スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕と左利き

2008.12.20.10:13

ICUにはTheme writingという授業がある。
一部の学生には非常に恐れられているらしい。トラウマ持ちもいるそうだ。

内容は割とシンプルで、学期の間までに英文で10枚くらいの研究論文(もどき)を書け、というもの。
英文だと今まで僕は5枚を越える枚数を書いたことがなかったので、その点チャレンジではある。
ただ、今までとは違いテーマの設定を自由に出来る。
これは楽しい。
あまりに楽しすぎてしばらくの間ずっと自分のテーマが決まらなかったのだが(単に資料がなさそうなものをテーマにしがちだったというのもある)、先日やっとこさテーマが決まった。

「左利き」に関してである。

より正確に言えば混合優越性(クロスドミナンス)と創造性の関係について、というのが目下のところ主題になりそうな感じ。
左利きというより混合利きと言ったほうが正しいか。

混合優越性とかいっちゃうと凄い難しそうなテーマに聞こえるけど、ようは「人間右利きと左利きに分かれるけど、そんな単純なものじゃないよね?」っていう問いかけと、「左利きは創造的って言うけど左利きにも種類があって、その中のどの要因が創造性に結びついているのかな?」ってのが主なテーマ。

左利きってのは多分本人があまり認知していないケースも含めると結構な数がいるのではないかと思う。
実際僕自身もペンもはさみも包丁も右だ。ただ運動系の能力はほぼ全て左だし、目も足も左利きではある。
こうした混合具合がどのように認知に影響を及ぼすのか?非常に興味深い。


ということで左利きとか混合利きとかに関する書籍・ブログ・DVD・小説その他もろもろでこれ面白かったぜー!!ってのがあったらプリーズテルミー!!

theme : 雑記
genre : 学問・文化・芸術

comment

Secret

twitter
プロフィール

×÷

Author:×÷
はらわたに秩序。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。