スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メモをとるということ

2009.01.02.10:50

今までの記事でもちょくちょく触れているけど、僕はかなり頻繁にメモをとる。
誰かの意見、自分の着想、感じた体の反応、日記、読書メモなど、特に内容は区別せずになんでも書き込むようにしている。
「頭脳の果て」を引き合いに出すまでもなく、自分の思ったことを即座に書くということはそれだけで多くの非常に有意義な効果をもたらすと思うからだ。

ただ今までは紙媒体でしかメモをとっていなくて、最近エディタの方に内容を転写するということを始めたのだけど(これは自分のアイディアをもう一度見返すという習慣にもつながる)、僕はPCに転写したあとは紙媒体の方を捨てるように最近したので、保存性という面で問題があった。加えて、僕のパソコン以外でもメモが必要なときに対応することが出来なかった。

そこら辺なんとかなんないかなと思いネットをうろうろしていると、dropboxなるものを発見。
詳しくはここのサイトで書かれている↓
Dropbox徹底解剖 - 一度使ったら手放せなくなる! オンラインストレージサービスの本命

dropboxは自分のパソコン上に書いておいたデータ(写真でも良い)を簡単にネットと同期することを可能にしてくれるとのことで、以前からこういうサービスをほしがっていた僕には大ヒット。
これで比較的安心してPCにデータを保存できるし、他のパソコンからデータを見ることも可能になるわけだ。

まだ使い始めてちょっとだけど、その効果を実感している。
それまでは僕はG-documentというgoogle提供のサービスを使っていたのだけど、これは書き込んだものをわざわざアップロードするか直接documentのほうに書き込みをしなければいけなかったので二度手間になりやすかった。
その点dropboxは優秀である。
少し制約はあるけれどもフリー版もあるので、日常的にメモを取っていてPCで保管・管理したいという方には是非お勧めのツールだなと思った。
いやこれは本当に普通に製品版を買ってしまっても良い出来だ。まったく。

comment

Secret

twitter
プロフィール

×÷

Author:×÷
はらわたに秩序。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。