スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆について

2008.12.05.21:15

以前も軽く書いたけど、自分のための確認としてエントリーに上げておく。

僕のブログでの読書メモは基本的には僕のためのもので、もちろん本を紹介するという目的もあるけれども基本的には様々なトレの成果としての情報処理スピードを開示する目的と、僕が何をインプットしているのか(思考のバックボーン)を紹介する目的で書かれている。
色々怪しげなことをやってるけど、きちんと成果は出てるんですよ。これは目的があってやってるわけで、ただ単に人と違うことしたがりな変人じゃないんですよ、みたいな。それを念頭においても充分怪しいとは自分でも思うけども。

そういうことなので、他の書評サイトでされているように、この本のオススメ点数は何点?みたいなのはこれからもつけないと思う。
ただ、それの代わりとして本サイトでは「再読性」というものを重要視している。
これは前述したように、あくまで僕の価値観に基づいてのものなので一般性はあまり考慮していない。
判断基準としては「何度も読みたいと思わせる楽しさがあるか」という項目と「知識を獲得するために何度も読む必要があるか」という項目を重要視している。

例えば辞書とかはその全てを理解・暗記するためには再読をする必要があるけれども、何度も読みたいとは思わせる楽しさはそこにはない(今のところ、僕には)。
もう世の中には楽しい本が本当に腐るほど大量にあるわけなのだから、あんまり楽しいと思えない本を何回も読む必要はないだろうというのが僕の中の考えなのだ。

ちなみに僕は☆の数で再読性を評価しているのだけど、大体の目安としては
☆…あともう1回読みたい
☆☆…あと2~3回読みたい
☆☆☆…ことあるごとに読みたい
という感じ。

そういうことなので、不覚にもこのサイトを覗いてしまっている皆さんも僕が一般的に糞本と呼ばれているやつに再読性☆☆☆とつけたり、一般的に神本と呼ばれている(そんな用語があるかは知らんけども)やつに再読性-とつけても怒らないでね!お兄さんとの約束だよ!

comment

Secret

twitter
プロフィール

×÷

Author:×÷
はらわたに秩序。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。