スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肥田式成長日記

2009.05.08.01:52

ここ数日非常に楽しい事態になってきた。
こういう思いをすると、やっぱり自分で率先して行動するというのは良いことなのだなあという風に思う。
それなりに予期せぬ被害を蒙ったりもするから全ての面でよいとはいえないけど、でもやっぱり変化を求める僕としてはそうありたいなと思う。

さて、僕がやっていることの一つに肥田式という健康法があるのだが、昨日今日と結構な前進があった。
太極拳をやり始めた影響なのかもしれないが、自分の体に対して以前よりも敏感になった感覚がある。
そのため色々と問題点が発見しやすくなったのかもしれない。

すこし改善をしただけでかなり効果が変わることに驚く。
人間の体は繊細だけど、完全なアトランダムというわけでは決してない。
自分にとって正しい位置とはどういうところなのかを探りつつ、よい状態を保ち続けていきたい。

comment

Secret

2009.05.08.17:49

おお、太極拳とかの武道はすごそうですねー。
肥田氏の経緯は筋トレ→武道から気合応用→中心獲得→武道も強くという流れなので、独学でももうちょいちゃんと調べたほうがよさそうですね(^^;
そういえば発生は低い声のほうが足まで響きましたー、確か発生ないの気合がいいとあったような気がしますが…。
ことたまというよりかは声の波動ですね、まあ高い音よりかは低い音のほうが振動すごいのは、映画音響で体感できる通りです。(体感通してのほうが実感わきやすいけど、発想使うよりもこれで最近後手後手に回ってる気がする…)
そしてやっぱ、肥田式やると体温が上昇するのでいいですねー、しないと冷え性なんでこの時期でも寒気がするぐらいでやばかった…。

イメージハイハイは、相変わらず効果すごいです、なぜか。
一応状況としてまとめると、
・右側の側頭葉が張ってるのがすーっとなってきた。
・一部脳があったかくなってきた。(歩きかうんていか忘れたけど)
・寝ながらハイハイしてると後頭部に血液がばーっとくるのが実感できた。
ということは、もともと不器用な上に(遺伝的に器用そうなのに…)あんまものづくりしないからこの部分の脳が退化して張ってる感じに→ハイハイの刺激で血流改善かな?
ただ単にイメージトレーニング効果で右脳が活性化してるだけかも知れませんが…。
あと、イメージ限定で効果が感じるのは、ひょっとすると集中(リラックス+集中か)してるからかも知れません。
肉体トレの場合も、こういう状態でやってこそ効果がありそう、だから考えずに、というのが重要なのかも。
あ、脳の実感は張ってる状態の原因が特定できないので、なんとも言えません。
普通に感じられるようになっただったらうれしいな、という前提で上書いてます。(笑)

あ、イメージ腹這いは相変わらず効果ないです(^^;

それから、頭脳の果てがまた新しく、アインシュタイン・ファクターとして販売されるようです!
今回は神田昌典&勝間和代絶賛とあるみたいなので売れそうな予感…発売前までにイメスト習慣化させたいですねー。
あ、1冊本読んでたけど、久々にフォトリー抜きで普通読みしてました(^^;
このへんは音読のせいで、普通読みしたい衝動が強くなったのが原因かも知れません。(普通読みはともかく音読はやっぱ実感得やすいので)

2009.05.09.06:39

肥田さんはかなり全方面に手を出しておられる方なので、彼の編み出した方法以外にもやったほうが彼によりいっそう近づける気はしますね。今のところ授業で取っている太極拳と肥田式くらいしかタッチはしませんが、何か良いのがあったら見てみたいと思います。

発声は普段僕はしないのでどういう効果が出るのか興味深いです。僕は声が低いのですが、そういうのも何かトレーニングに影響が出るのかな?気になります。

張ってある感じってなんとなくわかります。なので多分それが脳を感じるということの第一段階なのだと思います。ヴァンさんの体内感覚は僕にはわかりませんが、なんとなく脳の中がメルトダウンするような感じではありませんか?つっかえていたものが溶けるような。ハイハイで効果が出て腹ばいじゃよく出ないのもおもしろいですね。

そして頭脳の果てがついに再刊(というか3回目)されるのですか!これで少し盛り上がりそうですね。勝間和代さんの本が絶賛する本が多すぎて(笑)最近拾いきれていませんが、何か付属のものが変わったりするのでしょうか。気になるところです。

2009.05.09.17:49

体育理論は色々と調べてみたいですねー。
山本さんのはささっと読んだら、ジムかよーと思って閉じちゃいました。(ぉぃ)

つっかえてたのが解けて、広範囲になりました。
後頭部や頭頂部もですね。
そして、脳が暴走してる感じが…具体的に言うと熱いかも、あと重たいような、そしてもわもわ感、あと暴走してる感じで眠りにくいかも。
肩こりと影響があるのかも気になるところです。
過去の掲示板漁ると、頭痛とかもあるそうなので、たぶん脳に急に負荷がかかったせいかな??(普段ぜんぜん使ってないところだし)
あ、トマトさんの症状も具体的にできたら経緯を教えてもらいたいです。

アマゾンはろうと思ったら長すぎた…。
まあアインシュタイン・ファクターで検索すると一発ですねー。
今回はデザインがシンプルでいいかもー。
変わってるところはなさそうなので(たぶん)購入する必要はなさそうですが。(帯見るぐらい?)
むしろまえのほうがCDあったからお得??

2009.05.10.00:18

あーそうです、最初の頃のことはその頃の日記を見返さなければ詳しく覚えていませんが、一部範囲にしか効果を感じなかったことは覚えています。

重いと熱いというのは自律神経でも最初のほうに来る感覚ですよね。僕も多分最初はそこから始まり、ちょっと気持ちいい感じだったのですが、しばらくして塾の講義などで頭痛(ただし普通の頭痛と違い、脳の中での血管が気になる感じ)がはじまりました。それが嫌だなあと思っているとあるとき脳の中がメルトダウンするような感覚になり、それが気持ちよさに変わったときがあったように思います。また、トレーニングをやめてある程度すると頭痛に近い反応も止まりますが、やり始めるとまた起きます。それと、同時期だったかは覚えていませんが、水流のような冷たい川が流れるような感覚、脳内麻薬がどばーっと出るような感覚もおき始めました。そういえば最近は水流のような感覚は以前のようには起きていないので興味深いです。
今のところざーっと思い出せる限りですが、脳の中の反応について特に初期の頃に起きたことを書いてみました。参考になればと思います。

アインシュタインファクター、見ました。特に変わったところはなさそうですね。頭脳の果てというタイトルは結構好きでしたが、こちらのほうが
シンプルでいいかもしれません。

2009.05.10.00:40

あー、最初のこの重たいのと熱いのは、自律訓練法の最初で逆に言うとあれはこれを意図的にやってるのかぁ。
脳はないですがね。(おでこは冷やすはずなのに)
腕もちょっとかんるだけじゃなく、こんぐらい激しくなるまでやらないとだめなんですねー。
頭痛に入るかはわからないけど、張ってる感じとちょび痛いぐらいのもあるかも知れません、軽く。
メルトダウンか水流かはわからないなぁ、有る程度いったら広範囲が張るようになりました。
脳内麻薬はたぶん、まだなってないと思います。
お、なんか似てる感じがするので大丈夫そうですねー。
前に速読訓練で目の神経がごりごりするようになって怖くてやめたので、そっち系だと怖いなぁと思ったけど、逆に目のほうもこれと同じで進化の途中だったかも?(でも怖いなぁ、あれは)
今のところ脳内ハイハイだけ10分ぐらい(?調べてないのでわからないけど)だけで暴走しちゃうので、やり過ぎない程度にしばらくはこれ中心になりそうです。(他もやれたらやりますが)

2009.05.10.22:56

自律訓練法が意図的にやっているというのは面白いですね。そうかもしれません。

張っている感じ、思い返してみれば僕もあったような気がします。
そのまま続けていてばそれが融解するようになりましたので、今張りを感じているところはほぼ全ていずれもっと感知できるようになる(あるいは血流量そのものが増えている?)と思います。

暴走という感覚がどの程度のものなのか興味があります。
何事にも集中出来なくなってしまうほどなのでしょうか。
twitter
プロフィール

×÷

Author:×÷
はらわたに秩序。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。