スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日いいことが起こる夜の習慣

2008.12.14.10:04

明日いいことが起こる夜の習慣
中谷 彰宏 (著)



12月14日読了。
以前朝の習慣に関する本を読んだので、夜の習慣もついでだから見直してみるかと思い手にとってみた。

この本で一番参考になったのは肩甲骨に血が溜まりやすいので、寝るときにバンザイなどをしてめぐりを良くしたほうがリラックスに繋がるという記述。今まで僕はそういう着眼点を持っていなかったので素直になるほどと思った。

あと睡眠研究会的には、部屋の電気を完全に真っ暗にすると本当にばっちり眠れるという記述もおお、という感じ。僕はいつも寝るとき扉の下から光が入っているので、それを布か何かでガードするといいのかな?
僕は寝つきには特に問題はない(横になると本当にすぐ寝てしまう)んだけど、もしそれが睡眠の深さに繋がるようならば嬉しい。

・自己啓発系の内容ではって被っているのも多いのだけど、この本に入っているそれらの中で自分が自戒したいなと思ったのは「悪口をたたかない」というところ。
最近僕はこの点をとても重視しているけど、ついちょっとした時とかに口をすべりそうになってしまう。
僕自身悪口ばっかで盛り上がるという空気が好きではないので、この点は改善していきたいなと思った。

・そのほか、ベルトはズボンをたたむ時にきちんと外して、休ませてあげることが大事だという記述にはうなずかされた。確かにベルトも休ませてあげたい。

theme : 読書メモ
genre : 学問・文化・芸術

comment

Secret

twitter
プロフィール

×÷

Author:×÷
はらわたに秩序。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。