スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対話179 堀 紘一『できることから始めよう!―「自分の価値」を高める知恵の出し方』

2009.07.16.20:16




読書時間:25分

●僕にとって初堀紘一氏の著作としての本書
堀紘一さんについて僕はほとんど知らない。かろうじてボスコンの代表取締役社長ということを知っている程度で、今まではその考え方に触れたこともなかった。ということで、本書は僕にとって初めて
の堀紘一著作体験となるわけである。

●さすがコンサルのトップ
というべきなのか、そもそもそういうバイアスがかかっているからそう思うのか、書いてあることは非常にシンプルにまとまっているけれども、今まで読んだ自己啓発とは多少違う角度からの意見が散見され興味深い。たとえば「歴史・哲学・心理学を学べ」という台詞は現在哲学と心理学を学んでいる僕を勇気付けてくれるし、今まで多少軽視していた(というわけではないが相対的に勉強の少なかった)歴史に興味を持たせてくれるきっかけにもなった。また、仕事をするときのメンタルとして多少の不快感があったほうが良い仕事が出来るというのも今まで考えたことのなかったことなので参考になる。

●どのように自分を演出し、どのように創り上げていくか
また、本書で指摘されていることで「めったに全力を出すべきではない」というのも新鮮に聞こえる。ようは余裕を持てということだと思うが、今まで全力でやらなきゃ……と何事にも罪悪感を感じていた(のにも関わらずあまり全力を出した感覚がなかった)自分としては多少励まされる。とはいえこの本は主に30代の読者を念頭に書かれた本だと思われるので、現在20そこそこの若造である僕がこれをそのまま受け取るのは多少ダメかもしれない。

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

Secret

twitter
プロフィール

×÷

Author:×÷
はらわたに秩序。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。