スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第10回イメストボックス

2009.02.28.18:55

試験期間だけど今週は問題なく実行
前回(第9回)に出れなかったのでかなり久しぶりのイメストだったが、参加者が二人ということもあって非常に充実したイメストを行うことができた。
参加者はKさんと僕。

もうすぐPCが落ちるので(PCに一定時間で電源が落ちるようにソフトを入れておいた、これから徐々にPCをやる時間を減らしていこうと思う)、今回はあまり詳しいことは書けないけどもとりあえずやったことのリストだけ。

①通常イメスト(10分程度)
②通常イメスト(15分程度)
③視覚なしイメスト(10分程度)
④壁を越えるとモデル思考っぽいイメスト(15分程度)
⑤2人同時にイメスト(10分)

そのほか、
⑥腹ばい(半周)
⑦速聴(4倍から16倍・5分程度)
を行った。

また、Kさんには様々な本やらCDやらを貸していただいた。
明日もまた会ってやる予定なので、それまでに本のほうは読み終わっておきたい。
レポートとかテストもあった気がするが、自分を信じれば救われる!はずだよ!

090228_185709.jpg
今日一日で読む予定の本。あとこれのほかにレポート用に読む宮崎駿に関しての厚い本が1冊。
フォトリーディングでなんとかなる予定だが、なんとかなんなかったらそっとしておいてほしい。

comment

Secret

2009.03.01.16:30

本は真ん中2つと七田だけわかります。(笑)
七田はオレンジカードついてますね!
これで高速視聴読できますが、次女論が強烈すぎて拒絶反応でちゃいました。(苦笑)
英語でやったらよかったかも。
ちなみにお経は、リズミカルなのでセロトニン分泌効果があるみたいですねー、セロトニンでリラックス→徐々に速度アップでいこうと思います。
意味のないもの、50音順に声を出していくとかも、そういう効果があるようです。
予断ですが、音読に興味持ったのは、アンドリュー・カーネギーによるものでした。
子供のころに詩なんかを暗唱(発表だったかな)させることがいいみたいにあったけど、シュリーマンは大人でもいけそうな予感をさせてくれるのでいいですね。

速聴は通常2~4倍速ですが、まとめスレとか見ると速度速いですねー。
このへんの感覚はどうでしょう?
斉藤英治氏やフォーカス・リーディング、神田氏の教材でも使われてるようなので、効果は高そうですが。

肥田式はちょっと逆説的ですが、正中心を崩そうと思います。
丹田を意識しやすい型でまずはやったほうがいいかななんて。
肥田氏はこっちだけでも脳力アップしてるようなので、正中心は丹田が意識できてからだとも思ったので、段階論的にやろうかと。
事実こっちだと、お腹に筋肉使った!という感覚があるときがあるもので。

ちょいとハイシンクタンクを改良してやってみようと思います。
改良っていうのは、ただ単にフィードバック効果が出るように組み合わせるだけなのですが。
イメージというより、感覚的に身につかないかなぁなんて。

2009.03.01.22:05

オレンジカードは以前から興味は持っていたものの全然やる気配もみせなかったので
、これを機に少し触れてみたいと思います。気がつけば春休みもすぐそこですし(明日まではテスト)、そろそろどういうトレをするのか、どう継続させていくのかについてのプランを練る時期になりました…!

文章のリズミカルさは考慮するのを忘れていました。確かにそういう意味ではお経は有効そうですね。昔の人がお経を大事にしていたのはそこら辺に理由が求められるのか、と個人的にプチアハ体験です。

速聴はKさんによると10倍くらいまではなんとかなるということだったので、トレーニング中は10倍くらいを聞き取れるようにしてみたいです。16倍も聴いてみましたが、正直何言っているのかたまにしか聞き取れません(笑)。そしてかなりの割合で推測が働き、結構違う内容を聞き取ってしまっている場合もあります。人間の認知って面白い。

肥田はずっと続けている割には聖中心とか全然意識したことなかったので、ヴァンさんのレポートを楽しみに待っています。というかきっと肥田式に関しての書物を僕も読むべきという感じがぷんぷんにしていますね。むー。

2009.03.02.00:10

オレンジカードは、才能ある人は正色が見れるらしいのですが、自分は補色の残像がせいぜいでした。(最初は数秒持てばいいほうだったなぁ)
あ、あんまり本は読んでないですが(右脳革命とか…)、図解の超右脳活用ノートか続編の超右脳スピード成功ドリル、波動速読の本(あんまわからないですが…)、ダ・ヴィンチメソッドの本(たぶん大丈夫なは、ず)のどれかが参考になると思います。
写真の本は高速視聴読ぐらいしか参考にならないと思うので、補助でどれか。

音読と緊張で検索したら、セロトニンがでてきたのでちょうどよかったです。
そういえば、フォトリーでもリズミカルにめくってなかったので、このへんはちゃんとやらなきゃですね。

速聴はそうですかー。
集中して聞くのはあれですが、ながら作業で聞けるようにしたいですね。

肥田式は、
http://kindai.ndl.go.jp/index.html
ここで春充で検索してみてください。(ネット社会すごい)
実験のほうをとりあえず読みました、大雑把にですが、かなり基礎的な情報が詰まってて有益でした。
丹田は、とりあえず横隔膜付近の緊張で判断してますので違う可能性もあるのですが(ただ通常より弱いっぽいです、横隔膜)これはすごい感じなのでちょっとこれを中心に見ていきます。
あ、でも中心力鍛冶術の下体ぐらいはなるべくやりたいと思います。

それと100冊おめでとうございます!
そういえば写真の左上がちゃんと見えなくて、ちょっと気になったり。

あ、そういえば質問サンドイッチとイメストって、負荷違ったりするんでしょうか?
って、以前書いてたらすいません。
一応ジーニアスコードではハイシンクタンクメインっぽいので、これが一番効果あるのかななんて思ったりする一方、自由なイメストのほうがよかったりするかなとか…。
まあイメージがでてくるまでは、強引にやって答えと一致させてフィードバックしかないですが。

2009.03.02.15:39

七田に関する情報ありがとうございます。春休みは思う存分できる(あくまで時間的にはですが)ので今までやったことのないトレーニングも積極的に試していきたいですね。

肥田氏に関してですが、ネット社会凄すぎますね。というか調べていただいて申し訳ありません。ありがとうございます。

左側のやつは頭脳の果てのCD版です。まださらりとしか聞いていませんが、ウェンガーってこういう声なんだなあと知ることができました笑。

質問サンドイッチは記述がちょっとわかりづらいのですが、おそらくイメストを介しませんよね?僕は封筒の前で即座にぱっぱっとイメージを3つくらい出して考えるようにしています。その際声は出しませんので、イメストのほうが負荷は大きいと思います。サンドイッチは特に脳に反応が起きるとかそういうものではないので、イメストの副産物という感じでしょうか。

フォトリーでリズミカルにめくるのが必要なのは僕としては意識を置き去りにするのに必要なのだと思っています。あんまりもたつくと意識に追いつかれるというかなんというか。

2009.03.04.00:05

あ、一応頭脳の果ては覚えてませんが、ジーニアスコードのハイシンクタンクでは説明をちゃんとするそうです。
そして、それを元に絵を描いて、そこから判断するんだとか。
1回あたりの時間は短いけど、これならあんとかなりそうですかね~?

2009.03.04.18:54

おーなるほど。
確かにそっちのほうが効果が実感できそうですね。
ただヴァンさんもおっしゃるように1回に使う時間が短いので、脳の反応に関しては通常のイメストのほうが上かと。
イメスト→能力アップ
ハイシンクタンク→ツール
という感じでいって組み合わせていけばわりかし無敵状態になると思います。
とりあえず僕も試してみます。
twitter
プロフィール

×÷

Author:×÷
はらわたに秩序。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。