スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トマト革命―トマトはなぜカラダにいいのか 石黒 幸雄 (著)

2009.01.30.07:49

トマト革命―トマトはなぜカラダにいいのか
石黒 幸雄 (著)



読書時間:30分(メモ込み)

この本は何故か読書時間がいつもよりかかってしまった。
原因は限りなく高速リーディング(普通読み)をしてしまったということに求められそうなんだけど、じゃあなぜ自分がディッピングやスキタリングを行わないかを考えたところ、「質問作り」をやっていなかったからではないかという結論にたどり着いた。
まさか質問を紙に書いておくだけでこれほどの違いが出るとは思ってもいなかったが、これからも情報処理系の本については特に質問を作るのを忘れないようにしよう。

さて、僕にとってこの本は久しぶりの食事関係の本ということになる。
それは僕が以前読んだ「ライフスタイル革命」があまりにも秀逸であると感じたためであるが、せっかくブログでトマトという名前を名乗っているのだから、と思いこの本を吉祥寺のBASARAショップで手にとってみることにした。

総合的な感想としては「へえー」と思うところと「?」と思うところが混合している感じ。
僕は最近トマトが好きになってきたので(HNにつけておきながら以前はそれほど好きじゃなかった)、後半に書かれているトマトのレシピはとてもおいしそうに思うし、行き過ぎた生野菜信仰は少なくとも現代日本においてはデメリットをもたらすこともあるなということを確認させてくれたのは良いが、書き方が若干ヒステリックであるようにも感じる。
データとかが不足しているからそう思うのかもしれない。
特に消化はゆっくりのほうが良い、というのには若干の抵抗感があるのだがそこのところどうなのだろうか。
筆者は消化が早すぎる砂糖類と比べての意図なのだろうが、食い合わせの問題で消化に8時間かかるような場合でも良いとしているのだろうか。

また、トマトを食べる目的に病気の予防という受身的なこと書かれているのも、特にそこまでまだ気を使っていない僕にはぴんとこなかった。
元気に過ごせるとか精力的になるとか、そっちの方の記述が多かったほうが僕にとっては嬉しい。
あと、この著者自身カゴメの関係者なので、トマトジュースをプッシュしていることにも若干の営業臭を感じてしまうように思う。

まあごちゃごちゃ言ってしまったけれども、トマトに関する栄養学的な知識も身についたし読んでみてよかったよかった。

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

Secret

twitter
プロフィール

×÷

Author:×÷
はらわたに秩序。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。