スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

潜水してきたよー

2009.05.12.23:30



この本に潜水が脳に良いと書いてあるもんだから、うっかり今日はプールに潜水をしに行ってしまった。
まあ潜水(というかCo2トレーニング)が頭に良いのは明確たる事実ということぐらいは知っていたので今までじゃあなんでしてなかったの?っていう話なのだが、それはただただ単純にめんどくさかったからである。水着用意するのだるいしー、そもそもジムまで行くの糞だるくね?みたいな?(渋谷にいるギャルへの街頭インタビュー)

また、うちの学校は一人でプールを使ってはならないというルールがあって、これも潜水を始める上での大きな障害だった。
泳ぐのには最低でも3人は必要で、役回りとして想定されるのは一人が救助する役、一人が助けを呼びに行く役、一人がおぼれる役である。
正直実用面からいったら二人でも良いのではないかと思うが、大学としての立場を考えた場合は3人という数が妥当なのだろうと思う。
そして残念なことに僕はその”妥当”の前に無様にも敗北を喫していたのである。

しかしながら、ここで転機が訪れる。
なんとICUに水泳部が出来たのである。
しかも創設者の一人である友達に尋ねてみたところ、もぐっているだけでもアリだというではないか。
これは基本的に運動系のサークル・部活があまり活発でないICUにおいて革命的なことであり、日本を代表する革命児(になる予定)の僕としてはこのような革命的な流れに乗らないわけにはいかないのが勿論であった。

まあ正直に告白するとこの水泳部が出来たのは確か去年で、そのときは非常に軟弱な理由で水泳部に入るのを拒絶していたので別に最近その存在を知ったわけではなく、この間Shock&Hearts(僕が入っているサークル)に水泳部の女の子が入ってそのツテでというのが僕が水泳部に参加してみるにいたった革命的には程遠い理由である。

んー、まあ、とにかくぐだぐだ書いてしまったけど、久しぶりにした運動はやはり楽しい!の一言に尽きる。
今日参加していたメンバーがまたナイスガイたちで、っていっても僕除いて二人しかいないしうち一人はもともと知り合いなんだけど、彼の素晴らしすぎる指導により僕は水深5mにもぐっても耳が痛くならない技術を楽々と習得することが出来た。
なんでも耳抜きと呼ばれる基本中の基本な動作らしいが、そんなこと今まで知るよしもなかった僕にとってはやはりこれも革命的な出来事である。
というかそもそも水に深く潜ると耳がマジ死ぬほど痛くなるということも革命的すぎる出来事であったのだが、僕という人類はそれを克服したのである。
いやーでもマジ知らずにもぐろうとしたときとかうまく耳抜きが出来てないのに石抱えてもぐったときとかは死ぬかと思った。鼓膜破れる。

で肝心の成果だけど、他のトレみたいに脳の反応に注意深くなってられなかったので正直今一やっているときはわからず。
最初の頃は5mのほうにもぐらず、せいぜい2m程度のところをもぐっていたのだが、そのときは大体1分ちょいくらいは息を止められていた。
すごい久しぶりに水の中ではしゃいだので、これからどんどんとタイムを伸ばしていきたい。
また、このときにイメージはいはいをやってみたが、あんまり余裕がないからなのか特にそこまでの効果を感じることはなかった。

今度入るのは(知り合いがいないと微妙にもぐってられない僕的には)友達のいる来週の火曜日ということになる気がするが、ちょっとずつ入れる機会を増やしていって、夏休みか秋学期には集中してもぐっていられるような状態にしていきたい。終わり。

comment

Secret

twitter
プロフィール

×÷

Author:×÷
はらわたに秩序。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。