スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第12回イメストボックス

2009.03.09.13:48

先週無事に学校が終わったあと、まるでリア充のように忙しく(しかし楽しく)日々が回り始め、そしてその反動というか僕の不精が祟り日曜日はダウン。今起きていてやっとこさブログの更新に努められる状態。いやー先週は楽しいことが多かった。

なんか最近更新がこればっかりなんだけど、昨日またオフ会をやったのでレポ。
もうなんかオフ会っていう感じでもなくなってきてはいるけどまあそこんとこは…

大事だなあと思ったこと
・水泳。掲示板の書き込みによるとウェンガーが知能のを伸ばす上で2番目に大事としているのが潜水。
日本で潜水できるところというのはあまりないような気がする(特に夏以外)ので現実的に考えれば水泳だろう。
事実、水泳を続けているKさんも水泳は非常に薦められていた。なんでも最近もぐっているときは非常に気持ちよくて、それでいて視界が鮮明になるのだそうな。
僕は全然この習慣をもっていないので、是非取り入れたい。
・ジャグリング。Kさんはジャグリングの訓練も取り入れているそうなので僕もやらせてもらったが、確かに効果があるような感じがする。
ジャグリングに関してKさんが薦めていたのは「ジャグリングから始める脅威の能力開発」(絶版)という本で、これによるとトップダウン式とボトムアップ式の両方のプロセスが学習には必要らしい。
実際僕もうまくいくことをぼんやり頭に思い浮かべながら(=トップダウン)、最初はわざとミスをしてみて(=ボトムアップ)お手玉を始めてみたところ、ちょっとしたら急にうまくなったので驚いた。
残念ながらこの本は絶版とのことなので、おとなしく図書館の予約でも入れようかなと思う。

不思議に思ったこと
・イメストをやっている最中、久しぶりに脳の中でポワっという音が何回か聞こえたこと。
イメージとはまた別のとこで鳴っていたような気がするので禅病か?とも思うが、別にそこまでの不快感は感じない。ただ禅病は恐れておいて問題はなさそうなので一応運動も再開しようと思う。

感じ取った反応
・イメストは今回短めなやつを結構な回数行った。

・4回目のKさんのイメストを聞いているとき、ほとんど眠りそうになって机に顔を伏せて聴いていたんだけどそのとき脳内麻薬が結構分泌されて半覚醒みたいな状態になった。

・5回目で目が涼しいという現象が起こる。なんとなく目がよくなったような感じ。
また、このあとマスキングしてみたら凄い覚醒状態になった。マスキングだけでは駄目なときもあるけど、基本的に眠気にはマスキングみたいなもので対処できると思う。
対処できない眠気は必要な眠気ということで。

見たイメージ
・白い犬。かわいかった。

・数字とか文字を見ることがいやに多い。
たとえば「36.9という文字列の横に飛び散るミルク」。
何を書いているのかはわからないが、実際見てもよくわからなかったのでしょうがあるまい。
特に最初の頃は文字をイメストで見るということはほとんどなかったわけで、これは新しい変化の兆し。
また、それに関連して音楽ソフトっぽいやつとかなんかのメールフォームとかも出てきたことがあった。
Kさんに話してみたところ、それはポールブリッジ(脳内の結合)がうまく進んでいるのではないかとのこと。

・今までと違う奇妙なイメージ。
一時期見ていたシュルレア的なものとはまた違う、なんとなく違和感を感じるようなイメージがちらほらあった気がする。
自分の中でシュルレアのイメージは奇妙ではあるけど見慣れたもの(というのもおかしいが)であり、今回のは奇抜ではないけど今まで見たことがない要素が入っている感じ。

・巨大ギャング熱帯魚
熱帯魚カラーなのにでかくて怖かった。

・押入れが二つあって鏡像のようになっている。
鏡像は僕の中で一つの興味深いテーマ。だからかはわからないが何回も出てきた。

・生き物のような形のジェット機があって、両サイドにガラスケースに入れられたカブトムシの幼虫みたいなのが計2匹。

・逆U字型の学校。とっても大きくて普段見る学校のイメージよりなんとなく強かった。
これだけではなく、他にもがけの上の都市のようになっている学校とかも見た。

腹ばい
・今回はこれも混ぜてみた。

・やり方は今まで僕がやっていたつま先で蹴るやり方ではなく、純粋に這うというもの。
しかしこれは結構注意が必要というか、足の推力を使うよりも純粋に体だけ使ったほうが効果が出ている気がする。

・反応としてはゆっくりと脳の奥のほうで起こっている感じ。

日常で感じている成果
・僕はこの間のオフ会から今回のオフ会まで、なんか日々が凄い楽しいなあと思った程度だったが、Kさんは如実に効果を感じていた様子。実際のところ、今回Kさんの取った学業成績はオール優だったそうな。

キネシオロジー
最後に「パワーかフォースか」という本で紹介されているキネシオロジーテストをやってみた。
これが非常に面白い。

やり方としてはまず腕を一本前に出す。
もう一人の人がそれを2本指で下に押す。腕を出しているほうは力を入れてなるべく耐える。
これだけなんだけど、そこにちょっとした変化を与えると面白いように力が出なくなったり、逆に力が発揮されるようになる。

たとえば最初にLOVEという文字が書かれた紙とHATEという文字が書かれた紙を作ってみる。
それで中身がわからないようにシャッフルし、1枚選んでみぞおちに当てる。
んでもう一回さっきのように腕を下げてみると、HATEだと面白いくらいに下がる。LOVEだとあまり下がらないか、下がっても力の入っている感覚というのが感じられる。
実際僕とKさんがやってみても面白いように結果が出たので、暇だったらこれは是非チャレンジしてみるべき。

その後僕らはそれを応用して本に対してやってみた。
そもそもキネシオロジーのこのテストは、そのもの(概念、物質)がもっているパワーの量を測定するものということで、実際読んだことがないものにも使えるという代物。
僕は最初この点で非常に懐疑的で、たとえば先ほどのLOVE or HATEテストは質問サンドイッチのように考えれば当たり前といえば当たり前の結果だったけども、無意識的にも読んだことがないものに対して本当に威力を発揮するのか?という点は非常に疑問だった。
それは今でも多少腑に落ちないところはあるのだけど、それでもものはためしということで前向きな懐疑主義者ぶりを発揮してやってみたわけだ。

そしたら驚くべきことに、実際ものすごい力が入るものと入らないものが綺麗にわかれたのである。
これは本当に驚くべきことで、たとえばパワーかフォースかとか頭脳の果てとかはかなり力が入った。
これらは僕が読んだことがある二冊なので僕のイメージが力に作用しているとも取れる(というか僕の常識だとそっちのほうが現実的だと思った)が、たとえば読んだことのない本にやってみても違う力の入り方になるのはちょっと説明が難しい。
表紙とかその人で判断しているのだろうか?と思っても、ちょっとそこのところはよくわからない。

かなり多くの本で試してみたので全ては覚えていないが、どんな本が良い結果が出てどんな本が悪い結果が出たのかはまた暇ならアップしてみたいと思う。
ちなみに苫米地のものは大したことがなく、一番悪かったのは「反転」という本だった。CDだとニルヴァーナとかはかなり低めのパワーになったが、口が悪い歌手でも力が入りまくったやつとかもあったので、単純にそこだけが判断基準じゃないらしい。僕はそもそもそこら辺の歌手についてはよくわからないのでKさんの意見を頼りにしか判断ができないが。

comment

Secret

2009.03.11.00:52

音読は時間がかかってしまうので、ほかの事と折り合いがつかずで、かなりタイムマネジメントに失敗でした。(笑)
あれはそのうち短期集中でやって、それを維持できるように、ぐらいがいいかも知れません。

肥田式もそういうわけで、2日とか間が開いてたりしますが、衰える感覚はないところがいいですね。
あ、そうそう。
お腹を丸めるについてですが、感覚が得られるときとそうでないときがあって、得られない場合にのみこっちでやってます。
慣れると腰使うので十分ですが。
といいつつ、胃に圧力がきてるっぽいので失敗かなぁ?(胃もマッサージされる感じであってたりし、ないか)
もっと下腹部に落ちるのかな?
一応棒を使う下体だけは大丈夫そうなので、こっちだけにしとくか、迷い中だったり。(汗)

キネシオロジーやられましたか!
いやー、あれは二人じゃないとできないのでなかなか…。
一人でできるといいのですが。
本のリストなんかは気になります!
苫米地氏はあんまりですか…。

お久しぶりです

2009.03.11.08:44

こんにちは、おひさしぶりです。

イメストボックスのほう順調そうでなによりです。
しかし読書の量、半端じゃないですね。
私は頑張っても1冊あたり平均で4・5時間、週に1冊しか読めないですよ。
1冊10分ペースで情報を吸収し続けたら、どんな領域にいくのだろう。
すごく興味があります。

ところで、潜水やマスキングって重要なんだなと改めて思い知りました。
うまく説明できないんですけど、やってると何かしら違いますね。
訓練を一時停止して数週間経ちますが、安静時の心拍数が減ったような。
ここらへんで、脳への栄養供給能力の発達を、客観的に測定できる気がします。
あと、日本人はお風呂がある分、有利かもしれません。
毎日の習慣に潜水の練習を組み込めますから。

それと、イメストの効果なのか、想起できる映像の濃さが上がっています。
景色が写真のように焼きつく率が上がっているというかなんというか。
これもうまく説明できないのですが、奇妙な感じです。
3月の後半には日本に帰りますので、また情報交換とかしましょう。
それでは。

2009.03.11.13:32

>>ヴァンさん
トレーニングをする上でタイムマネジメントは本当に重要だと実感させられますね。
ところで、なんだかここ数日非常に寝起きが悪いというか、今日なんか気付いたら12時間近く寝ていたのですが(特に途中で起きた記憶もない)なんなのでしょうか…やることが特にないとこうなるのか、イメストとかの影響もあるのか…?

肥田式に関しては僕も模索中なので体験談を書き込んでいただけると助かります。確かに始めればまたすぐに効果が出始めるのがとてもいいですよね。合っているか合っていないかの判断は僕の場合脳の反応、それから力を入れているところの反応、丹田らへんの反応を見ています。なんとなく青白っぽいような反応が来るときが成功なのかなと。まだまだ修行中なのでこれでいいのかはわかりませんけど。

キネシオロジーは周りで興味ある人がいたら是非誘ってみてください!キネシオロジーを知らない人でも効果が出るのにはちょっとびっくりしました。本のリストは次の更新くらいであげますね。そこで述べますが、苫米地氏のは多分200よりちょい上くらいなのではないでしょうか(正確には測っていませんが)。

>>ウズラさん
お久しぶりです、お元気でしょうか?

ウズラさんが読書に時間がかかるのは以前おっしゃったようにすぐにアウトプットが思いついてしまうからではないですか?僕は最近読書をしている際にそのモードを封じている(アウトプットように遅めに読み返すことはありますが)ので時間がそれほどかからないのかもしれません。
あと、無意識で情報を入れてしまうことに関しての危険性ですが、キネシオロジーである程度対処できるのではないかと楽観的に考えはじめました。あれ、楽観的すぎる気もしますね。

潜水とかは間違いなく重要なものだと思います。
僕がウズラさんほどその効果を実感できているかはちょっとわからないですが、確実に脳の調子が上がるのを感じます。

イメストの想起の濃さですが、凄いですね。話を伺う限り、もう映像記憶とかもすぐそこのような気がしますが……また新しい月に入るとウズラさんもお忙しくなるでしょうし、是非三月中にお会いしたいです。

では引き続きお楽しみくださいませ。

2009.03.11.13:36

今日半日近く寝ていた理由ですが、昨日の深夜に出されたパンケーキを食べたのがその主原因にあるような気もしてきました。空腹のほうが人間起きますよね。

2009.03.11.18:11

特にフリーな時間でのタイムマネジメントは難しいですよねー。
行動科学でも、仕組みづくり自体が面倒だったり。(苦笑)
という具合なので、無意識にできるか、楽しいか、やるとむしろ活力がでてくるトレーニングを独自に編み出すのが重要かも知れません。
マスキングというか息止めぐらいはなるべく意識しておいたほうがよさそうですね。(イメージ見える以前だからわからないkど目を閉じてるとき明るくなるので刺激があるかも)
睡眠時間は、寝る前に食べるとだめですね。
細かいことを見ると、ほどよく疲れるほうがよく眠れるけど疲れすぎると寝すぎたりと、ややこしいです。

肥田式は、う、うーっと息を吐くと、胃に圧力がかかってます。
武道みたいにえい、やー、みたいなのは下腹部にかかりますね。
で、こっちでやっていいものなのか、迷いますね…。
と書きつつ実験したら、1つ仮説が。
足を程よく曲げる、曲げすぎない。
最近結構曲がってたんですが、これが失敗のようです。
仕組みはわからないけど、バランス的な問題で胃にいっちゃうのかも知れません。
まあ、ちょっと研究してみます。
身体論で言えば、活元運動は正座でやるものですが、立った状態でやったらすごいゆれて面白かったです。
腰周りが筋肉痛になったり。

キネシオロジー、個人的にというか能力開発系は一通り見ておきたいですねー。
頭脳の果ては高いようなので一安心ですが、信頼してたのが極端に低かったら痛いですし、レベル的に参考にしたいななんて。

2009.03.12.00:56

色々な本の読み方があって、それぞれに対応した形で知識は積みあがるんでしょうねー。
理想的は、速読から熟読までを一通り極めて、
自由に緩急をつけられるようになることかな。

想起の濃さと解像度なんですが、もう1年くらい前から、
あと少しで写真記憶できるんじゃね?と思い続けてますが、
どうしても一線を越えないんですよ。
少しずつ上達してる気はするんですが・・・
専門的な訓練が必要なのかなあ。

それにしても、キネシオロジー面白そうです。

2009.03.12.10:52

>>ヴァンさん
フリーのときがフリーということ自体が思い込みという気が最近してきました。楽しく仕組みづくりをすることが必要で、そのためにはある程度自分用にカスタマイズをする必要が確かにありそうです。

肥田式に関してですが、僕の場合なんとなく下がるような感覚があるんですよね。呼吸を下に押し付けているからかもしれないのですが。これでいいのかはわかりませんが、とりあえず効果が出ているので様子見ということで。足に関しては普段あまり意識していなかったので次やるときによく観察してみたいと思います。
立った状態でやってみるというのも実験的にはとてもおもしろいですね。

キネシオロジーですが、能力開発でいえば高藤さんの著作がそれほど高くなかったような気がします。全ては覚えていないので今度K氏に会ったときに照らし合わせてみたいと思いますが、あとはトニーブザンのほうがシーリィよりも高かった記憶がありますね。あれ、おんなじくらいだったかも?
そこら辺は結構団子だったような気がしますが、パワーかフォースの人の著作や頭脳の果て、ヒンドゥーの経典などは別格だったように記憶しています。

>>ウズラさん
確かに様々な読み方が出来るようになるというのが一番望ましいですねー。僕は読んだだけで湧き上がるようにアイディアが出てくるということがほとんどない(一方通行的に読むことが多い)ので、そういう経験を積んだほうがいいように思えます。

しかしウズラさんの映像精度に関してですが、そこまで取れるなら速読など余裕のように思えますね。何か速読法とか試されたことはありますか?率直に、僕としてはその能力がうらやましいです。

キネシオロジーは面白いので是非今度一緒にやりましょう!

2009.03.13.16:22

あー、ちょっと不安だったので質問サンドイッチとハイシンクタンク読み返してきました。
質問サンドイッチはほんと、イメージを3つ出してそれで分析でしたね。
ハイシンクタンクは視覚イメージを絵にして書き出してから分析でした。
あ、でも頭脳の果てではハイブリッド手法だったか、そういうのがあるみたいなので、イメストできるならこっちがいいかも知れません。
質問サンドイッチ→イメージを出すじゃなく10分間イメスト→分析。

フォトリーに関しては、小説1冊だけでしかやってないのであいまいですが、口でかしゃ、かしゃといいながらやると個人的にはよかったです。
理由はたぶん、10倍本のプレゼントDVD見たからで、天才を借りる出DVDに出てる神田さん、そして神田さんがかしゃっとつぶやいてたからかも知れません。
まだSR&Dはやってないのでなんともですが…。(SR&Dはスキタリングばっかだったのでなれる必要もありそうですが)
ただやっぱ、SR&Dは抵抗が強いですねぇ…やる気が…。

肥田式、初期のは鉄アレイを持ち上げる型に近かったりしますが、そこから体のいろいろな部分を同時に動かして最大効果を得られるようにしてるので、関係なさそうなところも結構重要だったりするっぽいですねぇ。
読書だとまさにフォトリーが近いかな?
いろいろな理論がつめ合わさってる感じで。
フォトリーはまだ、本を読む本の内容だ、NLPだとわかりやすいけど、肥田式は体験によるフィードバックでかなり改良してるのでレベルが高すぎますね…。

高藤さんは…あ、イメストスレがある仙道系の人ですかー、こっちは知識ないので、んー…。
ブザンさんやシーリィさんは200は超えてるんですかね~?

2009.03.15.03:00

ないものねだりというか、隣の芝生は青いというか。
僕からすると意図的にインプット・アウトプットを止めたり、速読してもきちんと意味が入ってくることが羨ましいですよ。

僕の場合、速く読むこと自体はできるのですが、表面的な意味と要・不要の区別はついても、理解まではできないし、ほとんど後に残らないです。
あと、単純に考えることが好きなので、情報収集よりも思考を促進する媒体としての読書のほうが楽しい=持続するし後に残る、っていうのはあると思います。

それと最近は、ラインやコメントを書き込みまくったり、要約を作成したり、レバレッジ・リーディング(シンキングとかと同じシリーズの本)にあるような、緩急をつけて読む・大事な部分を抽出したメモを作成する・メモを携帯してその内容を実践し続ける、っていうのに凝ってます。

というわけで、速読やフォトリーディングなどスピードを上げる読書法の習得は、興味があるものの後回しにしている状態ですね。
それより、遅くてもいいから一冊の本の行間を深く読んでゆく方向を極めてみようかな、と(弱点克服よりも長所を伸ばすという観点)。

読書のしかたも人それぞれで面白いですね。
自分の癖を生かしつつ、他の人のよい部分を吸収できるといいなあ。

2009.03.15.12:32

横レスですが、ウズラさんならフォトリーできそうです。
あ、速読というよりは情報処理技術と捉えるとわかりやすくて、脳に質問して無意識で検索して該当ページを見つける、みたいです。
ということなので、レバレッジリーディングのより無意識を利用した読み方になると思います。
まあスキタリングはほとんどレバレッジリーディングですが。
とりあえず必要な情報を抽出して、その後に考えが浮かんだら随時メモ、かな?(ちょっとこのへんは前後させたり工夫できるかも知れません)

あ、脳に変化があったので一応報告です。
昨日の夜ハイシンクタンクを5つの質問でやってみました。
イメージ不鮮明だからかなり強引なのですが。(イラストぐらいのしょぼいイメージに人だと下半身だけわからなかったり、色がすぐ変化したり…)
あ、ちなみに昨日はフォトリー(活性化まだしてない)と丹田呼吸法(違うかもだけどお腹に空気が入って肥田式より温まった)あたりをしたので、その相乗効果かも知れませんが、小説1冊読むぐらい目を閉じてたら明るくなりました。
やっぱウェンガーすげーと思いましたよ。(笑)

追記
いい感じの本ではSR&D無理でした…。
読みたい欲望が…ということでスキタリングというか拾い読みを50分ほど。
SR&Dに向いてる本探しからやってみようと思います。
ちなみに質問を5つにしぼってハイシンクタンクしたのでした。(笑)
結果は、そこそこ読み取れる、かなぁ?
スピードは速めの速度で均一にというところが、バイクでジャンプしてるイメージで、勢いかなぁと思ったけど誤差の範囲かな?

2009.03.18.09:46

お返事遅くなりました!

>ヴァンさん
カシャ、カシャと言いながらやるというのはいい手法ですね。組み込んでみたいと思います。
SR&Dですが、もしかしたら読むときは専門書などのほうが良いのかもしれません。文語的修辞句はほとんどありませんし、その分自分に必要な情報を迷いなく取れるような気がします。

肥田式もフォトリーディングもまさにハイブリッドですね。なので、ある程度慣れてくると効果が出るのが当たり前のような気がしてきます。こんだけ詰め込んでいるんだから効果出るだろ、みたいな。

キネシオロジーですが、両者とも200は軽く突破、400とか500とかそんなもんではないでしょうか。ただ、この間三人でキネシオロジーテストをカラオケボックスでやってみたところ、見事に成果がランダムだったのでもう少しキネシオロジーに関しては調査の必要がありそうです。

>ウズラさん
長所を伸ばしたほうが良いというのはまさにその通りですね。苦手科目はいかんせん効率が悪いですしセルフイメージの低減に繋がることも多いように思います。

速読に関してですが、読む際に僕が行っていることはウズラさんのレバレッジメモにかなり近い感じです。僕はそこに自分の考えたことなどをあまり書き込まず、取り入れる情報も結構適当に書いてしまっているのであまり時間がかからないというのもあるのだと思います。自分で考えたことを本に書くということは一時期やっていましたが、最近はまったくやっていない感じですねー。一回読んでそのままにしている本の中で、これは面白いなあというやつにやってみようと思います。

>ヴァンさん(2)
僕も特に意識していないと余裕で1時間くらいかけて読んでいます。むしろ最近は30分以内に読み終わることがあまりないような気がします。最近SRS速読についての本を読んで興味を持ったので、フォトリーディングのその先のレベルにまで今年ぐらいまでに行けたらなあと思います。

ハイシンクタンクは面白そうですね。僕もやってみます。いつもどうもです。

2009.03.19.06:39

>>ヴァンさん
なるほど、フォトリーは検索として捉える、ですか。アドバイスありがとうございます。
出来るかどうか判らないですが、試してみたいと思います。どれくらい当たるんだろ。

>>トマトさん
メモありでもそんなに早く読めるんですか!
だとしたらもっと凄いな。

2009.03.20.23:05

というより、メモがあったほうが速いというか、僕はメモなしだと不安になって逆に遅くなるような感じがあります。そこら辺を振り切れていないところがまだ駄目なところだと思いますが……

そろそろウズラさんもお帰りになる頃だと思いますが、また帰ってこられたら情報交換をしましょう!

2009.03.21.08:28

書くと安心して次にいけるっていうのはありますね。私はそういうの、別にダメではないと思いますよ。

明日の飛行機で日本に帰ります。
色々と収穫があったので、お披露目するのが楽しみです。

2009.03.21.21:00

収穫ときましたか!
どのような実りがあったのか今から聞くのが楽しみですね。
是非お待ちしております。

僕としてはこれからもウズラさんたちとは末永いお付き合いをしたいと思っていますので、会える機会というのは大切にしたいものです。
twitter
プロフィール

×÷

Author:×÷
はらわたに秩序。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。