スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第10回&第11回イメストボックス

2009.03.02.16:14

第10回のほうのやつで書き残したことと、第11回のちょっとした詳細。

第10回
見たイメージ
・以前のイメストで見たような、桜木町が出てきたので、以前と同じようにこうもりになって飛び回ってみた。
その結果、以前とは見え方が違った。また、映像が進んでいくうちにどっかのパーティー会場みたいなところにいって、そこでは人の動きがなめくじみたいで、皆歩いた跡に体液みたいなのがくっついているのが印象的だった。

思ったこと
・イメストをしていると突然イメージがジャンプすることがある。というかよくある。
後で想起するときにそこのところで詰まるのだけど、これを思い出すようにすることって自分の中のイメージ言語を読み取る能力を上げるっていうことに繋がるのではないか?
多分突然のイメージも本当に偶然出てくるのではなく、進んでいるイメージのその先のイメージとして出てくるんだろうし、だとしたらそれを時系列に沿って思い出すことで、より自分の深層からの意味が汲み取れる気がする。

第11回
印象的なイメージ
・蜘蛛の顔をしたサルが布団の中に入っている
・熊の口の中に入ったらアメリカンなハウス
・蝋燭の先に照らされるベッドの中に男女二人
・目玉がついた花束
・目玉がついたひまわりみたいな花
・首が以上に長くてグロテスクな鳥
・operatorとかかれたエネループの充電器みたいなやつ

Kさんのイメストを聴いているときに出てきたイメージ

・水着の幼女(このイメージのあとKさんも水着?の幼女を描写し始める)
・ハンバーグ
・トンカツ
・パソコンのキーボード
・戦国の武者のように迫り来る馬とジョッキー
・蒸しパンで作られた椅子
・水餃子のような袋の内側がカラフル
・鉛筆がぶらさげられている

Kさんのイメストも面白いイメージが多かったんだけど、特に誰もいない吉野屋なのに牛丼がずらーって並んでいるのがシュールで面白かった。

comment

Secret

twitter
プロフィール

×÷

Author:×÷
はらわたに秩序。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。