スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

快適睡眠のすすめ

2008.12.12.07:45

快適睡眠のすすめ
堀 忠雄 (著)



睡眠研究会を近々始動する、ということで今睡眠関係の書物を読み漁っている。
その中でもこれは情報の密度が高くかなり得だなと感じた。
結構ちょくちょく指摘されているけれどこの本でも「シエスタ」の重要性があり、そこら辺は知っていたけど著者の提言が面白い。

それは日本人は20分あるいは80分の昼寝を2~3時くらいの間に取り始めるべきである、というものである。これはその人の睡眠満足度によって使い分けるべきらしい。通常20分でいいがどうしようもないときは80分寝たほうがいいか。

ちなみに夜になってから昼寝を取るのは好ましくなく、一時間を越える昼寝の習慣を持つ人はアルツハイマーになる可能性が上がるらしい。

他にも色々と面白い記述があったので、頃合を見ながら抜き出していきたい。
ここらへんの詳細は後日睡眠研究会としてまとめるつもり。

theme : 読書メモ
genre : 学問・文化・芸術

comment

Secret

twitter
プロフィール

×÷

Author:×÷
はらわたに秩序。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。