スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食育に関するブレスト

2009.04.03.13:50

ブレストにつき、いつも以上に文章が散漫になっている警報。

前回の、はてなに載ってた食に関するエントリーへ記事を書いたところ、どうやらニセ科学なんじゃねーのとか知識よってるんじゃねーのとか、色々と突っ込みが入ったらしい。

僕も結構ああいう記事を無批判に読んでしまっていることもあるのでその点はとても反省させられるのだけど(別に元記事を全否定する気は今でもさらさらないが)、同時に誰か有識者が「これニセ科学だよ」って言ったのを信用してそれに乗っかるだけ、というのも同じくらいよろしくないのでは、という気持ちも持たされた。いや、まあこれも僕のことなんだけど。

勿論、別に元記事に対するレスポンスが全て間違っているというわけではなくて、というよりはむしろ大体において正しいのだろう。ただ、僕はそもそも「いつか不食で生きられないかなー」とか考えている人間であり、もはや栄養素うんぬんを超越してあからさまに”科学的”でないことをしようとしているので、僕の立場はそういうときにほぼ役に立たないというか、蚊帳の外というか。

不食(に近い人)だって数十人例がいるだけで、科学的に詳しく検証されたわけではさらさらない、そういうところに興味を持ってしまっている僕はかなり強い意味でニセ科学的な人間なのかもしれない。やべーゲーム脳とかマイナスイオンとかを笑ってられなくなってしまった。学校のエッセイもニセ科学で書いたのに。

あと、これに関連してマクロビオティックに関することもちょっと調べた。前は「ふーんこういう思想もあるんだねー」程度で流していたのだけど、もうちょい見てみると結構ニセ科学認定を受けているということが判明。
現行の食生活が正しいとは僕もまったく思わないし、そう思っている人は他にも大勢いるのだろうからマクロビオティックを過剰に妄信してしまう人が出てきてしまうのかもしれない。マクロビオティックの要素の中では普通に大切なことも書かれているから、そこら辺だけを個人の判断で抽出して活用することが求められるのだと思う。これはマクロビに関わらずそうで、何かを信じる・信じないの0か1的な考えこそが諸悪の根源なのだろうし。って、こういう口実が何かにはまらせるきっかけを与えてしまっているというのもその通りだけど。まあ結局はリテラシーが求められるよね、ってことで落ちつかせるしかないのかな。

ちなみに不食うんぬんは置いておいて、僕の基本的な姿勢はやはり「フィットフォーライフ」に寄っている。いわゆる朝は果物(あるいは食べない)、炭水化物とたんぱく質の同時摂取をやめる。野菜食え。
…まあ全然出来ていませんが。

まだ日本ではあまり有名でない&姿勢がソフトなので批判はそこまで見たことがないが、実際これにも色々と反論はあるのだろう。ただ、全然徹底して出来ていない身としてもちょろっとやっただけで効果は普通に感じるし、こういう食生活からいわゆる一般的な食生活に戻したときの倦怠感がすさまじいので少なくとも僕の中では効果があるのではないかと結論づけることが出来るだろう。

んーしかし、他人に何かを薦めるのって難しいなー。言葉がはみ出すと速攻で叩かれるし、もういっそのこと他人に何も言わずに自分の中だけで完結させたほうが正しいのかもしれない。少なくとも、いわゆる科学で実証されたと言われているもの以外は不特定多数に宣伝するべきことではないのかも。

comment

Secret

2009.04.03.15:34

んー、マインドマップぐらいはともかく、フォトリーや肥田式は疑似科学に入ってると思うので、もう実体験を元にこれは自分に効果があったので他の人も効果あると思いますよー、ぐらいでいいんじゃないかと(^^;
いや、肥田式はある意味本来の科学的なんですが(当時のダ・ヴィンチとかも)、今の科学はなんだかなーという感じなので疑似科学になっちゃうと思います。(聖中心は除く、中心は物理の法則なのであると思います)
不食は、青汁だけなら栄養素豊富そうだからわかる気がします。
1日1食事に関しては、玄米とか栄養素が豊富なのと、この理論によってですね。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/living/health/185837
これだと、今日朝食べた菓子パン2個ですでに800キロカロリー、成人男性で2000キロカロリーが最適でその6割とすると1200なので、1日の2/3をすでに摂取したという計算に…。
説明するときはもう、自分は効果があった、だから他の人にも効果がある可能性はあるかも知れないよ、だめだったら他の試してね、ってとこでしょうかね。
科学的だと、まず医学的に調べないといけないような…そうするとますます実践の時間が削れちゃったりで、んー。
逆に言うと、なってから科学的に検証したほうがいいかもってとこですね。

あー、寝るの好きだし、夢も面白いので、ますます二度寝の状況になってるんですねぇ。
これはやばい…。

Re: タイトルなし

2009.04.03.16:55

擬似科学は扱いが難しいですよね。
疑似科学にも色々で、正直もうちょっとカテゴライズを進めたほうが建設的な意見が交わせるようになるのではないかと思います。

実体験があるから~というのは本当にもうその通りで、プラシーボがあることからもわかるように、完全に今ある理論だけを信じて他のものを否定すると、そこまでの効果しか得られないわけで、正しさよりも効果を重視する身分としては疑似科学といって全てばっさり切ってしまうのはもったいないような気もいたします。勿論科学の有用性というのはそこそこわかっているつもりですし、日常的に僕も疑似科学を糾弾するポジションにいることもあるのでバランスの取りかたが問題ですが。

カロリーについて、僕は今まであまり気にしたことはなかったのですが、確かに菓子パンなどの威力は半端ないですね。僕自身痩せ型でそこまで食べることに執着することはないのですが、家に菓子パンなどが置いてあるとついつい手にとってしまっています。

僕も寝るのが好きなので困ったものです。そういえば、40代くらいになったら急に睡眠の質が変わって、あまり寝なくても大丈夫になったという人の話をちらほら耳にします(有名どころだと荒木ヒロヒコとか)。あれはもしかしたらシータ波とかも関係しているのでしょうか?40くらいになると完全にアルファ波優位になって、脳の可塑性がなくなるという話を立花隆辺りから聞いた記憶があります。

twitter
プロフィール

×÷

Author:×÷
はらわたに秩序。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。