スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝る前のピカソ

2009.02.07.00:05

最近イメストをやっていないのだけど、日常的におきている変化が1つある。
それは寝る前にイメージが流れるということである。
しかもイメストをしているときのものよりも珍奇なものが多くて、正直ここで見た絵をちゃんとアウトプットすることが出来れば(つまり絵が描ければ)僕が画家として食っていけるのではないかと思ってしまう勢いである。

どんな絵を見るのか、ということについて参考までに例を挙げると
・大根が傘の形になっていて、何かの車輪のところに立てかけられている
・小学校の下駄箱の上に巨大なペロキャン(ニコチャンマーク)が置いてある
・コーンの体をしたワーム
・ロールキャベツのウェディングケーキ
・運動会の垂れ幕のところのところに肉の塊がかかっている
・ハートの断面のりんご
・顔がりんごのマッチョ
などなど。

ただこういう画像を見始めると決まってすぐ寝てしまい忘れてしまうので、実際はもっと膨大な量の画像を見ている。
上記のものは驚いて起きて紙に書き取ったのでなんとか覚えているという感じ。
出来れば全部覚えておきたいのでメモを取りたいところだが、しかしあまりにも書きすぎていても寝れないしストレスにもなりかねない。
ので、今のところ「メモを取らなきゃ!」という感じではなく本当に凄い映像が出てきたときだけメモをするくらいにとどめたいと思う。

また、これは能力として確定していないので書くのは微妙なんだけど(僕にとっても情報的にも)、上の例は全部画像で動いていなかった。しかしここ何日かは映像が流れてくることもあったりした。たとえばICUの校内を歩いていたら一人だけ熊のぬいぐるみの頭の部分だけかぶったサラリーマンが混じっているとか、パソコン上のアイコン同士が暇だと会話を始めてしまうとか、そういう映像を見た記憶がある。


なお、この能力は最近になって発生したというわけではなく、こういうことをやり始めてから一時期頻繁に起きていた。しかし僕がイメストからちょっと遠ざかったのと、なんかだるいなあと思い始めてからぱったりとなくなっていた。
今回この能力が復活したのは僕がまた見たいなと思うようになったこと(本当に見たいと思っただけで数日後までには見えるようになるから不思議)、イメストの量と質が上がったことに影響があるのだろう。

comment

Secret

twitter
プロフィール

×÷

Author:×÷
はらわたに秩序。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。