スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成功ハックス 大橋 悦夫

2009.02.08.18:13



成功ハックス 大橋 悦夫


読書時間:忘れたけど覚えていないということは全て含めて30分以下

最近読書メモを書いていなかったので、休日を利用して最近読んだ本をざーっと書き出して見る。
あとShock&Heartsのほうでアフィリエイトを始めるそうなので、一応僕のブログのほうでも貼ることにした。
下のリンクをクリックして買い物をすると自動的に売り上げのうちの数パーセントがShock&Heartsのほうの資金になるので、適当によろしくお願いします。

で、本題。
もう凄い勢いで繁殖を続けるハックス本のうちの一つなのだけど、この本を取った理由は「楽しくないと駄目」ということをぱら見した時に強調していたから。
数々の継続挫折体験を持つ僕にはその法則が痛いほどわかるので、この本には何かそれを打開しうるアイディアがあるのではないかと期待して購入することにした。

この本の良いところは、あくまで成功本というのは体験記であり、自分なりにそれを消化し利用しなければならないということを述べている点だと思う。
だからこそ僕は1冊の成功本を読むよりもそれを多読することによって、自分にとっての流儀を見つけ出す手立てになると思っている。
しかしこれはともすると成功本マニアになってしまう可能性もあり、運用は慎重を期さなければならないというデメリッツも存在する。
そこら辺を分けている違いというのはやはり行動力なのだろうか。

あとこの本では5分間タイマーで計ってやってみよう~!みたいなのが凄い多くて、そのスタイル自体に見習うべきものがあると思う。
僕も普段時間にある程度縛りをつけてやっているつもりだけど、ついついいい加減に遅滞させてしまいがちだ。
時計というツールを使うことによって、それを妨げることが出来るようになるかもしれない。

そのほか参考になった点では、ネット上のツールにstickies、to do mail、to clipという使えるものがあるよ、ということ。
僕はよく自分のしなければならないことを忘れるので、これらのツールを利用して優先事項の高いものを効率よく処理できるようにしていきたい。
あと筆者は4行日記というものをすすめていて、これも継続がおざなりになりがちな日記というものに枠をはめ込むことによって継続性を得ようというもの。
日記に関してはどういう風にするのが良いか僕の中で一つの課題ではあるが、4行というような縛りをつけることも継続性に大きく付与しそうな要素だ。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
もし良かったらクリックしてみてくださいな。

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

Secret

twitter
プロフィール

×÷

Author:×÷
はらわたに秩序。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。