スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.119 本田直之 「レバレッジ勉強法」

2009.05.09.00:28




読書時間:20分

再読。
朝に時間があるときはお風呂に入っているときなどに再読をすると良い感じに習慣の中に組み込めるので、試してみても良いと思う。

さて、今まで再読性という単位で星をつけてきた僕だったのだけど、再読性だとなんとなく誤解を生みやすいかな~なんて無駄に考えてしまったので、これからは再起性という言葉を使っていこうと思う。
別にどっちでも良いとおもわれそうだしそもそも再起性自体も造語なんだけど、僕の☆をつけるときの物差しである「この本の内容を何回くらい自分の考えや生活の中でリピートするだろうか」ということを表すのにはこっちの言葉のほうがふさわしい気がしたのだ。
いやー毎度変更の多いブログですみません。

この本の内容であるが、再読してみたところ目に付いたのは以下のこと

①男も家計簿をつけよ
僕は金銭感覚面がとても弱い。夏は色々と海外に行きたいのでお金をためたいのだが、いつの間にか銀行の預金通帳に悲劇が起きている。
これらのことを改善するにはまず可視化しなければならないのはすなわち道理であって、であるならば僕が今まっさきに買うべきなのは家計簿的ソフトなのである。

②大人の勉強には予習は必要ということ
僕が大人かどうかは難しい問題であるが、少なくとも大学の勉強を楽しむためには予習がかかせないと思う。
高校までの学習で予習などまったくやらず、しかもつい最近までそれを誇りに思っていたくらいの信じられないキング・オブ・バカである僕でさえもそれは認めなければなるまい。
実際本で読んだ知識が教授の言葉で言い換えて再生され、それについてフィードバックを返すことが出来るというそのループは驚きを通り越して感動的な人間の知的プロセスですらある。

③理解するためにはその本を何回も読めうんぬん
フォトリーディングの心得があるのでそれはよくわかっていたことなのだが、ものぐさな僕はそれを暗記方面に活用させたことはなかったので、そのことについて触れているこの本には多少なりとも刺激された。

④英語の学習素材
読んでいたときはこれやろうかなと思ってチェックしておいたのだが、よく考えたら英語の素材について触れている本は他にも大量にあるのでこの本である必要性はあまりないかも。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
もし良かったらクリックしてみてくださいな。

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大人のための勉強法だが、身につけるのは早いほうが良い:レバレッジ勉強法

2009.05.20.00:10

レバレッジ勉強法作者: 本田直之出版社/メーカー: 大和書房発売日: 2007/09/25メディア: 単行本(ソフトカバー) 時間の少ない社会人を念頭に置いた勉強法の本。 ただし、本書の神髄は中高生にも使える上に、早く身につけるかどうかでその後の効率が一変するところがポ?...

comment

Secret

twitter
プロフィール

×÷

Author:×÷
はらわたに秩序。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。