スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試練とイベント

2009.01.18.03:43

最近僕は授業のことについてトラブルがあり、それは来年度から実験が始まるというのにまったく統計学の勉強をしていないということだ。
これを良い機会に今までやってきた能力開発の集大成を見せて是非無事に受講できるように頑張っていきたい。
と書いたところで英検まであと1週間ってことを今この瞬間思い出した。
あれーなんか全然やってなくねー?話違くねー?


そこら辺は置いておくと、昨日は久しぶりのイメストオフ会にサークルの新年会にと、僕の中ではかなり大忙しの一日。
疲れはしたが、脳みそ的にも人間関係的にもさまざまな刺激を受けた一日だった。
それぞれのイベントに関しては後日また詳細を述べたい。
個人的にはイメストオフ会を通して出てくるイメージにまた新しい変化の傾向が現れてそれがとても嬉しい。
もうイメストしているだけでかなり楽しい気分になってくるね。
なんでジーニアスコード流行らないんだろうか。(僕も受講したことないけど)

theme : 雑記
genre : 日記

comment

Secret

2009.01.18.14:05

いくつかありますが。
・情動
今これを爆発させてるのでイメージ力が少し向上したっぽいですね。
大まかに言うと、大脳辺縁系と右脳は繋がってるということでして、インパクトが強いほど記憶に刻まれるなども多分、これかな?
ただ、情動を爆発させると、制御が利かなくなるので、ここはどうしようと考え中ですが。
引き寄せの法則も、こっちに近いかなーと思います。
あ、引き寄せの法則の注意点は、キリスト教系であるということですね、自分はツールとして開き直ってますが。(笑)
フォトリーのダイレクトラーニングは、小脳と関係あるのかな?なんて思ってますが、ここはわからないですね…。

・気
あんま触れてないのでわからないですが、一説によるとイメージなんだそうで。
自律訓練法の感覚とかとジャンル的には近いのかな?なんて思ったり思わなかったりです。

・フォトリー
イメージ思考とかも出てきてますし、そろそろあれもできそうですねー。
トリガーワードを抜き出してフリーノーティングとかでも効果あるのかな?おも思ったりですが。

・学校
それこそイメスト以外の加速学習の効果を確かめるチャンスですね!!

2009.01.20.00:23

大脳辺縁系と右脳が繋がっている、ということをなんとなく感じていながらも文面で見たことは初めてです。勉強になります。
情動の爆発については、とりあえず呼吸法、というところなのでしょうか。
ある程度やっていけば勝手にその状態の中で洗練されていくというか、組織化されていくような予感はします(しかし自信はない)
フォトリーと小脳の関係性は面白いですね。
もしよかったらもう少し説明してほしいです。

気=イメージですか!
確かにそういわれてみればそんなきもしますね。
その場合、自分のイメージが他者にも影響を及ぼしうるということを示唆しているとも考えられ非常に興味深いです。

トリガーワードとフリーノーティングはよいアイディアだと思います。
ヴァンさんはそういった関連性を見つけるのがうまいですね。

2009.01.20.17:47

あー、瞑想で多分いいと思うのですが、イメストとは逆な気がしますね。
そこがちょっと気になってます。
ただ、投資家の大竹愼一さんとかは瞑想して欲望を消して、イメージを利用したりしてるそうなので、効果はありそうです。
あ、イメージと言えば、絵がうまい人は使ってるみたいですね。
頭でできれば、後はなぞるだけっぽいし。
そこまでかはわかりませんが、普通の人の場合の感覚的に書く(漢字練習のように)、とはぜんぜんレベルは違うと思います。
感覚でも、すごい人はすごいみたいですが。
イメージ力は、結構総合的な能力っぽいですね。
小脳との関連付けは、プライミング効果で身体感覚を司る小脳が使われるから、行動に繋がりやすい、のだそうで。
大脳辺縁系とかと繋がってるのかは謎ですが。

気はちょっと、勉強不足なので、少しは概念を理解しておきたいですね。
そういえば、イメストの板も、仙道・気の実践だったですし…。
逆に、気という物質があるなら、イメージを使った手法とどういう関係があるかも気になるところです。
イメージが他者に影響、とか、それはすごいかもですね。

関連付けるのは癖でして、逆にその分集中力が欠点だったりします。(汗)

2009.01.22.00:18

僕は将来イメージ言語についての研究もかじりたいと思っているので、ここらへんの領域は非常に興味深いです。小脳との関連性、把握しました。ありがとうございます。

気、というとことさらにそのオカルト性が取り上げられますが、一方で人体に有益有害問わず変化を加えてきたと記されていることも事実です。気を介することでどのような変化が人体に表れるのかというのは非常に興味深いトピックですね。

関連付けるのは僕も大好きです。
新しくアイディアが生まれる瞬間などは興奮ものです。ただ今まではそこで満足していたので、これからはそのアイディアを運用していくこともしていきたいです。
twitter
プロフィール

×÷

Author:×÷
はらわたに秩序。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。