スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対話376 舞城 王太郎 『スクールアタック・シンドローム』

2011.09.17.21:17




読書時間:2時間
個人的読みやすさ:B


 たぶん人は頑張りすぎると、普通の友達と遊ぶくらいでは息を抜けなくなるのだ。トトロみたいなのとドカーンと遊ばないと。
(p.136)


 この小説を読むのは二度目で、一度目は正確には忘れたが高校生の頃だったかと思う。もしかしたら大学生の最初のほうだったかもしれないが、そこらへんの記憶は曖昧。非常に痛烈に覚えているのは、この本の中に収録されている『ソマリア、サッチ・ア・スイートハート』という短編で、これに僕は衝撃を覚えたのだ。自分の力でどうしようもない感じというか、今流行りの言葉でいうと(もう流行ってないかも)NTR体験にも近いものがここには込められていて、しかももっとグロテスクでおぞましい感じ。この辺から僕の性癖は狂ってきたのかもしれない……舞城め……

 久しぶりにこの小説を読み返してみて、しかし『ソマリア、サッチ・ア・スイートハート』を最初に読んだときのような衝撃が再生されなかったのは少し残念だった。多分僕の中であの感覚は血肉化してしまったのだろう。さながら男たちがロマンを込めて日々酒場で語った、あの幻想を閉じ込めた小屋に足を踏み入れてしまったかのように。あれ、あの小屋の名前はなんだったっけ?いやそもそもその話が出てきた映画はなんだった?そしてそれを紹介していた本の名前は?僕は忘れていることが多すぎる。

 恐らくそれは悪いことではないだろう。『ソマリア』の中のエッセンスは僕の中に幾分根付き、それゆえに再読時には衝撃は少なくなっていた。代わりに以前よりも冷静に小説を読むことが出来るようになっていたし、同時にその他に収録されている話を以前よりも情感豊かに受け取ることが出来た。年を取ったからかどうなのかはわからないけど、あの時受け取れなかったものを今受け取ることが出来るようになっているということは素直にうれしいものだ。

 ところで上記引用にある「トトロみたいなのとドカーンと遊ばないと」というのは表現的に面白いし、現象的にも面白い。
幻想を提供しているという意味で、非常に疲れて摩耗した人が宗教とかに走り始めるのを少し想起させる。

 つまり、そもそも防衛とは過剰に行われて自然なものなのだ。
(p.22)

「俺は《マタギ》だって」
 と井上は言って部屋を出ていく。
 分かってない。
 この世には《手負いの熊》ばかりがいて、《マタギ》など存在しないのだ。
(p.24)

「何考えてるんだよあんた!もう早く病院行ってこいよ!」
何考えてるって……別に何も考えてないんだよ。わかんないかな。
(p.28)

暴力は伝染する。それを伝えるのはムードやトーン、つまり空気の色や温度と風の調子だ。でももう一つ暴力を伝達する方法がある。それは一発殴られたら一発殴り返す復讐の原理が人間性に歪められるがゆえの拡散だ。
(p.32-33)

「そもそも全てが無意味だよ。俺のお父さんは頭がおかしい」と崇史が言うので、俺は「でもこいつらみたいにクソじゃない」と言い、それから付け加える。「まあたぶん別のタイプのクソなんだ」。
(p.55)

「俺は責任をとるのがせいぜいなんであって、本人のかわりに反省はできねえよ。反省は本人の仕事だ」
(p.60)

 崇史は《父親コスプレ》をするなと言う。《親父イメクラ》はいらないと言う。《親父モード》に入るなと言う。
 これはつまり、口ばっかりで物を言うなということだ。
 役割で物を言うなってことだ。
 本気で思ってることを言えってことだ。
 そうだ、言ってることを本気で思えってことだ。
(p.74)

* * * * * * * * * *

「ふり」も演技も、長い時間をかけてやってれば、だんだん本物に近くなる。次第に「ふり」なんだかマジなんだか判んなくなる。
(p.98)

「もっと勉強しなくちゃなあ」と僕が言うとりえは言う。「ゆっくりでいいんだよ。これ以上勉強したら、人生じゃなくなっちゃうもん」
(p.125)

「犬くんも猫ちゃんも、満腹になるとゴロゴロして太ります。満腹にならないと、食べ物を探しうろうろしますよね、それがまたちゃんと運動になるんです。動物は、やっぱり食べ物を捜し歩いて運動するようにできているんですよ。」
(p.145)

* * * * * * * * * *

 何も判らない年齢の子供の身に起こる近親相姦は子供を嫌悪感罪悪感に苛ませながらも家族のほかに頼る世界はなくてどこか観念させてしまうが、淳一は変態過ぎたので杣里亜は諦めずに必死で逃げた。
(p.162)

「別にぶち殺してないよ。ちょっと殺しちゃっただけだよ」
(p.202)

 友達って不思議だ。友達になると思った瞬間に、もうある程度ちゃんとした友達なのだ。
 つまり友情も愛情も、大部分は振る舞いとか作法なのだ。
(p.211)

淳一の好き放題はもうエロってレベルじゃなかった。「アニマルやな~」と俺はおどけてみせたけど杣里亜も智春も笑わなかったし、冗談にするには飛距離が足りなかった。
(p.212)

 友達って、どこかが良くてなるもんでもないのだ。
(p.246)

comment

Secret

twitter
プロフィール

×÷

Author:×÷
はらわたに秩序。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。