、しかも今住んでいるところが学校に近いこともあり、もの凄い勢いで朝体が起き上がらない現象が続いているので藁にもすがる思いで手に取った本。

 僕は昔から睡眠には関心があるというか睡眠に問題を抱えていたので(別に不眠症というわけではまったくないんだが……)、いくつかの本を読んでいるのだが、この本は睡眠に関する知識がわかりやすくまとめられていて、知識の確認としてはなかなか良いなと思う。あまりエモーショナルな書き方ではないので、今日から俺は!みたいな感じにはそこまでならないかもしれないが、少なくともいくつかの点においてこれからは気をつけようと思わされる箇所があった。

 睡眠に関して思うのだけど、季節はどんどん変わっていく以上、固定化した考えを持つことは必ずしも良くない気がする。自分自身のコンディションが季節の変化をものともしないくらい練られているならまた話は別なのだけど、僕レベルの人間であれば柔軟に姿勢を変えていくのも大事なのかな、と思った。基本的に僕は健康志向だけど、大学生をやっていると集団プレゼンの準備で寝れない、ということは往々にして発生する(というか先週に2回くらいそういうシチュエーションが起きた)わけだし、そういうときにいつでも早く寝る、みたいな鉄則を持ってしまうと世の中生きづらくなってしまいそうになるので。

 これについては僕の食生活にも同じことがいえる。以前ちょっとベジタリアンになろうとしたが、少なくとも日本においてはこのようなポジションを持つことはあんまり利益にならないことがよくわかった。全体的な視点から見て、何が自分にとって良いのか、ということを考えることは本当に大事なのだと今日改めて思う。

 

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

対話257 石井 大地 『東大理3生の「人を巻き込む」能力の磨き方』

2009.11.08.13:59



個人的読みやすさ:A (さらっと読みたいとき向け)
読書時間:20分


2分40秒以上続けて話すな(p.91)


 書いてあることに目新しさは特になかったけども、こういう風に簡潔にまとめられている本は知識の再点検、および自分自身への再点火にとても役に立つ。ましてや、この著者のように学生によって書かれた本だとそれがなおさらになるのだと思う。なんとこの著者、僕と生まれが2年しか変わらず、しかもこの本を出したときは学部2年である。がーん、追い抜かれた!

 自分で改めて注意したいな、と思ったのは姿勢、それと引用したところでもある話の長さだろうか。
こういうとき、武道などをやっている人は大きなアドバンテージを持っているのだろうなと思う。僕は中学生のときとか高校生のときに致命的に姿勢が悪かったというディスアドバンテージがあり、最近はそれでもましになってきたがまだまだ良いとはいえない方向だ。一回なんらかの矯正させる機関に入るなりなんらりしたほうがいいのかもしれない。

 話の長さというのも特に人前で話しているときは意識しづらいことであるので、なんらかの装置を使って一回自分をチューニングしてみたいところではある。人前で話すことは結構好きなほうなのだが、それが乗じてついつい喋りすぎるということも僕の場合ありがちなので気をつけたい。

 しかしこの本を読んでなにより、特に一番触発されたのは内容うんぬんではなく出版すること自体である。だめもとでこの休みに企画書を作ってどこかの出版社に掛け合ってみようかなと考え中。

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

【レビュー】MacPeople (マックピープル) 2009/10/29発売号

2009.11.08.09:50


275952.jpg

Fujisan.co.jp
http://www.fujisan.co.jp/product/2512/


 非常に突然なんだけど、レビュープラスというサイトに登録しておくと、色々とレビューをする代わりにただで本を送ってきてくれるのでとっても良いよ!という宣伝。そして実はこの記事もその第一弾レビューだったりするんだ。

 何故今までウィンドウズを使い続けていた僕がMacPeopleなのか、そこのところを突っ込みたいという気持ちは非常に理解できるというか僕自身なんでMacPeople買ってるの?という気がしなくもないけど、でも最近のMacの勢いを見るかぎり、明日にはMacUserになってしまってもまったくおかしくない。そんなスメルを嗅ぎ付けて、では敵前視察をしなければ!というわけでこういう雑誌が欲しくなったわけで、そういう意味で今回のレビューは僕にとってとってもタイミングが良かったといえるわけである。

 まあそもそも周囲にマックユーザーが多いというのもあるしね。

 さて、前置きはこの辺にしてこの雑誌のレビューという感じでいきたいのだけど、僕のような窓使いが林檎に移行するとどんな良いことがあるのー?という素朴な疑問に対して、この雑誌はいくつかの答えを用意してくれているように思える。

 直球で答えをばばん!と出してくれているのがウィンドウズ7とマックOS Xの比較で、確かにここのところの比較は僕としても非常に気になっていたのでありがたかった。雑誌がマック、しかもおそらく購読者はマカーなのであるということを考慮すると記事の姿勢にかなりのバイアスがかかっていることはちょっと否めないんだけど、マックを買うことに対して一定以上の勇気をもたらしてくれるような気がしてその点はとってもよかった。あれ、いつの間にかマックに思考が犯されてね?

 その他、雑誌全体を通して感じられたのがマックがある程度”閉じた世界”であるということ。ウィンドウズだと規模も大きいし使っている人も多いしフリーソフトいっぱいあるしついでにいうと画面見にくいしとか色々あって、拡張性というよりもよくわからん感を出しているのだけど、マックのほうはこの雑誌のテクニックとかがあればこれで結構満足できるような期待感がある。これはなんでだろう、デザインがまとまっているからなのかちょっと判断がつかないけど、いずれにせよ僕のような非マックユーザーから見れば、この一冊に書かれているテクニックだけでも結構やっていけそうな気がする。この辺は雑誌の中にある「至高のテクニック」というところ参照。

 んで、最後に一番の注目点としてあげられるのがなんといっても新マックの記事。というかこのためにマックに心変わりしそうになっているといっても過言ではないわけで、去年PCを買った身としては非常に悩ましいわけなのだけど、でも見れば見るほど欲しくなってくるという……

 あと、デコイ的な要素があるのかもしれないけど全てのマック商品が褒められているわけではないのも良かった。全部褒められていると僕はかなりひいてしまうのだけど、褒められているのは新しいデスクとノートがちょっとくらいで、miniとかのレビューは割と悲惨で笑った。


結論:僕もとりあえず新しいマックブック欲しいです^q^

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

対話256 岸田 秀 『ものぐさ精神分析』

2009.11.06.16:20



<殿堂入り>
個人的読みやすさ:C (文体はそこまで読みやすいとは思わない)
読書時間:3時間

 わたしは、個人というものをさまざまな私的幻想をもつ存在として理解している。その私的幻想がすべて私的なものにとどまっているかぎり、他者との関係はあり得ない。二人のあいだに関係が成立し得るためには、二人のおのおのの私的幻想を部分的にせよ吸収し、共同化し得る共同幻想がなければならない。(p.177)


恋愛とは魔法であり、魔法とは幻想である。ならば恋愛は幻想なのではないか?

 唯幻論、という立場から国家やら恋愛、日常、空間や時間などについて書き綴ったエッセイ集というのがこの本の立ち位置なのだろうけど、僕はとにかくこの唯幻論というものにやられた。岸田によれば人は私的幻想と共同幻想で成り立っているものだし、それに基づけば恋愛だって国家だって、その表面の感触が幻のものであるということに気付いてしまう。私たちはそれに気付かないように時には触ることを避けたり、触れたとしても見てみぬふりをしたり、触っているはずなのに知覚できないという現象を起こしたりするわけだ。それはまるで人類全体が催眠にかかってしまっているに違いないということを表している。

 僕は”魔法”というトピックをひとつの自分のキーワードと思っているのだけど、魔法とはすなわち幻想である。幻想であるが故に、化学的にどうであれ生物学的にどうであれ物理的にどうであれ、その人の魔法の強さによって現実は思ったとおりに姿を捻じ曲げる。私達の使う魔法は時間と空間に立脚した現実を捻じ曲げる魔法であり、その手触りを味を臭いを音を姿を捻じ曲げる魔法である。そしてそれは時に崩壊し、特に再構築され、私たちの目の前に次々とまるでオードブルのように提供されていく。私たちは日々魔法に染まった物体を食べているわけである。

 その魔法を打ち破ることに意義があるし(だから自然科学が発達する)、また打ち破らないことにも意義があったりする。その線引きはとても面倒なもので、私達はどこまで自明的であるべきなのかについての選択をこれからの世のなかでも迫られるのだろう。

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

対話255 リチャード・ドーキンス 『利己的な遺伝子』

2009.11.01.20:21



<お気に入り>
個人的読みやすさ:D (追加された後半が辛かった……)
読書時間:2時間


不妊の働きバチが一匹死ぬことは、その遺伝子にとってごく些細なことでしかない。それは、木の遺伝子にとって、秋に葉を一枚落とすことが、些細なことであるのとまったく同じことである。(p.263)


 ドーキンスの提唱している<利己的な遺伝子>という世界観は、まさに現代だからこそ生まれたものだ。それ自体がひとつの大きな世界観でありながら、科学的な背景を同時に持っている。

 以前から気になっていたドーキンスの『利己的な遺伝子』にやっと手を出すことになった僕だが、実際読んでみるとそのわかりやすさとわかりにくさに脳内の震えを憶える。具体的には、前半の内容はt理系ではない僕でもかなり容易に理解することが出来たが、後半の2章はかなり苦労したしあまり理解できているとはいいがたい。とはいえ、読めてよかったと思える本であることは疑いようもないと思う。

 この本を読んで痛切に僕が感じたのは、「現代において<世界観>をいかに確立していくか?」ということである。
 これは自分自身にとって、ひとつの大きなテーマになるということを僕はかなり確信している。この<世界観>というフレーズは藤沢烈さんにお会いしたときにいただいた言葉。宗教という括りはあれだし、思想というと少し広すぎる。世界観という言葉はその人の持つ世界を説明する上でかなり適切な言葉だと思う。

 ドーキンスの提唱している利己的な遺伝子は、それ自体がひとつの大きな世界観だ。いくら科学的な背景に基づいていようが僕はこれが絶対的な世界観ではないと思うし、世界中の人がこの考えに基づいて自らの宗教観などを持つ必要は特にないと思う。そんな場面はまったくもって想像出来ないしね。

 ただ、ドーキンスの説は科学的な背景に基づいて生まれている、という一点において非常に「強い」、そして「現代的な」世界観なのである。その人なりの世界観というのは必ずあって、そして一応それには制限がない。人が内側でどう思っていて、どのようなレンズで世界を見ているかなんていちいち制限できるものではないのは明らかなことだ。

 だけど科学がここまで発展した現在、これを無視して自らの世界観を確立していくことは社会的に危険な状態に陥る。宗教はあっていいと個人的には思うし、宗教を持つこと自体に大きなメリットがあることは統計的にも結果が出ている(たとえば幸福か否かを問うアンケートでは無神論者よりも宗教がある人間のほうが高くでるし、寿命もなんらかの宗教を持っている人のほうが平均すれば長い)。よく日本では宗教に属しているというだけでかなり白眼視されてしまうものだけど、あまりにも宗教に属するもの全てを批判するのはかなり病的であるとすら思う。

 尤も、日本人の場合そんなこと言いながら色々な宗教思想を雑多に取り入れていることが多いというのが実情だから、この場合必ずしも無神論者を指してるわけではなく、正確には日本全体に広がっている<実態のない緩やかな思想>の信者である、と言うこともできるかもしれないが。

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

twitter
プロフィール

×÷

Author:×÷
はらわたに秩序。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。