スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外留学について

2009.01.31.10:03

ICUという環境にいながらこの間まで海外留学をあまり考えていなかった僕だが、最近思うところあって一年間の交換留学に来年アプライしてみたいなと思い始めた。

といっても問題は山済みだ。

まず第一に、僕はもうすでに2年生であり、来年は3年生である。
ということはアプライは3年次に行うことになり、僕が実際に交換留学としていく場合は4年次ということになる。
まず間違いなく4年間での卒業は不可能になるということだ。

また、僕は日本においてのコネクションも大事にしたいととても強く思っている。
特に彼女と1年間離れるということは今まであまり意識していなかったことであるし、彼女にとっての負担も大きい。

そしてなおかつ、僕はそれほど学業が芳しくない。
とりあえず今のところGPA3.0/4.0は確保しているものの、今期でスペイン語4単位分まるまる落とすことが確定しているので、残りの科目と春学期での学習で良い成績を効率よく収めないと、交換留学における最低条件である3.0も維持することが出来ない。
しかも3.0だと微妙な感じだと思われるので、望むなら3.4くらいはほしいのだが(3.4以上じゃないといけない学校もあるし)、それはなかなか厳しい話だろう。
また、僕は英語がそれほど出来る学生ではない。
ICUの外部から見ればそこそこコミュニケーションも取れる、程度の評価はもらえるかもしれないが、競争相手がICU(の中で特に志の強い人)なので、今から相当努力をしなければならない。
僕はそもそも一人でTOEFLを受けたこともないのだから。

ということでマイナス要素がいっぱいあるのだけど、でもそれでも行って見たいという気持ちがある。
特にICUがリベラルアーツで僕はそれが好きということもあり、是非本場アメリカのリベラルアーツを体験してみたい。
ということは必然的に僕の希望する行き先は、ICUの交換留学提携先で言うと
・ポモナ大学(教養カレッジ全米6位)
ワシントン&リー大学(教養カレッジ全米17位)
というところになるのだろうか。
(参考:Liberal Arts Rankings

日本のwikiで見ると、ポモナ大学を編集している人はまだいなかったが、ワシントン&リーのほうは発見したので読んでみると、なんでもアメリカにおける桜蘭学院(ホスト部のやつ)らしい。
そんなハイソなところに一日本人である僕が行っていいのかどうなのかはわからないが、学生満足度はリベラルアーツカレッジらしく最上位に位置しているとのことなので、今から期待が高まる。
しかもついでにいうとワシントン&リー大学の場所はウェンガーの所在地ととても近いので、そういう意味でも何か機会があるのではないかと期待してしまう。

とりあえず情報収集を続け、その上で交換留学を利用するかしないかを判断したいと思う。

comment

Secret

2009.01.31.19:11

たしかPomonaもWashington and Leeもibt100以上必要だった気がする。GPAよりこっちのほうが鬼門かも。うわー

2009.01.31.21:53

なにそれ鬼門すぎる。今からTOEFLやります。
twitter
プロフィール

×÷

Author:×÷
はらわたに秩序。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。