スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質問サンドイッチからの回答が届きました

2009.02.19.00:41

質問サンドイッチについては以前少し取り上げたのでこちらを参照してほしい。
(http://sishiwata.blog90.fc2.com/blog-entry-121.html)
簡単に言うと朝起きたら6枚あるうちの封筒を1枚選んで、中身に書いてある質問内容を見ないままイメージを3つくらい想像、そこから共通点を見出してから封筒の中身を見ると質問の解答がわかるというもの。

最近やっていなかったのだけど、イメージの解釈力をつけたくて再開。
やって1日2日くらいは出てきたイメージを解釈しても意味不明だったけれども、3日目くらいからかなりイメージから共通点を見出すことがうまくなってきて、先日なんかはあからさまに答えが返ってきてびっくりした。

090219_000320.jpg

質問内容は「暗記にめっぽう強くなるためにはどうしたらよいか?」というもの。
ここのところ今まで放置していた暗記力を問われることが多くなってきたので(僕は何しろICUに入ってから単語の勉強はほとんどしたことがなかった)質問の中に入れたのだが、この封筒を見て出てきたイメージは以下の通り。

「タイヤ」「ビニール袋」「地球」

もうこのイメージをした僕以外の人でも「空気」って答えるだろうという素晴らしい的中率。ちなみにビニール袋が僕の中で空気の意味でラベリングされているのは、ビニール袋を使ったマスキングというCO2トレーニングを知っているからだと思われる。

ということで僕のイメージとその解釈によると、暗記力をつけるには空気系のトレーニングをすべしということだね。潜水しまくったら凄いことになるかもしれない。

theme : 自己啓発・能力開発
genre : 学校・教育

comment

Secret

2009.02.19.08:27

結果報告ありがとうございます。
まとめられるのなら、イメストらしきもの、いろいろなものの相乗効果と分けれたら分けてもらえるといいかもですね。(肥田式などはしょうがないですが)
あ、フォトリーの負荷については、意識と潜在意識両方に影響のある量で判断しました。
小説なんかは拾い読みできないので、それは1冊という単位でいいかなと思います。
フォトリーでも数冊読めば1冊分ぐらいにはなるので、大丈夫だと思いますが。(辞書のフォトリーなどもあるけど脳の使用領域的におまけと思うぐらいがいいかなと)
高速視聴読は負荷がすごいです。(高速視聴のほうがすごいかも)
なので挫折しましたが、本気でやるとすごいかもです。
むしろ速聴の上位ですね。
状況に合わせてやるといいと思います。
とりあえず、視覚特化でまずいくなら書き出し訓練から、耳(と口)も連動させるなら速聴から、ですね。
あ、茂木健一郎さんのように、つぶやきながら書き出すというダブルもありかも。

イメージの解釈は、3つの共通点はまさにマスキングっぽいですね。
2つを取り出すと人工物、あるいは円と2つの組み合わせができますね。
人工物で取ると地球が浮いてるので、自然に触れるとか(五感?)カラーを使うとかかも。(ビニールとタイヤは白黒なイメージなので)
円だと空気の入ったビニール袋だとだめか、あるいは回転かも知れません。
回転というと単純にインプットとアウトプットの反復かも。

2009.02.19.09:54

コメントいつもどうもです。

僕もこのサンドイッチの結果に関してはまずマスキングを連想しました。が、ヴァンさんのほかの解釈も面白いですね。回転というのは思いつきませんでした。

効果に関してですが、僕もなるべくなら分けてやりたいと思います。
ただ春休みでは集中していろいろなことをやるのでご期待にこたえられるかはわかりませんが……

フォトリーは確かに健在意識に対する負荷は弱そうです(絶対時間が短いので)。フォトリーディングをしている最中なんかはかなり脳に負荷が、特に右脳中心にかかっていることが実感できるので、そちらのほうにはきちんと効果は出ていると思うのですが。

高速視聴読はおっしゃるとおり負荷がものすごそうですね。とりあえず一回試してみて、毎日のローテーションに入れるのか、それとも時々やるトレーニングにするのか決めたいと思います。うちの大学はほかの大学と違い春休みがかなり短いので(1ヶ月ジャスト程度))、少し無駄をつくるとあっという間に終わってしまいそうで緊張感が高まります。

2009.02.19.17:49

質問サンドイッチは、答えは絞り込んだほうがいいのか、幅広く見たほうがいいのかわからないですが、学習の王道は繰り返しですのでぴったりかなーと思いました。
効果については春休み明けでいいかなーと思います。
ここでも変化しそうですので。

フォトリーといえば、1つだけ試してもらいたいことがあるのです。
おそらくトマトさんならわかりそうな気がするので…。
実は過去一回明確に効果があったなぁーというのが初期段階であったのですが、そのとき実は交差法でした。
最近は平行法にしてるのですが、交差法で効果ありそうかをちょっと軽く出いいので実験してもらいたいなぁーと。(右脳中心に負荷がかかるかぐらいでも)
ナチュラルブリリアンスの本のナイトウォーキングは交差法っぽいので、可能性としてはいけそうな気がするのですが、大体どこで質問しても平行法がいいと言われるので、ちょいと気になりました。
まあ、交差法だと目が疲れるのですが…。

Re: タイトルなし

2009.02.21.16:47

お返事遅くなりました。

あるいは二酸化炭素トレーニングの繰り返し、ととってもいいのかもしれませんね。
僕としては漠然とした答えよりも明確な答えが出ているときのほうが調子が良いように思えます。
最大効果は3日後にやってくるとか見たことがありますが、やるトレーニングによっても変わるのでしょうか。3日後ってまるで食事みたいですけど(dr.中松のイグノーベル賞での報告より)

平行法と交差法ですが、そのときの脳の状態でも多少変化するので明確な答えを出すのは微妙な感じです。しかしとりあえずやってみたところ、多少脳が強く反応する位置に違いがあるように見えました。最初に交差法をやった結果だと、右脳というよりは最初頭頂部、やや後頭部、そして左脳のほうに強くアクセスしている感覚で、どちらかというと平行法のほうが右脳に反応した気がします。ただ、これは交差法→平行法の順番でやったので、最初だから右脳のアクセスが弱かったとかもあるかもしれませんし、事実平行法のあとにやった交差法では右脳にもちゃんとアクセスがいっているような感覚が多少ありました(といってもこれも平行法のときの反応が引き続いているというのもあると思いますが…)。

勿論、どちらのやり方だと右脳しか効果が出ないとか左脳しか出ないとかというわけではなく、両者とも多少強調される部位は違うながらも全体的には効果は出ているような感覚です。
ただ、おっしゃるとおり交差法のほうが目に負担がかかるので、連続使用を考えるならば特にデメリットがないように感じられる平行法のほうを薦めます。僕自身も読書の際はかなり平行法を用いていますし。

もしかしたら僕の実際に行ったやり方が、広く知られている交差法や平行法と異なるところが
あるかもしれません。あくまで参考程度にとどめておいてくださいませ。
twitter
プロフィール

×÷

Author:×÷
はらわたに秩序。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。