スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対話375 池上 彰 『伝える力』

2011.09.17.20:51




読書時間:20分
個人的読みやすさ:A


何かを調べるときには、「学ぼう」「知ろう」という姿勢にとどまらずに、まったく知らない人に説明するにはどうしたらよいかということまで意識すると、理解が格段に深まります。理解が深まると、人にわかりやすく、正確に話すことができるようになります。
(p.22)


 「誰か」の視点を意識してなって物事を見るということは万能のスキルであり、ある意味学習の本性でもある。

 以前、僕には「外国人になりきったつもりで街を歩いてみる」という習慣があったんだけど、これをしたときに見える街の斬新さは非常に面白い。
 受け取れる情報量が格段に高まるし、そこでは何か変な意味づけが発生したりもする。

 上記の引用にあるような、何かを発信する際に自分が受信する側になりきってみるというのも非常に有効であるだろう。
僕は残念ながらあんまり今のところ自分の書いたブログをちゃんと見なおすという習慣がないんだけど、これもたとえば渋谷らへんにたむろしてそうなギャルの気持ちになりきって文章を見なおしてみれば、その読解難易度の下落は凄まじいものになるだろう。まあギャルの気持ちになりきったらそもそもこんな文章は1行目から読まなそうだけど。

 
 叱るのは、あくまでも「一対一」を原則とすべきです。
(p.84)

 その際には、私の実感としては、キーボードで打ち込んでいくよりは、鉛筆やペンを使って手で書き写していくほうがより勉強になるような気がします。
(p.108)

 自分で書いた文章を客観的に見るためには、音読してみることも効果的です。
(p.129)

 Aの視点は、○△鉄道会社にあります。○△鉄道会社を守護にするということは、○△鉄道会社が言いたいことを伝えていることになります。○△鉄道会社の主張を代弁しているとも言えます。これでは、視聴者の心に響きません。
(p.155)

 話し下手、プレゼンテーション下手なビジネスパーソンは、落語を聞いて見るのも、一つの方法でしょう。
(p.194)

comment

Secret

twitter
プロフィール

×÷

Author:×÷
はらわたに秩序。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。