スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉というそのグロテスクな存在について

2009.02.27.14:09

僕は今のところ言語学には全然詳しくないので、果たして一般的にどういわれているかは全然わからないが、最近「言語=顕在意識」という気がしている。

言葉を広げるということは顕在意識を広げるということであり、潜在意識の顕在意識化のある程度までは言葉を仲介することによって行われるのだと思う。

ただ、それだけでは多分不十分で、イメージというものを自分の中で言語化できるようになるということが次のブレイクスルーになってくるのだと思う。
もしイメージを言語化することができたなら、それだけで意識の幅が圧倒的に広がるはずだ。

イメージストリーミングはその意識の幅を広げるという目的をかなえる上で、非常に適していると僕は感じている。と、あと3時間もしないうちにレポートの締め切りが訪れる僕は現実逃避の文章をブログに書き込んでみることにしたのだった。

comment

Secret

2009.02.28.00:35

たしか人間にとって、言語の獲得が最大のなんとかってあったような気がします。
やばい、空白すぎてさっぱりですね(^^;
人間として言語の獲得は意味のあったことみたいなので、調べると面白いかも。

フォトフォーカスについては、まあ両方やってみますか。

音読は、やったら多夢ってのになって”大声あげて疲れる、運動不足、暴飲暴食”ということで、音読によって食べすぎ引き起こされたりで悪循環になってます…。
ロングスリーパー気味なのがロングスリーパーになっちゃって、やばいやばい。
音読スレとかではショートスリーパーになった人がいるみたいなので、そのうち慣れるのか、小声にして消耗しないようにしてるのか(七田式だとハミングですし)、お経などの反復のみで(大体スレはお経か真言ですね)瞑想状態に近いのか…。
ということは、多読は後でに取っておいたほうがいいのかな?(2chの日本史世界史スレに影響受けただけにそのへんやりたくなったり…)
あ、成功と失敗は、読みやすいほうが成功しやすいのと(これは成功とかとは別ですが)、お経でも調子によっては速度が落ちたりします。

1氏はそうだったんですかー、イメスト・フォトリー・ウェンガートレらしいので、ぴったりかもです。
あ、この人も読書はやってたようですね、フォトリーとブロック読みは音読とは別に取り入れたほうがいいかな??
あと、プラス思考じゃないとだめみたいなので、G&Nあたりはやったほうがいいかも…マイナス思考になりまくりなので。(汗)
それにしても、この応用例はともかく、腹這いやハイハイ、五感使うのとか日常生活に組み込めないものはかなり行動障壁が高いですねぇ…。
とりあえず読み返したほうがいいかな?

上の状態なわけで、まだ腹這い10分しかできてません。(滝汗)
肥田式のように時間短縮できたり、行動障壁が低くなるといいのですが…。
自演乙氏のパンチは、友達があれ系の食らったことあるみたいですが、最初は鋭痛、あとから鈍痛らしいのですごい。

2009.02.28.00:50

僕も肉体的にもっと鍛えて強くなりたいなあと思っていたので、僕が見習うべきなのは自演乙氏なのかもしれません。コスプレまではさすがにまねる勇気はないですけど(笑)

言語についてはあまりよく知りませんが(という布石は貼っておきますが)、すなわちそれが潜在意識を生み出していると考えればまさに革命的な存在と言ってもいいと思います。実際言語の獲得がそのまま生態系の優位も保障してしまうのかもしれません。

音読の暴飲暴食は、僕の推論なのですが1つの要因としてヴァンさんが音読に対してストレスを抱いてしまっているというのがあげられるのかな?と思います。

成功と失敗については理解しました。どうもです。

1氏はまさに今僕がやろうとしているトレーニング内容をそのまま実践していますねー。僕は一時期書き込んでいるタイミングが一緒だったので、もっと色々と伺えばよかったです。尤もあの頃の僕にそこまでできていたかは微妙な感じですけど……

2009.02.28.09:23

自演乙氏は映像として見れるのがいいですねー。
ほかにも空手とかもやってるそうですが。
なお、日本拳法は警察や自衛隊の訓練でも導入(アレンジ?)されてるようです。

音読、ストレスたまる感じになってるんですかね??
七田式では最初にリラックス→集中モード→視覚化(フォトリーの高速学習モードみたいなもの)としてるので、それをちゃんとやるのがいいのかも知れません。
あと、1つは読みやすいもの、あるいは繰り返すもの(だんだん慣れるので)のほうがよさそうです。
とりあえず、このへん気をつけてみます。
お経や真言は結局、唱えたいものを交互に唱えてたりします、南無妙法蓮華経は唱えやすい。(発音的にも、葬式の時のもこれなので一番慣れてるかも)
脳にきてる感覚があるのは相変わらず般若と延命十区観音経ですかねぇ…。(なんとなくですが)

2009.02.28.09:53

七田式でもそのように指導されているのですか。
確かに音読というとなんとなく普段の読み方と割り切って考えてしまいますが、読む前にリラックス状態になるのは重要ですものね。僕のほうも見直してみたいです。

僕は今までお経とかにはほとんど興味がなかったのですが、ヴァンさん含めやっている方がいいよーと言っているケースを結構目にするのでやったほうがいいのかもしれません。春休みにやるトレーニングとして(そういえばもうすぐ春休みだ!)検討してみたいと思います。
twitter
プロフィール

×÷

Author:×÷
はらわたに秩序。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。