スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対話335 ポストイットされた空間

2010.07.07.06:04




個人的読みやすさ:A
読書時間:20分


 人にはそれぞれ、時間密度の高い場所、高い時間帯があります。
 私の場合、それは朝のバスルームであり、タクシーの中であり、近所のスターバックスです。(p.176)


 最近、空間のデザインだとか、その空間が持つシンボル性についてものすごく興味関心意欲が高い。
たっかたかたかたかたかたかたかた高い興味関心意欲態度を空間のシンボル性に対して持っている僕は、自分の部屋でまともに学習することがいかに難しいことかということにちゃんと気付いている。

 僕の部屋の中で今まで行ってきたことを考えればよい。
僕は今までほとんど自分の部屋でまともなことをしてこなかった。
これはすなわち自分の部屋に対して「まともなことはしませんよ」というラベリングを貼っていたということになる。何年も、何時間何分何秒かけて、丁寧に丹念に「この部屋ではまとも以外のことをするのですよ」ということを自分の身体に刻みつけてきたのだ。
 そんな僕が、その怠惰の象徴である実家の自室に帰って一体何をすることがあるというのだろうか?答えは絵に描いた餅ならぬ、絵に描いた怠惰そのものである。多分僕の部屋には怠惰の象徴であるベルフェゴールが大量に住んでいるに違いない。嫌な世の中になったものです。

 反対に、自分が一番作業効率がいいのはどこか思い浮かべてみると、それは圧倒的にカフェである。なんだかちょっぴりおしゃれな横文字を使ってしまって少し申し訳ないのだけれど、事実一番効率が良いのだからしょうがない。
 今思えば昔昔、現在よりさらに尻が真っ青かつ顔面蒼白だった時代の僕は、カフェとかで高い金を払って勉強する人のことを信じられない人だと思っていた。正直軽蔑していたといっても過言ではないし、特にスタバなどバカ高い(当時基準)ところで勉強している人はどこの貴族階級のブルジョワジーたちなんだろうと思っていたりもした。怒れる庶民であった。

 今でもスタバが高いという指摘は持ち続けているわけなのであるが、僕のカフェに対する見識はしかしながら今になってすっかり変わってしまった。哀れな僕はついにおしゃれマジョリティに屈するという結末をたどり、しかし作業効率自体は上がっているので特に後悔はせず、ニュー速民っぷりの手のひら返しを披露しながらカフェに足しげく通っている。すでに僕にとって、カフェ=勉強をする場所というラベリングが貼られているのである。

 自分は今まで環境に対してどのようなラベリングを貼ってきたか?それは剥がせるものなのか?剥がすべきなのかそうではないのか?そこらへんのことを考えると、僕の世界には色々なものが貼りついていて、こびりついているのだなあと思う。多分貼ったことをずっと忘れてしまっているようなものは、ノリがすでにべっとりとくっついていて、今はがそうとしてもなかなかうまく剥がれず汚い痕が残ってしまったりすることもあるのだろう。人生にはイソプロピルアルコールによる塗装剥がしが必要。

comment

Secret

twitter
プロフィール

×÷

Author:×÷
はらわたに秩序。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。