スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瞑想のすすめ 迷走のすすめ

2009.01.16.00:13

部屋の掃除をしていると脳の反応がいきなり顕著になったので、清水選手の影響もありちょっと目を閉じてその反応を落ち着いて感じてみようとした。
するとその反応はどんどん強まっていき、色々なところが連鎖的に反応していくことに。反応が強まった、というよりはもしかしたら僕がおきている反応を敏感に感じ取れるようになったということなのかもしれない。

細かく反応を書いてみると、最初は両脳ともじゅわじゅわする感じに近かったが、次第に左脳側近くの橋に集中、それがだんだんずれてきて左脳中央やや後ろくらいが目立った。そしてその後後頭部の反応が強くなる。
なんとなくむずかゆいような気分になったが、頭をかくのを我慢しているとそれらの反応が耳から抜けていくような感覚があった。
あるいは耳が単純に反応しただけかもしれない。
左脳の反応が沈静化したあとは右脳も目立った反応をみせ、特に側頭部が大きい。
ちょっとしたあと後頭部から押し寄せるような感じで刺激が連鎖していった。

目を開いたときイメスト後のような反応、つまり空間の拡張感とでこぼこがよく把握できる感じ。
イメストの後も同じような感覚があって、僕はそれをイメスト固有の効果と思っていたが、ある程度能力開発が進めば瞑想でも同じような効果を出せるのかも。
僕のやっていたことは脳の中の刺激を知覚しようとしていただけだから、それが瞑想というのかはわからないけども。

theme : 自己啓発・能力開発
genre : 学校・教育

comment

Secret

twitter
プロフィール

×÷

Author:×÷
はらわたに秩序。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。