スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対話320 メンタルへルスは地域化される

2010.03.28.12:47




本橋 豊, 渡邉 直樹 『自殺は予防できる―ヘルスプロモーションとしての行動計画と心の健康づくり活動』


個人的読みやすさ:A
読書時間:20分


 健康教育とは知識や理解力を増加させることにより、個人に健康増進にかかわる能力を賦与することである。健康増進における擁護に健康リテラシー(health literacy)ということばがある。健康リテラシーとは、より良い健康のレベルを維持増進させるための知識や社会的な技能(スキル)のことを言い、健康リテラシーを高めることで必要な情報を理解し活用することができるようになる。(p.168)


 対話というよりはインタビューに近い読書第2弾。メンタルヘルスというものを考えているとなんだかんだ自殺とかに結びつくのだけど、この本は日本における自殺というものを把握する上でよく出来ていると思う。僕は今まであんまり自殺というトピックに興味はなくて、せいぜい高校生くらいの時に『完全自殺マニュアル』を興味本位で読んだ程度でしかかかわりがなかったのだけど、こうしてデータだとかその他の情報に向き合っていると、以前よりも自殺というトピックに対して親しみをもてるというか、当事者意識を持てるようになるから読書は面白い。実際の人間の会話でそれを受け取ったほうが刺激は数倍もあるだろうけど、生憎僕の周りの人間は楽天家ばかりなのでそういう人間とそこまでめぐり合わない、ということも今まで自殺というトピックに真剣に向き合ったことがない理由の一つなのかもしれない。

 さて、本書によれば、というか類書にはどこにでも書いてあるけど、現在メンタルヘルス医療というものは地域化、社会化されるというのが世界の流れのようだ。
 日本は結構メンタルヘルス世界の中では特殊というか、日本ほど精神病棟がにぎわっている国もないし、社会的に彼らを補助しようとする活動というかシステムが整っていない国も先進国ではないのではないかという感じなので、個人的にはこの点いまいち現実感が沸いてこない。
 ただ、とりあえずメンタルをやんだら病院へいって、どうしようもなくなったら精神病院にそのまま拘置する、という流れは多分改正されるべきなのだろう。なにせ精神病院への滞在日数の平均は、日本は世界各国で見てダントツ1位(300日ほど)で、2位の韓国とも200日以上差が空いてしまっている状態なのだから。

 自殺の大きな理由はなんだろう?それはやはり精神的な受け皿となっているものへのアクセスの難しさがこの国にあるのだなあと思う。宗教というシステムは例えば他の国においてはもっと普通のことというか、いや留学生に聞くと最近結構駄目だよっていう話も聴くけど、とりあえず比較して日本よりは自然に受け入れられていることだろうと推測する。アメリカとかテレビ宣教師とかいまだにやってるしね。
 だけど日本においての宗教の立場とかはかなり低いというか、白眼視されてしかるべきものみたいに扱われているので、宗教に逃げ込むことも難しい。かといって精神科とかは最近改善傾向にあるとはいえ以前としてハードルが高く、そこにハードルの高さを感じないにしてもメンタルヘルス的なリテラシーが欠如しているので、自分も周囲の人間もそれに気づかないということがよく起きてしまう。特に自殺者数がはじめて30000人を突破したときなんかは社会の不景気などによる中高年の自殺が大きく貢献したといわれているけど(ちなみにその年以来、自殺者数が30000人を切ったことはない)、そこにはメンタルヘルス的なリテラシーの欠如、つなわちメンタルヘルスが自分のものとして降りてきていないということが問題として挙げられるのではないだろうか。

 そしてその問題を改善するため、メンタルヘルスという概念が隔絶されたものではなく、地域化されるというのは非常に効果的なことである、と僕は思う。まず自分の物事と認識されるためにはそれを分業的に完全に切り離しては駄目なのだろうし、一人一人のタスクというか考えることは増えてしまうけども、やはり最低限の知識や態度というのはこれから全ての人が身につけていく必要があるのだろう。地域化は単純にアクセスしやすくなるというシステム的な側面だけではなく、僕らのメンタルヘルスに対する態度にも変化を及ぼすようになるに違いない。

 

comment

Secret

twitter
プロフィール

×÷

Author:×÷
はらわたに秩序。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。