スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.191 P.F.ドラッカー 『経営者に贈る5つの質問』

2009.09.19.08:01



読書時間:20分

最近自分の合う人種が変化したことにより、自分自身の夢などもちょこちょこ変化していっている。
2年の頃は特に多くの人に会う機会がなかったということもあり、「自分は将来研究者とかそこらへんに進むのだろうなあ」と漠然と考えていたが、最近は会社もありなのかなと考える。
といっても一般的な会社だと僕の場合窒息死することは間違いないように思うので、なにか別の仕組みを考える必要はあるのだが。

この本は会社やプロジェクトを考える上で、シンプルに5つの質問を投げかけてくれている。
ドラッガーが言っているだけで発生する妙な安心感と、まとまっていることでことあるごとにこの本をチェックしやすいというのが最大のポイントだと思う。
その意味でこの本は一読しただけでその価値を判断するのではなく、何回も見直していって真の価値が発揮されるのだろう。

ちなみにドラッガーの5つの質問とは
・われわれのミッションは何か
・われわれの顧客は誰か?
・顧客にとっての価値は何か?
・われわれにとっての成果は何か?
・われわれの計画は何か?

というもの。
原点を忘れないように、頭にとどめておきたいと思う。

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

Secret

twitter
プロフィール

×÷

Author:×÷
はらわたに秩序。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。