スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.129 安藤 治 「心理療法としての仏教―禅・瞑想・仏教への心理学的アプローチ」

2009.05.30.20:54




読書時間:1時間

イメージストリーミングをやっているとどうしても東洋的思想を意識せざるを得なくなってきて、もともと東洋にはあまり興味もなかった西洋かぶれの僕(まあICUに入るくらいだし)もついに本書のようなものに興味がでるようになってきた。といっても、この本は西洋的な視点から見た東洋という感じなので、正確には僕の思考パターンは全然西洋的なものに侵されているわけではあるが。

さて、この本はタイトルの通り、心理療法にいかに仏教的なアプローチ、思想が有効かということを示している。もしかしたら一部の人には突飛な内容に映らなくもないのかもしれないが、もともとイメストや肥田式などをやっているだけあって、すんなりと理解することが出来た。

特に、仏教とは関係ないところだがユングが「積極的連想法?」(正確な名前は忘れた)とやらを提唱していてそれがイメストにものすごい似ている。
もしかしたらウェンガーも明言しているのかもだけど、イメストの源流というのはユングにあるのかもしれない。
また、このことからイメストの精神両方的なアプローチとしての有効性も垣間見えることが出来る。

それと、僕は瞑想というものの全体像をまったく把握していなかったのだが、この本を読むことでとりあえずこういう手法を土台にしたいくつかの種類の瞑想があるよと理解できたのはすごいよかった。特に普通にイメージする瞑想とヴィッパッサナー瞑想の意義が自分の中ではっきりして、ヴィッパッサナーという単語を初めて聞いたのは去年の終わりくらいだったかと思うけど、自分の中で興味が出てきた。
結果として、何か嫌なことがあったときなど自分の内部観察に努めるようにもなった。今度イズモさんみたいに寺にでもいって1週間くらいこもってこようかな。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
もし良かったらクリックしてみてくださいな。

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

Secret

2009.05.30.22:43

はじめまして。少し前から拝見させてもらってます。

ヴィパッサナー瞑想とマインドフルネス心理療法はとてもよく似ていますよね。

昨年、ヴィパッサナーの10日間コースを受けに京都のセンターへ行ったんですが、修行の内容はもちろん、沢山の変わった人達と出会うことが出来て、とてもよい経験が出来ました。

2009.05.31.00:09

はじめまして!
見てくれてありがとうございます。


ヴィパッサナー瞑想の10日間センターに参加されたされたとは良い経験をされましたね。
確かに集まる人もただ事ではなさそう(笑)なので時間的に大丈夫そうならこの夏にでも体験してきてみたいと思います。

何度もすみません

2009.05.31.12:38

それは素晴らしいですね。

もし行けそうでしたら、可能な限り早く、希望の日程を予約されることをおすすめします。
夏休みは大人気なためキャンセル待ち必至なので;

あと、コース中はヴィパッサナ以外のあらゆるトレーニングを並行して行えませんので、その点も考慮されるとよいかと。


既にご存知でしたらすみません。どうしてもお伝えしたかったもので。

今後ともご健勝で。

2009.05.31.21:12

いえいえ、お構いなく。

キャンセル待ち必須とは知りませんでした。まだ僕があまり知らないからだと思いますが、まさかそこまで希望者がいるとは、という感じです。お伝えいただいてありがたく思います。

トレーニングが並行して出来ないのはちょっと痛いですね。ただ、それをするだけの価値はあるような気がいたします。色々なことを比較検討しながら考えたいと思います。

教えていただいてありがとうございました!
twitter
プロフィール

×÷

Author:×÷
はらわたに秩序。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。