スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の傾向

2009.01.11.18:42

トレーニングのほうは、あれからちょくちょく彼女とイメストをやったり肥田式を朝やったりする程度なのだけど、身体反応として最近の様子を書いてみる。

まず一つ、全体的な傾向として「反応が出やすくなったし持続しやすくなった」というのが挙げられる。
トレーニングをしたら終わった直後から効果を感じるし、以前はその後あまり効果は感じなくなったのだけど、トレーニングをやっていくうちに変化を継続的に実感できるようになった。
勿論変化の中ではだんだん感じにくくなったというか慣れていった部分というものもあるのだけど、ここら辺は単純に「能力が減退した」というより「自分にとって普通になった」と解釈しているのであまり心配はしていない。
トレーニングは本当に自転車をこぐようなもので、最初に一番力が必要なのだということがわかる。
精神上の慣性の法則というものが存在しているが如しだ。(そして重力も存在しているし空気抵抗も存在していると思う)

それから昨日起きた突発的な変化として久々に下腹部より下に「冷却するような反応」があったということも書いておきたい。
これは初めての体験ではなく、今までもかなり歩いたあととかによくあった。
最近あまり感じなくなっていたのだけど昨日結構な距離を歩いたらまた発生したという具合。
単純に体内の温度が上がったのでそれの対応策として体温の自己調整が働いたのか?とか思っているのだけど、トレをする前はこんなことがなかったので現在不思議に思っている感じ。
気孔の方面を調べれば色々とこういう事例は出てきそうだけどさっと探した結果ぴたりと当てはまる現象が出てこなかったので、もし誰かこういうことに関して情報があれば教えてくれると僕がとても喜びます。

theme : 自己啓発・能力開発
genre : 学校・教育

comment

Secret

twitter
プロフィール

×÷

Author:×÷
はらわたに秩序。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。