スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対話398 鈴木規夫, 青木聡, 甲田烈. 久保隆司 『インテグラル理論入門I ウィルバーの意識論 』

2011.12.21.16:03



読書時間:1時間
個人的読みやすさ:B


 このようにインテグラル理論では、統合的な理解のために、ある事象について少なくとも「主観的」「客観的」「文化的」「社会的」(「経験的」「行動的」「価値的」「制度的」)という4つの視点において「見る」必要があると考えます。
(p.27) 


 あらゆる物事を多面的に評価する――つまり多面的な評価基準を用意し使えるようにしておく――というのはこの現代社会において必須とまでは言わないけれども、それを獲得しようとする姿勢を持つことが多くの場面で多くの恩恵をもたらしてくれるのではないかと最近とみに実感する。

 特にこれはなんらかの価値づけを変えようとしている人たち――それはその人自身にとってもであるし、社会にとってもという意味を含む――に非常に有用なアドバイスだと思う。新しいアイディアを生み出そうとするとき、言い古されたことではあるけれども、0から何かを生み出すということは昨今もはや不可能に近い。

 ではどのように新しく見えるアイディアを生み出すかといえば、アイディアの中にある要素の分解および別のアイディアとの再結合という手段、すなわち編集能力が問われてくるのだと考えるが、その編集作業において重要なのが「そのものについている価値観や認識を別の角度で見る」ということである。そしてそれこそが、上の引用にあるような多面的な視野を持つということである。

 何を統合的な理解の対象にするかによって異なってくるとは思うが、諸学問をそれぞれ分けるのだとしたら
主観的:経験、現象学(哲学)
客観的:行動科学、自然科学、心理学、社会学
文化的:文化人類学、経営学
社会的:政治学、法学、経済学
という風に対応するといえるだろうか?

 個人の経験として、主観的にこうであると述べることは意識していたし、それが客観的にどうであるか(より正確にいえば「科学的」にどうであるか――この「科学的」という単語が非常に厄介なのであるが、もっと定義を明確にしようとすれば「行動科学的にどうであるか」などがふさわしいか――?」)も一応念頭に入れている。
そしてそれが文化的にどのような価値を持ちうるかは最近文化人類学やら宗教学やらに手を出していくにつれなんとなく知見が深まってきた(ような気がする)。

 おそらく自分に足りていないのはそれらが制度的にどういう意味づけをもっているのか?という、政治学、そして法学、経済学的な視点なのだろうということ。今まで文系とされる学問の中でなぜかこのあたりを綺麗にスルーしてきたつけがそろそろ回ってきているので、適当に落ち着いたころにでも政治学などにまずは手をつけていきたい所存。

 執筆家としての能力を鍛錬するために、ウィルバーは自らの尊敬するひとりの著者の諸作品をまるごと書き写すという作業にとりくんだと言います。当時、宗教関連の啓蒙書の著者として知られていたアラン・ワッツ (Allan Watts)の著書を、十数冊もまるごとノートの上に書き写したのです。そうした非常に地味な鍛錬にひたすらにとりくむことを通して、自らの表現者としての基礎を確立していったのです。
(p.9)

 まず日課として午前三時か四時に起床した後、一時間か二時間は瞑想し、午前六時から午後二時まで机に向かいます。それから一時間ほどウイエト・リフティングをして、用事を済ませ、午後五時に夕食、来客への接待や手紙の返事などをこの間に済ませ、午後十時に就寝するのだといいます。執筆準備のための研究の段階では、日に3~4冊の本を拾い読みしながらメモをとり、良書には3~4度目を通すことにするのだそうです。そして1年の間に何百冊かの本を読むうちに、執筆内容がひとりでに頭の中にできあがり、2~3ヶ月をかけて、その内容を文字に定着させてゆくのです。
(p.12)

ケン・ウィルバーはこの「真」「善」「美」を「ビッグ・スリー」 (The Big Three)と呼び、統合的な理解に必要な「知」の三領域と述べています。「真」は科学によて研究される客観的な事実の領域です。「善」は道徳や倫理として共有される間主観的な合意の領域です。「美」は芸術によって喚起される主観的な経験の領域です。
(p.21)

 ハーバード大学教育学部 (Harvard Graduate School of Education)のロバート・キーガン (Robert Kegan)博士は、人間存在を規定する最も本質的な精神活動を「意味構築活動」(meaning-making activity)と定義しています。それは「自分とは何なのか」「世界とはどんな場所なのか」ということに関する「物語」をつくる活動であるとも言えます。
(p.41)

 ここで重要なことは、神話の内容ではなく、その人の「神話」との関係の持ち方――あるいは神話に対する執着の度合い――に着目するということです。もしかしたら、彼の神話は先端科学の研究成果を反映した非常に洗練されたものかもしれません。それは必ずしも「神話」ということばを耳にするときに想起されるような「宗教的」なものではないかもしれません、むしろ、重要なことは、「真実」として信奉している内容に対して、その人がどのような関係を維持しているかということです。
(p.56)

 相対主義的段階の盲点の一つは、相対主義的段階そのものが、それまでに経験・蓄積されてきた諸段階(利己的段階・神話的段階・合理的段階)を基盤として成立しているということに無自覚であることです。
(p.62)

 またさらに、外国語を話すときの意識状態も一種の変性意識と見なすことができるでしょう。
(p.75)

大脳生理学的にも、新しいニューロン(神経細胞)が作られていくのです。近年の研究報告によれば、新しいニューロン結合が機能するまでに、約4週間を要し、それらの機能が定着するのに3カ月から4ヶ月を要するといわれています (Rossi, A discourse with our genes, 2004)。
 これに準じると、3~4ヶ月というのがセラピーの一区切りの治療期間、瞑想の修行期間として一つの目安と考えることもできるでしょう。
(p.77)

またユダヤ系の人に、言語能力があることは、人種の坩堝であるアメリカ社会では実生活上でも経験されていることです。ともかく、『ベルカーブ』は、アメリカで最も繊細な問題である人種問題を巻き込みました。
(p.95)

たとえば精神分析学の表現を借りれば、両者の間には「エゴ対イド」とも言えるような衝突も起こるのですが、「私たちホモ・サピエンスの脳は現在、構造的にみて大脳辺縁系のほうが7割程度の支配権を持っている」とニューヨーク大学神経科学センターの神経科学者ジョセフ・ルドゥー(Joseph E. LeDoux)は述べています (『エモーショナル・ブレイン――情動の脳科学』2003、東京大学出版会)。
(p.97-98)

 サロベイ先生は、EIの基本能力として、次の5つを示しています。
① 自分自身の感情を客観的に知ることができる能力
② 適切な状態に感情をコントロールする能力
③ 目標に向かって自分の感情を動機づける能力
④ 他人と共感する能力
⑤ 対人関係を上手く処理する能力
(p.98)

 特に、1歳になるまでに、脳の基本的なニューロン結合の8割ほどが完了するともいわれています。つまりパーソナリティの基本のほとんどが、この時期に形成されるということです。
(p.131)

 ウィルバーは、『進化の構造』などの著作において、精神分析学を創始したフロイト (Sigmund Freud)と分析心理学を提唱したユング (Carl Gustav Jung)を引き合いに出して、「引き上げ」と「引き下げ」を説明しています。それによると、フロイトは「後-合理的」なスピリチュアルな経験を「前-合理的」な幼稚性に「引き下げ」てしまいました (たとえば、著作『幻想の未来』)。一方、ユングは「前-合理的」な呪術的・神話的な要素を「後-合理的」なスピリチュアルな経験に「引き上げ」てしまう「前/後の混同」を犯している場合があります。とりわけ、ウィルバーは、ユングが「集合的」(collective)と「超個的」(transpersonal)を混同していた問題を重視して、一連の著作を通じて繰り返し批判しています。
(p.156)

ウィルバーに言わせると、ユング派のいう「集合的」イメージは、そのほとんどが呪術的・神話的段階(前個的段階)の退行的イメージに過ぎず、それは心霊的・微細的段階 (超個的段階)のスピリチュアルな経験を喚起しません。前述の例で言えば、たとえば夢の中で巨大なドラゴンを輝く光の剣で切り裂いて倒し、世界に愛と平和をもたらす感動体験を味わっても、それはスピリチュアルな経験とはいえないのです。
(p.158)

「路上で人はあらゆる発達レベルの人々――ネアンデルタール人、中世人、近代人、創造できるあらゆる意識発達のレベルの人々――に出会う」とユングは冗談めかして言ったそうです。これはインテグラル理論の見方と基本的に同じです。
(p.162)

21世紀に入って注目を浴びたスピリチュアルブームや脳科学ブームは、そのような退行現象の一つの現れとみなすこともできるでしょう。それらは「スピリチュアリティ」や「脳科学」という言葉を使った一種の信仰であり、つまるところ前合理的段階に属する価値観への素朴な還元主義なのです。
(p.168)

たとえば、アーネスト・ベッカー (Ernest Becker)をはじめとする多数の心理学者が洞察するように、私たちは自己の「強靭性」(自己が肉体的・精神的に安泰であるという感覚)を補強・増幅するための活動に向けて衝き動かされ続けています。金銭を貯蓄すること、財産を所有すること、資格を取得すること、名誉を獲得すること、知識を蓄積すること、健康を増進すること、自己を鍛錬すること、組織を設立すること……私たちが日常生活を通して件名にとりくんでいるありとあらゆる活動は、「死の拒絶」(denial of death)という、実存的で根源的な恐怖を克服するための「逃避衝動」の表れだと言えるのです。
(p.185)

 ウィルバーは、インテグラル段階の発想の特徴を次のように簡潔にまとめます。
  インテグラル段階とは、「誰もが正しく、また部分的である」 (everybody is right but partial)こと
を認識する意識構造である。
(p.187)

 現代では、芸術とは何かについて、それらは作者の中にあるという理論、画された意図にあるという精神分析的な理論、作品の構造にあるという形式主義の理論、そして鑑賞者の中にあるという文芸批評家たちの理論という4つの動向があり、とりわけ文芸批評家の説が幅をきかせています。ウィルバーは、このどれかによって他の全てを説明するという特権化を退け、作者、作品、鑑賞者、世界という芸術作品をめぐるさまざまな文脈の多次元的な分析を提案しています。そして、芸術の持つ偉大な力は、欲望・渇望・自我から一時的に人間を引き離す精神の変容に関わる、と説いています。
(p.226-227)

 一般的には、ウィルバーは理論家として認知されていますが、実際には、彼自身は常に自身を実践者として位置づけてきました。
(p.240)

 マインドが、私たちが個として能力を発揮するための重要な機構であるとするならば、スピリットとは、そうしたこの成立を可能とする深層的・超越的な領域といえます。
(p.244)

comment

Secret

twitter
プロフィール

×÷

Author:×÷
はらわたに秩序。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。