スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴール―最速で成果が上がる21ステップ (単行本)

2009.01.05.00:13

ゴール―最速で成果が上がる21ステップ (単行本)
ブライアン トレーシー (著), Brian Tracy (原著), 早野 依子 (翻訳)


以前ある本の中のオススメ本に入っていたので読んだのだけども、最近生活が乱れてしまっているということもあって再び手にとることにした。
こういうときに本を所有していることのメリットを実感する。
僕は普段本は借りて、ってことが多いのだけど、お金をもっと稼ぐようになったら良い本は是非自分の本棚にそろえたい。

で、この本である。
初読時に僕がこの本から読み取ったのは目標設定の重要性
もう人生は目標設定の時点で決まるといわんばかりの調子で説が展開されていて、しかも説得力がある。
この本を読んだらほぼ確実に数日間は毎日目標を設定したくなるだろう。
そしてほぼ確実に途中で投げ出すことにもなるだろうが、そうなっても落ち込むことはなくて、ただもう一回この本を読めばよいのだ。
そしたら再びエネルギーを手にいれ、目標を立ててそれに進もうという気がわいてくる。
このステップを何回か繰り返していくうちに目標を立てるという習慣が自然とついてくるであろうことが予測される(僕はまだ定着していないので断定は避けてみた)。

今回この本から読み取った重要なことは成功するためのイメージトレーニングだ。
最初の時は他の本でも言われていることだから(特に頭脳の果てのモデル思考を僕は想起した)ここのところはスルーしていたのだけど、この本にも成功するためのイメージトレーニングの方法についてそれなりに詳しく触れられているので参考になる。
ピンポイントなところでは寝る前に3年後とかの成功している自分をイメージするとか。
僕は今までそういうことはあまりせず、仮にやるとしても「成功した自分」と「今の自分」の対話形式のイメトレ(しかもすぐ寝ちゃう)しかしてこなかったので、成功した自分のイメージを深く掘り下げるということはとても有効なような気がした。

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

Secret

twitter
プロフィール

×÷

Author:×÷
はらわたに秩序。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。