スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸福論 須藤 元気 (著)

2009.01.30.07:39

幸福論
須藤 元気 (著)



読書時間:20分(メモ込み)

旅行記みたいなのはあまり普段読まないので最初写真の多さに驚いた。
なんか写真って見るだけで楽しい気がしてくるから不思議だよね。

さて、なぜ僕が須藤元気の本を読んだかといえば某成功本紹介書籍で須藤元気の関係した本が載っていたからであり、それまでただの格闘家の人という認識を持っていた僕はそのギャップ効果にやられてしまったわけである。

本書では最初のほうで空海について言及があって、その中でも特にここから坂本竜馬に結び付けているのが新鮮に感じた。
空海についてはもともと知識がまったくといっていいほどなかったので、この本を通じて彼の考えの一端に触れることが出来ただけでももうけもの。

また、彼はスペシャリストとジェネラリストのことにも軽く触れていて、水平思考の観点から一つのことをきわめてみることを推奨している。
僕の志向としては比較的ジェネラリストよりだったのだが、確かにそう考えた場合スペシャリストになることの恩恵は充分にあるなと思った。

彼のことあるごとに「ありがとう」をいう習慣は僕も身に着けたい。

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

Secret

twitter
プロフィール

×÷

Author:×÷
はらわたに秩序。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。