スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝にフルーツを食べるということ

2008.12.20.10:32

僕は今様々な習慣を生活に取り入れるべく色々と実験を繰り返している。
最近続けていた短眠に関してもそうだし(これは今のところ僕の何かを根本的に変えないとちょっと無理が出てくるかなーというのが結論)、メモの取り方にしてもそう。
その中でもかなり継続してやっているのがこの「朝にフルーツを食べる」という習慣だ。

これはもともとフィット・フォー・ライフという本を読んだことがきっかけで始めた習慣。
実際やってみて、これは確かに素晴らしい効力を発揮してくれるなという実感がある。

フィットフォーライフの理論全体を説明すると長くなるので記載しないけど、掲示板の書き込みで結構まとまっているものがあったので抜粋。

★★★実践 短時間睡眠法★★★

朝食は取ってますか? だったら、すぐにその行為をやめてください。
朝食信仰は嘘です。
資本主義経済が生み出した、政府と企業、 そして医学界の罠です。
本当は食べない方が(生の果物だけはOK)長生きできるのに。
知ってた? だから、老人の糖尿病(ぜいたく病)や医療費が毎年増えていくんだよ。
こんなに医療が発達してるのに病人って、減るどころか増えてるでしょ。
すべては飽食のせい。
とにかく、日本の栄養学はウソだらけだから、覚えといて。
病人に「食べないと体力付かないよ」というのも大ウソ!点滴で対応可能。
脳はブドウ糖しか使わない。
余計、早死にする。
ウソ教えないと、製薬会社も医者もおまんまの食い上げになるから、 栄養士や政府と結託しているのです。
食べ過ぎるから、みんなヨボヨボの晩年になるんだよ。
食事は昼→夜→朝にウエイトを置いてください。
朝は新鮮な果物だけはOK。
ただし、熱を加えたり、加工したものは酵素が消えるから絶対ダメ。
カラダにも悪いです。
そして、大切な約束は生の新鮮なものを空腹時に食べる事。
そうすれば、胃を 30~60分で抜け、腐ったり、発酵したりせず、体が老化しません。
食後のデザートは本当は厳禁です。
何故なら、前に食べた食事(ごはんなど) は胃に3時間も留まるので、その間に発酵して大事な栄養素が腸から吸収されず、 脂肪になるから。
だから太るのだよ。
だからちゃんとした食べ方と時間を 守れば、ぜったい太りません。
そして、永遠の美も享受できるのです。
そして絶対に動物性タンパク質(お肉類、魚)と炭水化物(白米、白パン) を一緒に取らないでください。
急激のインシュリンが上昇して、 眠くなります。
砂糖は眠気を誘うのでなるべく、嫌取らない方がいい。
できたら、はちみつだけにする。
(ただし、60℃以上の熱を通すとダメ) これは、いつでも守るべき鉄則です。
野菜とお肉、野菜と魚。
とにかく、食べる時間と組み合わせが大事なのです。
これはいわゆる苦しくないダイエットにもなるのです。
それも、知らない間に5kgはストンと落ちます。
(経験者です) 人間にとってもっともエネルギーを消費するのは実は消化運動です。
いっぱい食べた後に、牛のようになり何もしたくなくなりますよね。
当然の結果なのです。
ハードなスポーツ並みにエネルギーを 消費しているのですから。
勉強は空腹の時が一番頭に入るという事実を知っている人は少ないです。
とにかく、牛乳も体にはよくないので、(無糖のヨーグルトはまだいい。
) 水分は新鮮な果物から取るようにしてください。
いろいろ言いたいのですが、 食べ過ぎるとそれを消化するのに 時間が掛かるから睡眠時間がいくら長くても体がスッキリしないのです。
とにかく、前日の夕食の栄養素は翌日のお昼までは腸から吸収できる ようになっているので、朝食は必要ないのです。
中国のスポーツ選手はこの方法を取っているので強いのです。
日本のスポーツ選手(特にプロレス、相撲などの人の食事法は 本来、自殺行為なのです。
なので晩年は長生きできず、悲惨です。
) 食事法は人間の総べての思考を変えていくのです。
頭も冴え渡ります。
睡眠も確実に短くなります。
睡眠とは内臓器官を休める行為なのですから。
樹海で迷子になっても、10日は水だけで生きていけるのも、 人間が空腹に耐えれるような体にできているからです。
その代わり、大食いにはめっぽう弱く、(大食い選手権などは 本来バカげた行為なのです。
あの人達も晩年は一気に体に来るでしょう。
) 栄養ドリンクもほぼ役に立ちません。
栄養分に目がいきがちですが、 それよりも多くの科学薬品で熱殺菌していることの危険性の 方にもっと目を向けるべきです。
企業はイメージで商品を 売っているのですから。
売れればいという考えです。
詳細は「ライフスタイル革命―私たちの健康と幸福と地球のために」という書籍で勉強できます。
600ページぐらいの分厚い本だけど、世界で1500万部のベストセラーで 日本にも翻訳版が入っているのですが、国の圧力であまり売れてません。
こんな事実が白日の元にさらされたら、ダイエット業界や医者は 大損害だからです。
日本の今までの教えが いかに愚かだということを教えてくれる内容です。
私はこの本で価値観が変わりました。


引用:http://www.頭が良くなる方法.net/bbstanmin2.html

実際には僕らの生活においてこれら全てを実行するのは難しい。
本の中では炭水化物とたんぱく質の同時摂取はダメー!とか言われてるけど、特にベジタリアンでもない国である日本においてそれをするには相当気を使いそうだ。

なので僕自身も特にその点は守っていない(出来たら守るくらい)のだけど、比較的継続していることの中に冒頭に出した「朝にフルーツを食べる」があるのである。

とりあえずそのわかりやすい効力として、体重がすとんと落ちるというのがあげられる。
僕は男なのでべつに嬉しくもなんともないのだが、余計な脂肪が落ちたと思えば健康には良さそうだ(ちなみに特に痩せすぎるという状態にはならないのでご心配なく)
また、朝フルーツを取ると(特にパイナップルで)非常に強い覚醒状態にもっていくことが出来ることも実感できる。デメリットとしてはお金が多少かかるということと、家族と一緒に朝を食べる場合気まずいということ。それから最初のほうに出る好転反応がちょっと厄介ということくらいか。

まあなんだ、とりあえず僕が言いたいことは、この習慣には一定のメリットはあるのでいい機会があったら身に着けてしまっても良いと思うということだYO!

theme : 自己啓発・能力開発
genre : 学校・教育

comment

Secret

twitter
プロフィール

×÷

Author:×÷
はらわたに秩序。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。