スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイディア=幽霊 僕=除霊師

2009.01.29.00:06

下のエントリに関連して。

僕は以前からアイディアに関して、これは幽霊みたいなものだと思っていた。
僕は修行中の霊媒師か成仏師であり、僕のもとには成仏したい幽霊が集まってくる。
そして僕はそいつらの声に耳を傾けて(メモに書いて)成仏させてみる(表現してみる)のだ。

こういう習慣を持つことで脳内にある幽霊世界で除霊師としての名声が高まり、次々と幽霊が押し寄せてくるのではないか?
僕はそう考えた数年前から、とにかく思いついたらメモに書いてみるということを実行している。
まだそれらを公衆の前で表現する、というところにはあまり行き着いていないので成仏師というよりは話を聞くだけのカウンセラーレベルだとは思うが、これからも幽霊たちの声をいっぱい聞き続けて、最終的には彼らを天に向けて成仏させてあげたいと思う。

theme : 雑記
genre : 日記

comment

Secret

2009.01.29.11:44

宝彩有菜さんの瞑想本では、脳内から雑念を取っ払うことで頭をクリアにするそうで、PCでいうとメモリを開放するからスムーズになるんだとか。
メモを取る習慣があるなら、GTDが効果的かも知れません。
こっちは気になること全てを紙に吐き出して、TODOを作成みたいな感じですね。
短所は、身につけるのが大変なとこですが(^^;

肥田式についてですが、中心はまだまだ把握できませんが、概念としてはわかったと思います。
自分の体が地球とすると、重力は中心に行くので、その中心を使ったのが正中心ですね。
うまくいってる感じはあまりないのですが(なれ?)球のイメージは場所の把握と、中心の重力の方向性がイメージしやすいのかな、なんて。
でも、いい感じのときは、球っぽいのがお腹に感じますが。
あと、聖中心については、仙骨神経そうが重要なんですね。
最初尾てい骨と勘違いしてて、はてなだったのですが…。
位置を確認したら腰というのがわかって、あと肥田氏の瞑想の型を読んだらなるほどーと思いました。(表の体育 裏の体育より)
腸→脳の刺激で脳がパワーアップするのかなと思ってましたが、どうやら仙骨から脊髄を通って脳へ、なんですね。
ただ、正中心の段階で記憶力はアップしてるっぽいので、記憶力は腸、超能力が仙骨なのかも知れません…。
なんかの本ではたしか、脳よりも第二の脳である腸が最初らしいので、ここを鍛えて肉体トレなりイメージによる進化なりで、順序だてられるかなと。

与えると捨てるは参考になりましたー。
たしかに、教えるというスタンスはいいかも知れません。
これは経験知を形式知にするように学ぶというか。
イメストも話すようにイメージなので、そういうとこが重要かもですね。

引き寄せの法則は波動の性質らしいですね。
波動というとオカルトですけど、宇宙の超ひも理論や太陽系、原子とかでもらせん状なんですね。
光は粒子と波の2つの特性を持ってるらいしけど…。
らせん状のものを横から見ると、波になってるので最小単位でも最大単位でも波になってるということは、波の性質を考えるのは妥当であるかもです。
ちなみに神田昌典氏の春夏秋冬理論は易経をわかりやすくしたものなので、東洋思想にも波は意識してるっぽいですね。
オカルトっぽいけど、物理学の法則を元に考えると波を考えるのはトンデモではないかなぁなんて思いました。

相変わらず長文失礼しました。

2009.01.30.22:03

毎度、どうもです。

宝彩有菜さんという方は今まで存じ上げませんでした。
これからチェックしてみたいと思います。
GTDはなんとなく聞いたことはあったのですが、まさにPCのデフラグというかなんというか、休日に気合入れてやるような感じになりそうですね。
ただ、大事なことだとは思うのでそういう時間もとっていきたいです。

肥田式に関しては前進があったようで、おめでとうございます。
僕は肥田式をやっているにもかかわらず、肥田式に関する書物をあまり持っていない&内容もあまり覚えてないので、仙骨神経の存在とかはすでに雲散霧消でした。
これからまた学習したいと思います。
最近僕の中でも身体論は暑いので、ヴァンさんの書き込みは参考になりました。
腸が第二の脳というのは、今読んでいる「第三の脳」という本(まだ読んでいないのですが)に関連していて面白そうですね。
その本では第三の脳として皮膚があげられていましたが、いつか将来心理学などの分野でも身体学を取り扱うようになるのでしょうか。
そういえばウェンガーの腹ばいも腸にもろ作用しそうな運動ですね。

波動という言葉を聞くとどうしてもオカルティックな方面を想像してしまいがちですが、適切な間隔を取って考えてみることは大事なことだと思います。
世の中では大事な言葉ほど変に手垢がついてしまって好奇の目で見られてしまいがちなので、そこら辺のことを認識した上でノイズにとらわれず、考えれるようになりたいです。

2009.01.31.01:37

瞑想のやり方は、宝彩さんの文章がわかりやすいと思いました。
まあ、まだ完全にはできてないわけですが…。
GTDは、神田氏のやつだとブレインダンプですね、思想は同じですが、組み合わせられると思います。

肥田式は、身体なので一番重要視してます。
食事はあまり制限できないので…。
脳との関連の考察の流れを参考程度に乗せておきます。
1:筋肉鍛える=血流アップによって健康に、脳も結果的に健康になって活性化。
2:腸=脳の関係により、中心鍛錬による活性化。
3:皮膚=腸=脳は繋がってる。
4:摩擦や冷水、太陽光や風は末梢神経とかの活性化ということで、1のパワーアップ。(3ももちろん)
5:仙骨刺激によって脊髄から脳へ刺激がいって聖中心。
5に関しては、表の体育、裏の体育の宗教研究の瞑想方法より。
あ、自分も持ってるのはこれだけです、神田さんがあとがきなのはビックリでしたが。
あとは簡易の図解のやつと健脳法あたり借りました。
方法論としては、上体、下体、斜腹筋にしぼっても、うまくやれればよいかも知れません。

とりあえず量子がこういう性質っていうのを知ったので、あと光は2つの要素なので、波動も対等に考えるとバランス取れるなぁと思いました。

速読でできる人のブログ発見したので、参考程度に。
ttp://123tenpu.livedoor.biz/
SRS速読(効果はあるけど難しいらしい)メインのようで、6分間で1冊とからしいです…。
フォトリーは中立的で、実感としてはできてるみたいですね。

2009.01.31.06:17

瞑想はイメスト関連でよくその効果を耳にしていたのですが、イメストと効果が重複していると思って今まで僕はきちんと関心を持っていませんでした。
なんだか最近それではいけない気がしてきたので、氏の著作を読んでみたいと思います。

肥田式のほう、まとめありがとうございます。
こうやってリストアップしてみると肥田式がますます凄いような気がしてきました。
同時に運動は肥田式以外も何か軽く組み合わせたほうが効果が出るのかな?と読んでて思います。
最近まったくジョギングなどをやっていないわけですが、便通が最近悪いということもありますし再開させてみようかなあ……

速読にかかわる方の情報、ありがとうございます。
6分間で1冊ということは大体1ページには1秒かかってないくらいですかね。凄いです。
最近速度アップしたのでいい気になっていましたが、まだまだ上がいるということを思い出させられました。
驕らずもっと自分の可能性を鋭敏化させたいと思います。

最近インフルエンザが流行っているようです(もう古い?)が、ヴァンさんもお風邪をひかれぬようご自愛くださいませ。
twitter
プロフィール

×÷

Author:×÷
はらわたに秩序。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。