スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.95 すごい!メモ術 「ビジネス力」をアップさせる達人たちの手の内を盗め!   中島 孝志

2009.04.03.20:16




読書時間:忘却

これも結構前に読んだ本。
色々な人のメモ術が書いてあるけれども、僕は手帳を用いないのでそこら辺のところはあまり参考にならず。今のところスケジュールは携帯のやつで間に合ってしまっているし、メモをするならRODHIAとか普通の無地のメモのほうがマインドマップ取れるし図も見やすいしで使いやすいのではないかと思っているので。とはいえ、こんだけ使用者がいるということは手帳の利点というのもいっぱいあるはずで、機会があったら良いとされている手帳を使ってみるのも良いのかもしれない。

この本で大事だと思ったのは二点。ところで、今これを書く際にメモ用のマインドマップを見直しているのだけど、このときの僕は大事なところをきちんと別の色でくくってくれているのでとてもわかりやすい。これからはこういう風に、特に関心したところは目立たせるようにしたいと思う。

脱線した。大事なところは
①あらゆることを明確化させること。たとえば成功したこと、失敗したことなどを色わけなどで区別して、一目で分かるようにしたほうが良い。
②メモを取る際には、数字や固有名詞、データを大事に取っておいたほうが良いということ。僕は特に中身の内容さえわかれば細かいところは切り捨ててしまうことが多いので、この点にははっとさせられた。確かに他人を説得するときに数字が実際にあるとないとでは全然効果が違う。この点、僕が観客として出ていた「激論2009」のときの勝間和代さんは偉いと思う。かなりの話で実際の数字を使っていて、それを根拠として話を進めていた。僕もデータをうまく扱える人間になりたい。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
もし良かったらクリックしてみてくださいな。

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

Secret

twitter
プロフィール

×÷

Author:×÷
はらわたに秩序。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。