スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対話204 齋藤 孝 『頭がよくなる思考法 天才の「考え方」をワザ化する』

2009.09.21.21:51




個人的読みやすさ:A (非常に読みやすい)


ふたたびソフトバンク・クリエイティブ様からご献本いただいた。
これで合計3冊いただいてしまったわけで、こんな場末のブログなのに申し訳ない気持ちでいっぱいだが、送っていただいたものはありがたく読ませていただいた。

んで、読んでみてまず最初に思ったのだけどこの本は素直に面白い。
天才の「考え方」をワザ化するという表題に加えて、斉藤さんが身体論を得意としていることもあり、結構色々なところで興味が重複しているような気がする。

以下、面白かった点をネタバレにあまりならない程度に列挙。

①いかに視点を新鮮に保つかということ
目新しいものを見てしまっても、人間それになれてしまうものである。
しかし、別の視点を導入することによって新しい側面は現れてくるもの。

僕も今までなんとなく習慣的に外国人の視点でこの風景を見たらどうなるだろう?ということはやっていた。
けども、多分それだけではなくより多くの視点をもったほうが、多面的に、より色濃く風景を、状況を捉えられるのだろう。

②身体性の大事さ
心身二元論ではまるで心と身体は分離しているようだけど、もう当たり前になってきたようにこれらは繋がっていてお互いに影響しあっている。
当然、身体の調子がよければ精神に良い影響を与えるし、逆もしかり。
ただ、この視点は現代においてはある部分で無視されてしまっているということを斉藤さんは指摘している。

これはNLPの考え方にもあるのだけど、実際何かをやるときにちょっと身体性を加えるだけでパフォーマンスは大きく変わるそうだ。
また、観客を相手にプレゼンをするとき、教室全体でストレッチのような運動をしておくと、とたんに笑いが起きるようになるという。

また、肥田さんについての著作だったとおもうが、スピーチをするとき最も大事なのは姿勢であるということが書いてあった。

身体性ってのは理屈ではわかっているようなつもりでも、特に頭が真っ白になるような場面ではついつい忘れがちになってしまうものである。
そうしないためにも、日ごろからいかに心がけておくかがとても大事になるのだろう。

③自分にノーを出されても平気な人間になること
この本で書かれていることの中で、現在の自分がもっとも困難に感じていることがこれ。
なまじ成功体験があったりして自信がついてくると、自分自身を否定することにとても抵抗を感じたりするようになる。

実際、否定される経験ってのは辛い。
しかし、否定されなければ変わることは難しい。

ここで書くまでもないくらい当たり前のことであるけど、読んでいる中でそれが出来ていない自分を改めて自覚させられた。

自分でいかにダメだしをするか、そして他人からのダメだしをいかに受け入れるか。
これを解くひとつのキーとなるのが、まさに天才の考えをワザ化する、つまり自分の中に役割をつくり、ダメだしをされているのは自分の人間性ではなく、あくまでその役割だということを徹頭徹尾体感することだろう。

自分の中に役割を、まるで枝を生やすようにつくっていく。
それはなんとなく、呪文生成のプロセスにも似たものを感じる。


非常に読みやすい本でありながら、その中の話には納得させられるところも大いにあった。
読んでよかったと思える本。

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

Secret

2009.09.22.11:05

おお、またすごい量!
このへんでまとめといて。

ひととっちの本のところの、イメージで読むっていうのは面白そうですねー。
もうちょいイメージ力がついたら実践してみたい。(小説時間かかる…)

ヨガで記憶力が…は気になります!
どの行法ですかね?
ってまあ、ヨガはあんま詳しくないのですが…。(気功のほうが知識的にはマシですが…)
んー肥田式、もうちょっとちゃんとやったほうがよさそうですねー、でも姿勢とかやんとは教われないのが難点ですね(^^;
あ、スピーチの姿勢は肥田氏の本でした、名前忘れたけど。

日本神話はあんま読んだことないですが、最初の子供が蛭子なあたり、かなり特殊ですよねぇ。
結構気になりますが、まずは日本神道の元ネタらしい荘子あたりから調べたいなぁなんて。

この本は気になってたので、タイムリーでした。
あ、でも読了時間がなくなっちゃったのはちょっと残念…。

神田さんの講演会のレビュー、期待してます。(笑)

2009.09.23.00:01

ヨガは確か一番古いタイプのヨガだったかと思います。
ただ、それはサジェストペディアの前のバージョンで用いられていたもので、現在はヨガは様々な事情により使われなくなったそうです。

日本にいると日本神話より西洋神話のほうが触れる機会多そうですよね(笑)

読了時間は迷ったのですが、そのときの都合で結構変わるのでこちらのほうが目安になるかなと思ってこちらにしました(というのは、最近うみねこをプレイしながら本読んでいるので……)
ただ、読書時間もあったほうがよさそうならそちらも載せますね。ありがとうです。

神田さんはまだいくと決めたわけでは(笑)
でも、行くのだとしたら簡単にレポは書きたいと思います。
twitter
プロフィール

×÷

Author:×÷
はらわたに秩序。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。