スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対話339 文系人間がアメリカの大学院に行くということ

2010.07.10.15:53



個人的読みやすさ:B
読書時間:1時間


 また、ときどき、原稿の棒読みよりはもっとダイナミックな発表のほうがよいからといって、ポイントだけを書いたノートをもとにアドリブで発表する人がいる。これには私は大反対である。特に母語でない言語で話す場合は、どれだけのことを話すのにどれだけの時間がかかるかという検討がつきにくい。(pp.181)


 ↑基本的になんでもアドリブでこなすことがとても多い僕にとって、ものすごい勢いで自戒したくなってしまう文言。そうだよねー。

 僕も将来的に教授にでもいっちょなってみっか!と気軽に考えていた人間の一人であるので、このような本はも物凄く参考になる。専門は違うけど文系用のであるし、他の留学本が割と理系とビジネスばっかりの中、こういう本の存在はなかなか貴重である。ちなみに筆者の専門はアメリカ文化史とかであるらしい。

 この本を読むと、自分のキャリアプランについて否が応にも考えさせられる。
僕はそもそも今自分の専攻はなんなのかを4年にもなって考えている不届き者なわけなのだけど(やりたいテーマは決まっているけどアプローチがわからない)、もしその後アメリカに留学をするという選択肢を選んだしたらを考えた時の、具体的で現実的な側面がこの本から伝わってくる。アメリカ留学もなかなか色々大変なんだなあとなめてかかっていた僕は少し反省しました。。。

 とはいえ、この本からアメリカ留学する価値も伝わってくるのは事実。ポスドク問題とか、そういうことも踏まえて自分が研究者ルートにいくか否か、あるいは研究者にならないとしても将来やりたいことにこの時間の投資を生かすことが出来るか、そこらへんの方向から自分の将来を考えていきたいところ。

comment

Secret

twitter
プロフィール

×÷

Author:×÷
はらわたに秩序。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。